遠隔ローターを野外で使うときの注意点|知っておきくべきリスクとは

遠隔ローターを野外で使うときの注意点|知っておきくべきリスクとは

853 views

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
家やラブホでのセックスばかりでマンネリすると、もう少し強い刺激が欲しくなりますよね。しかも既にアダルトグッズも使っていれば、次に試したくなるのが野外プレイ!

ニーズが多いせいなのか最近はリモコンのみならず、スマホでも遠隔操作できるローターやバイブが増えてきました。

しかし誰にもバレずにできる室内とは違い、野外での初プレイはリスクも多いです。

多少のスリルは欲しくても、余計なトラブルは回避して楽しみたいですよね。そこで今回は、遠隔ローターを野外で使うときの注意点を徹底解説!

初めて野外プレイを楽しみたい人のために、野外でローターを上手く使うコツも併せて伝授しましょう。





こみ上げるスリルと羞恥心!遠隔ローターを使っての野外プレイは大人気!

ローター 野外
スリルと興奮を求め様々なセックスを試してきた筆者も、野外での遠隔ロータープレイが大好き!誰かにバレるかもしれない緊張感と羞恥心は、ドMにとってのご褒美です。

SNSでも野外プレイにハマる男女が続出!他の人がどんなプレイをしているのかを覗くだけでも、ドキドキしちゃいますよね。


野外での遠隔ローターは、セックスまでの長い前戯です。そのためマンネリカップルや、貪欲に快楽を求めるセフレと楽しむ人が多い印象!

ドライブやコンビニなどでローターを入れっぱなしにされた後、貪るようにセックスするのは最高に気持ちいいですよね。


最近は遠隔ローターも多機能になり、クリトリスを吸うタイプや、中でピストンするものなど性感帯に合わせて選べるのも楽しい!


どんな場所でも使える遠隔ローターなので、感じやすいと声や反応を我慢するのが中々難しいものです。それなのにあえて電車で堪える練習とは、かなりなドM体質…。

このスリル感こそ最高の快楽なのですが、その分リスクがあるので注意が必要です。次からは、具体的な注意点を解説していきましょう。


しかし人がいる静かな場所で使うと警察に通報されます。

ローター 野外
誰かにバレるかもしれないスリルが興奮を誘う、野外での遠隔ロータープレイ!最近のローターは静音性も高いですが、静かな場所では多少振動音が響きます。

また感じてるのを我慢できなければ、喘ぎ声も出てしまうかもしれません。そのため誰かにバレて通報されると、公然わいせつ罪で逮捕される可能性有り!

基本的には股間を見せたり、セックスまでしていなければ逮捕まで行くほどでもないでしょう。

しかし公共の場で他人に性的な興奮を刺激させ、性的羞恥心や嫌悪感を与えても罪に問われるので注意!

公然わいせつ罪に問われると、6ヶ月以下の懲役か30万円の罰金となります。スリルが欲しいからと言っても、細心の注意を払って楽しんで下さいね。


公然わいせつ以外に考えられる野外プレイのリスクと注意点5つ

ローター 野外
野外での遠隔ロータープレイには、公然わいせつ罪以外にもリスクがあります。安全な室内と違って野外は無防備な分興奮するのですが、危険は回避しなければなりません。

ここからは、公然わいせつ以外に考えられる野外プレイのリスクと注意点を5つ解説!身の安全を守るためにも、注意点を考慮してロータープレイを楽しみましょう。


ローターの落下やお漏らし

ローター 野外
野外プレイでは、ローターの落下やお漏らしに注意!スリルを楽しもうとしてスカートやノーパンで挑めば、ポロリとローターが落ちてしまう危険があります。

そのためキツめの下着やストッキングなどで、ローターをしっかりガードするのが重要!膣内に挿入する場合も、あまり大きいサイズにすると落ちるので気を付けましょう。

また感じやすい子や羞恥プレイに興奮するドMっ子なら、潮吹きやお漏らししてしまうかもしれません。

ローターを押さえようとパンツスタイルにしても、股間がびしょ濡れになってはバレてしまいます。

まずトイレを済ませてから、ローターを装着!それでも不安なら、尿漏れパットや大人用オムツをしてプレイしましょう。


盗撮される恐れも有り

ローター 野外
スマホやSNSの普及に伴い、誰しもが即画像や動画をアップできる時代になりました。そのため野外でロータープレイがバレると、盗撮される恐れも有り!

単純なエロ目的の盗撮ならまだしも、最近は勘違い正義マンが増えているので、変態カップルとしてネットに晒上げされるのも否定できません。

その場合は顔もモザイク無しでバッチリ晒されるため、社会的損失のリスクがデカいです。身バレが怖いなら、絶対周りにバレないようプレイしましょう。


痴漢に間違われる可能性

野外でのロータープレイは、痴漢に間違われる可能性もあるので注意!特に電車など公共機関でプレイするなら、周りの視線にも気を付けて下さい。

相手に触れずに感じさせられるロータープレイですが、興奮してくれば直接触りたくなるものです。

しかしおっぱいやお尻に触れた時に、「この人痴漢です!」などと叫ばれれば人生終了…。

例え誤解が解けたとしても、周りにバレてしまいプレイどころではなくなります。そのためホテルに着くまでは、リモコン操作のみで我慢しておきましょう。


絡まれてトラブル

世界に比べればまだ治安の良い日本ですが、中には危ない輩もいます。カップルを狙う犯罪者も増えているので、ロータープレイがバレれば絡まれてトラブルになる恐れも…。

野外では他人にバレないよう人の少ない場所を選びがちですが、プレイに夢中になっていると逆に狙われやすいので注意しましょう。

絡まれるトラブルとしては、恐喝や暴力のみならず、女の子がレイプされるパターンもあります。そのため野外でロータープレイするなら、治安が悪そうな地域は避けて下さいね。


膣炎など感染症にも注意

ローター 野外
室内でのセックスと違い、野外でのロータープレイは衛生面で劣ります。家から女性が装着してこない限り、途中のトイレや車などの中でローターを付けるでしょう。

その時手を洗わないままで出し入れすると、雑菌が入って膣炎などの感染症になるので注意!コンドームをしていたとしても、手が汚れているなら同じです。

また使い終わった後にローターをしっかり洗浄、除菌しておかなければ、次に使う時に雑菌が繁殖してしまいます。

野外で装着するなら、なるべく手やローターを洗ってから!最低限除菌用のウェットティッシュを使い、衛生面にも気を配りましょう。


次のページ
【難易度別】野外ロータープレイにおすすめのシチュエーション5選
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る