1
彼女が欲しいなら、コレをしろ!彼女を手っ取り早く作る方法

彼女が欲しいなら、コレをしろ!彼女を手っ取り早く作る方法

34,801 views

大学のキャンパスや街中であたりを見まわして、ラブラブなカップルがたくさん歩いている。おれも彼女欲しい! と思うのは当然のことかもしれません。しかし念じれば彼女ができるわけではないわけではないですよね。彼女を作るためには色々な工夫が必要なんです。 今まで彼女が欲しくても、なかなかできないとしたら、その原因はおそらく、「どうすればいいのかわからない」というものではないでしょうか。やる気はあるのだけれど方向がわからないので進むことができない、というものです。そんな人にぴったり。今回は、彼女が欲しいあなたに、彼女ができるまでに通る4つのステップ、出会い、ライン(連絡)、デート、告白を解説します。


彼女が欲しいなら、「彼女を作る方程式」を知れ!


彼女が欲しい人向け、出会いの数を増やす方法とは?

彼女が欲しいのなら、そもそもの前提として、女の子の知り合いを作らなくてはなりません。今まで女の子に縁がないという人は、よーく今までの人生を思い返してみてください。まったく、ただの一人も女の子と話したことがないという人は、まずいないでしょう。1人や2人は言葉を交わした人がいるはずなんです。それがたとえ一言二言であったとしても、それはあなたにとっての女の子の縁なんです。ただ、活かしきれていなかっただけなんです。

しかし、ここに大きな問題が潜んでいます。数少ないチャンスを活かすためにはどうする? すると、人は失敗しないようにふるまうんです。そのコがだめなら終わりだからです。結果、連絡をとるのが億劫になります。失敗が恐くて先に進めなくなってしまうんです。もし進んだ場合でも、失敗してしまうとますます次にトライしなくなる。負のスパイラルです。

これを断ち切るためにはどうすればいいでしょう?

女の子がふりむく魔法のトーク術を身につける? 一発で落とせるLINE術を極める?

そういうものないと思います。もしあれば、みんなモテるようになっています。現時点では存在しないんです。

そこでちょっと視点を変えて見ましょう。もし失敗が恐くなければ積極的になれるはず。では、恐くなくするにはどうすればいいのでしょう。

数を打つんです。「下手な鉄砲も数打てば当たる」ということわざを知っていますよね。実際に恋愛に関しては、下手、うまいは鉄砲の腕ほどの関係はないです。なぜなら相手がいることだからです。一方的に発射する鉄砲とはちがい、恋愛は女の子が気に入ってくれれば発展するし、そうでなければ失敗。彼女の意思があることなので、恋の鉄砲は常にあたったり外れたりします。なので、男性全員 下手な鉄砲なんです。

それではどうすればいいか? もうわかりますよね。数を打つんです。数を打つというのは具体的に言うと、女の子の知り合いを増やすという意味です。どういうことなのか? まずは下記の記事を参照ください。

ナンパを成功させる方法を、ガチでまとめた【永久保存版】 (「ナンパを成功させる方程式は、これだ」の部分)

これはナンパに関するノウハウですが、出会いという意味では基本は一緒、共通の方程式が成り立つんです。

「出会いの数×成功率(コンバージョン率)=彼女の数」

成功率に大きな個人差はないです。つまり彼女ができるためには出会いの数を増やしていけばいいということになります。万が一成功率に大きな差があったとしても、小さい人であればあるほど出会いの数を増やす工夫が必要だということがわかります。この方程式は
女性といい関係を持つための原理原則ですので、覚えておきたいものです。



彼女が欲しい人向け、出会いの数を増やす方法とは?


彼女が欲しいなら、「彼女を作る方程式」を知れ!

上の方程式は理解できた。では、出会いの数を増やすには、具体的にどういうことをすればよいのでしょうか? 今度は行動のプロセスを探っていきましょう。彼女ができたときは何をしていたか。そもそも彼女とはどこで知り合ったか?

多くの人を分析した記事などを見てみますと、彼女と出会えたとき、必ず人の集まる場所に行っているということです。そのときは彼女探しという意識がたとえなくても、そういう場に行ったからこそ、それがきっかけで付き合えているということなんです。特に社会人になり、毎日決まった人としか出会わないという人が大半な中、こういうきっかけは、同窓会やサークル、オフ会など、顔を出せば出すほど広がっていきます。

ここで注意したいのは、一度出席しただけで終わらせないということ。なんとなく出席するだけであれば、「いい出会いは無かったな、でもみんなでワイワイやれて楽しかったからいいや。」で終わってしまうことも。これでは目的達成にはなりません。出会いの数を増やすことが目的なのですから、例えば二週に1度は必ずオフ会に参加するなど自分で目標を決めて、参加を続けます。

どうしても集まりに参加できないという人にとって、出会いのチャンスが作れる場の一つが出会い系サイトです。今の時代、ネットで知り合うのは当たり前です。まじめな出会いができると話題の「omiai(オミアイ)」なら彼女探しにももってこいです。「omiai(オミアイ)」について詳しく知りたい人は下記記事を読んでください。↓↓

■関連記事:500人の口コミで分かる「omiai(オミアイ)」の評判|出会い系アプリ攻略レビュー


連絡先をゲットする手軽な方法


ちなみにオフ会などに参加する場合は必ず連絡先を交換してください。連絡先を交換するのが億劫だという方のために、ここでちょっとしたコツを紹介します。

会が終わりかけているとき、自然と連絡先を交換する輪ができるはずです。みんなが携帯を取り出していたりします。そこに自分も混ざるんです。するとそこにいる人は全員分の連絡先がゲットできます。そのときは全員、交換して当たり前な雰囲気になっていますので、何の努力もなく交換することができるんです。

こうしていくうちに、携帯に女の子の連絡先が増えていきます。そうすると出会いの数が増えているという実感がわくと思います。特にラインの連絡先リストを見ると、優越感や自信に浸れるはずです。この自信が大切だったりします。その息で出会いを増やしましょう。


彼女が欲しい人向け、スマートなデートのお誘いラインテク


ある程度連絡先がたまってきたら、次はデートの約束を取り付ける段階です。5人以上の連絡先を手に入れていれば、お誘いメールをしてもOKでしょう。5人が全滅するということはあまり考えられないからです。

デートのお誘いはメールやラインで行うことがほとんどだと思いますので、ここで デート成功率が劇的に改善するラインテクを紹介したいと思います。

ここでみなさんにはロールプレイングをやってもらいましょう。次のような想定でライン文章を作ってください。

「昨日のオフ会で知り合った女の子。趣味があって、盛り上がったので連絡先を交換できた。来週にでもデートしたい。」

10分ほど時間をとりますのでぜひやってみてくださいね。
(※実際にラインのメッセージ画面を開いて作ってみましょう。)

それでは添削していきたいと思います。まずは自分で作成したメールを見て、次のポイントをチェックしてみてください。以下のようになっていると、改善の必要アリです。

1. 笑顔の顔文字が入っていない。
2. デートの内容に入るまでの前置きが4行以上
3. 誘い文句が否定疑問文で終わっている(「~しない?」 とか「~行かない?」)
4. 相手に謝っている(「申し訳ない」、「突然ごめん」、)
5. キラキラ系の絵文字を使っていない
6. スタンプ使っている

いくつ当てはまりましたか? おそらくうまく誘えない、もしくは誘ったことが無いという人が陥りがちな、女の子が返信しにくい内容が入っているんです。それでは一つずつ解説していきます。


LINEでデートに誘うコツ1:笑顔の顔文字を入れる


笑顔は女の子を安心させる最強のツールです。ラインは顔を見れないです。だからこそ、今笑顔でいるということをちゃんと伝える必要があるんです。携帯デフォルトの絵文字でも、ラインのものでも構いません。AAでもいいですよ(これ→^^)
とにかく笑顔であることが伝わればいいのです。1メッセージに1-2個は必ず入れるように心がけましょう。


LINEでデートに誘うコツ2:デートのことに触れるまでの前置きを3行以内にする


今回のメッセージの用件はデートに誘うこと。早めに用件に入る歯切れのよさが重要です。断られることの心理的抵抗があるほど前置きが長くなりますが、それは逆効果です。女の子は必ず恐れていることを見透かしています。そう感づかれたら誘いに乗るのが微妙になってしまうんです。

ですから誘いに入るまでには多くて3行までにしてください。


LINEでデートに誘うコツ3:誘い文句には肯定疑問文を使う(「~する?」 とか「~行く?」)


私たちは不思議と否定形疑問文で誘うことが多いんです。おそらく断られたときのショックを和らげようという心理なのですが、これは女の子に、ラクに断れるチャンスを与えているようなものものです。なぜなら、「~しない?」と聞かれたら、「うん。しない。」と答えられるからです。相手に同意するだけで誘いを断れちゃうのでラクなんです。

逆に、「○○する?」と聞きましょう。すると、断るためには、否定しなくてはなりません。人は相手の言うことに否定することに抵抗感があります。否定することは自分が悪者になる気がするからです。だから必然的にOKの確率が上がります。もし断るとしても、どうしても用事が あるときだけになってしまうのです。


LINEでデートに誘うコツ4:相手に謝らない(「申し訳ない」、「突然ごめん」はNG)


女の子のご機嫌を取ろうとするあまり、つい謝ってしまうことはよくあります。謝っておけば機嫌を損ねることはありませんからね。しかし、その先の展開を期待することも難しいでしょう。今回のケースではただ食事に誘っているだけですよね。何も謝ることはないんです。謝ることによって私はあなたにやましいことをしようとしてます、ごめんなさい、というメッセージを送ることになります。絶対にご機嫌をとってはいけません。これをやってうまくいったことは今までないですし、そんな話聞いたこともないんです。「ごめんなさい」と「申し訳ない」は、恋愛にとっては放送禁止用語です。


LINEでデートに誘うコツ5: キラキラ系の絵文字を使う


キラキラ系の絵文字は使いましょう。女の子はキラキラしたものが好きです。星でもいいし、星がたくさんついているものでもよいです。とにかくライン内に必ず一つはキラキラを入れるよう心がけます。これで華やかな印象を与えられるんです。


LINEでデートに誘うコツ6: スタンプを使わない


お誘いのときに原則としてスタンプは使わないほうがいいでしょう。これだけラインで一般的になっているスタンプをあえて使わないんです。なぜなら、メッセージが明確でなくなるからです。

スタンプは大きいですし、文字に比べて目立ちます。目が行きます。結果用件が何かわからなくなるのです。もしあなたが女の子と十分仲良くて、ひまつぶしになんとなく連絡している場合ならよいのですが、これからデートの誘いをしようとしている相手には明確なメッセージを送ることのほうが重要になります。スタンプはデート中のネタとしてとっておきましょう。

さて、以上見てきた内容を踏まえて、今後のお誘いメールを改善してみましょう。きっと断られる、無視される回数は激減し、デートに結びつく回数は飛躍的に増えます。


次はデート、デートのときにおさえておくべきデートの基本トーク3選


いざデートの約束を取り付けたら、次は楽しい時間を演出するトーク術を学びましょう。会話をうまくもりあげることができたら一気に二人の距離は急接近です。ここでは、一番時間の長いレストランや食事のときの会話術を紹介します。ここで盛り上がることができれば、付き合うまでのプロセスは8割方完了したと見ていいでしょう。

以下に紹介するのは基本的ですが、案外意識することのない抑えておきたい会話の基本です。

デート中のトークのコツ1:話題の振り方


会話をはじめるのは男から、デートではなぜか昔からそうと決まっています。なんでだよ、て思いますけど、ここは受け入れるしかないのです。そして、話題の簡単な振り方を伝授します。まず会話する前に、「会話の主役は○○(相手の名前)」と念じます。こうすることで、相手のことを知りたいと自然と思えてくるんです。彼女のことに集中して質問をすればいい。昨日何してた、とかお休みの日は外出するほう? 家にいるほう?とか、スポーツする? とかロックすき? とか何でもいいんです。とにかくまずは彼女の話題を振る。積極的に話し始めるまで、振ればいいです。

そこで話し始めれば、次項2, あいづちを大きく取る、に移動です。もし、それでも会話が弾まない場合は、自分の話を始めてみてください。オレは趣味でバスケやるんだけど、○○ちゃんは趣味ある?」とか、「この前友達と伊東いったんだけど、○○ちゃんいったことある?」とか、「弟がいるんだけど、この前△△してさ~」など、自分の話を始めると、相手も自分のことを話さなきゃ、という気分になりやすいです。特に身内の話しは効果的。相手も身内の話しを始めることが多いです。ここまでやると大抵会話が弾み始めます。


デート中のトークのコツ2:あいづちを大きく取る


これは聞き役に徹する、というテクニックに似ています。聞き役に徹することで女の子にしゃべってもらう、これは常套手段なんです。

しかしここでさらに一工夫。あいづちを大きく取ります。意識的に大きくうなづく。これにはある効用があります。女の子から、「聞いてくれているんだ」、と思ってもらえること。こちらが真剣に聞いていても、黙っているだけでは、本当は興味がないのかな、とか本当に聞いてくれてるのかなとか、不安になってしまうんです。だからちゃんと相槌をうって聞いていることをメッセージとして送ります。女の子は聞いてくれてる人に絶対に悪い印象を持たないようになっているんです。


デート中のトークのコツ3: 会話を変化球にする。


会社や学校で求められている会話は、質問されたものをそのまま返す。ちゃんと会話しなくてはなりません。決して脱線してはいけない、必要な言葉を必要だけ話す。それで終わってしまいます。しかし、デートに関してはそれは当てはまりません。会社で話す会話が野球のストレートなら、デートの会話は変化球。とりとめがないものが求められているんです。

ここで一つ問題です。夏休みの話題を振ってきた彼女に対して、会話が盛り上がる受け答えはどれでしょうか。

彼女「夏休みに石垣島にいったよ。行ったことある?」
1. 「へー、おれ行ったことない」
2. 「暑そうだね」
3. 「島いいよね。沖縄サイコーだね」

それでは順番に解説していきます。

1は、いわゆるストレートな返しです。「行ったことある?」に対して「行ったことある」と返答している。これは会社や学校で求められている回答です。何も起きないので、デート的には0点です。女の子が求めている回答ではないです。

2はどうでしょうか。まあまあですね。50点です。相手の会話を膨らませようという気持ちは感じますが、まだまだなんです。石垣島=暑そうは想定内なので、もう少し変化球感がほしいです。彼女の心を動かすためには少し足りない。

3、これが正解です。いい点が2つあります。まずこの回答は完全にはずしてるわけではないですよね。石垣島、という彼女に対して「島」、「沖縄」で返事をしています。接点はありつつも、少しははずしいている。これが会話を膨らませるんです。さらに行ったことある?という質問に対して、沖縄サイコーだね、という返答。これは質問に答えてはいないんです。相手の言うことにそのまま答えない。これは彼女にとっては軽く予想外です。大体の人は物心ついてからずっと、質問をしたらその答えがすぐに返ってくると思っています。「うん」、とか、「行ったことない」とか、「行ってみたいなー」とか。でもそれでは予想内なんです。ここはオフィスでも学校でもないんです。゛だから会話は自由にしていいんです。質問に答えなくてもいい。特に自分が行ったことがない場合、行ったことない、いうだけで盛り下がるんです。それよりは、相手の会話に変化球で返してあえて話しを膨らます。だから正解は3なんです。

いかがでしたか? デート中の会話は普段とは違い、ちょっとはずすのがポイントです。マジメに受け答えするだけでは永遠に話が広がることはありません。実はキマヅイ沈黙の大半は、何を変えそう、と考えている時間なんです。そうではなくて相手の言ったことにそのままインスピレーションを得て返せばいいんです。職場の会話が答案用紙ならばデートの会話は瞬発力と心得ましょう。


彼女が欲しい人向け、告白の成功率を劇的に上げる4つの準備


彼女が欲しいと立ち上がり、オフ会などで出会いの数を増やし、ラインで見事にデートに誘い、楽しい会話と食事に華をさかせてあなたはすっかり彼女との仲を深めています。


この先2~3回デートを重ねるうちに、これはいけるという感覚が降りてきます。彼女との歩くときの距離が近くなったり、緊張がお互いほぐれたり、ドキドキが安らぎに変わっていっているような感覚です。こうなれば告白の準備を考えたほうがいいでしょう。
あと一歩で欲しかった彼女ができるんです。

ここで告白するときのポイントを抑えておきましょう。ちょっとの工夫で成功率アップ、
成功する告白術4選です。


成功率のあがる告白の工夫1:夜告白する


暗くなってから告白しましょう。夜は人がリラックスムードになります。他でもない暗いからです。副交感神経が優位に働くようになり彼女だけではなくあなたもリラックスしているはず。


成功率のあがる告白の工夫2: 夜景のキレイな場所にする


告白する場所はあらかじめ決めておいたほうがいいでしょう。夜景のきれいな展望台など、キレイなものが視界一面に広がる場所で言うといいです。そうすると彼女は、景色の感動と、あなたに対する感情をミックスさせてしまうんです。これをつかうことでお手軽に成功率をあげることができます。


成功率のあがる告白の工夫3: 食事のあとにする


食事のあとに告白しましょう。女の子は男以上に空腹に弱いです。空腹になると何も考えられなくなるんです。このような恋愛事はすべて食事の後にするのが原理原則です。


成功率のあがる告白の工夫4: シンプルにわかりやすく


告白で伝えなければならないメッセージはたった2つに集約されます。1.あなたが好き、2.つきあってほしい 以上なんです。

しかし、断られたくないという恐れがあると、前置きが長くなってしまいがちです。結局何を言っているのかわからない、となると、はっきりしない男のレッテルを貼られてしまいます。

いざ告白するタイミングと見れば、前置きは「話しがあるんだけど、」くらいにとどめて
「つきあってほしい」、とか「好きだから付き合って」とかシンプルに言うことがポイント。すごくカッコいいセリフを言おうと思っても、逆に緊張してしまいます。そもそも長いセリフなど忘れてしまいます。

このように少しの工夫で劇的に告白の成功率は改善するんです。あと一歩で手に入る彼女、告白はしっかり決めましょう。


実行なくして成果なし


いかがでしたか?出会いの数を増やすことから告白のちょっとしたコツまで、彼女が欲しいあなたにささげる完全行動マニュアルです。今回紹介したことは、ちょっとした工夫ばかりで特別なスキルも必要なければ大金を投資する必要もなくできることばかりです。
最後にひとつだけ、最も大切なポイントをお伝えします。

今日のことを実行してください。

書いてあることを実行することで、あなたは行動を変えることになります。行動を変えるから結果が変わるんです。今までのパターンで彼女ができないことはわかっているんです。だとしたら、行動を変える必要があるということなんです。

恋人が歩く街並みにあこがれて「彼女が欲しい!」 と悶々としていたあなた、今度はあなたがその景色の一部になってくださいね。

※本記事に関する削除依頼は、以下にメッセージください。
削除依頼はコチラから

【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?


ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、もっと安く簡単にエロい女とセックスが出来るんです。


風俗は必要ない?10倍安くセックスするたったひとつの方法


ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

そもそも女性にも男性並に性欲があるんです。女性は社会性が高く、友達の目を気にすることから、ネットでこっそり出会いを募集しているんです。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなん600万人にものぼります。

最近渋谷や六本木などに連日大きく広告や看板を出していることから人気が再燃。特に若い女性から圧倒的な支持を集めています。
jmail

Jメールがいわゆる”出会い系”と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。”セフレ探し”、”不倫相手探し”、”一晩だけエッチする相手探し”など、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由


Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てみてください。
「池袋か新宿で、2時間だけ癒やしてくれる人、即ハメ希望」
「Gカップです。おっぱいにたくさん精子を出してほしい。。」
「今池袋のトイレでオナニーしてます。誰か男の人来て。早く挿れてほしい」

などなど、全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱい写メなど、エロ写メもかなりアップされているので、オカズにするだけでも楽しめますね。

もちろん場所や時間が合えばすぐに会えます。会ってからすぐにホテル行っても良いですし、カラオケとか満喫に行って、キスとか乳揉みしながら、口で抜いてもらうのも楽しいです。

女の子の新着投稿に対してメッセージを送れば、だいたい1000円から2000円のうちにとアポが取れて、びっくりするほど簡単にセックスまで持ち込めます。

筆者の場合は、だいたいメッセージを送ったその日のうちに待ち合わせをして、軽くご飯を食べて、そのままホテルへ行くという流れが多いです。デートとホテルで1万円行かないくらいで収まります。

相性が良ければそのままセフレもアリですが、次から次へと会えるので、重めな子だったら一旦リリースするのがオススメ。めっちゃ可愛くて、エロくて、軽いノリの子をキープしておくのが良いでしょう。

Jメールの注意点:新着1時間以内の子だけを狙ってメッセージを送ろう!

「今すぐあそぼ」掲示板では、『レスの早さ』が何よりも大事です。

当たり前のことですが一番最初に会う約束を取り付けた人だけが会えます。2〜3時間前の投稿で気になった人がいて連絡したとしても、その女性はすでに他の男と会ってセックスしている最中でしょう。それぐらいスピード感がハンパないです。

また、「今すぐ男性に抱かれたい」という欲求の女性が集まっているので、一般的に言われる、男性側のプロフ写真や、プロフ内容などはほとんど関係ないです。

掲示板をリロードしまくりつつ、気になる子が見つかったら迷わず即メッセしましょう。


圧倒的にコスパ良くセックスしたいなら、絶対にJメールを試してみるべき

Jメール

Jメールなら、風俗と違って時間制限や回数制限はなく、何発でもセックスを楽しむことができますし、本番でプラス料金なんてこともありません。セフレにしてしまえば次からはご飯なしで直接ホテルでセックスできるのでコスパも最高です。

筆者は、Jメールで月に4~5人とセックスして、相性がよければセフレにしています。Jメールには月3000円くらい課金しているだけなので、ホテル代除けば、実質ひとりあたり1,000円もかかってないです。

一度きりの人生、ヤるかヤラないかはアナタ次第。いつまでも、時間やお金に縛られたセックスをするのではなく、Jメールで自由なセックスを手に入れてください。それも、生中出しで。



※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

風俗に行って、本番裏オプションをつけると2~3万円と高額。

それでもセックスがしたいあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く簡単にエロい素人ギャルとセックスが出来るんです。

風俗より10倍安く、エロ素人ギャルとセックスする方法はこれ!

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る