1
嫁が浮気したと思ったらまずコレをやれ!8選

嫁が浮気したと思ったらまずコレをやれ!8選

28,305 views

妻の行動が怪しい!浮気をしているんじゃないかと毎日悶々と過ごしていても、ただひたすら想像して悩んでいる段階で推測の域をでていません。日々気持ちが落ち込んでいるよりは、妻の浮気の疑惑に白黒はっきりつけて前へ進みましょう。


妻の浮気を疑っても理性的に対応する


妻の浮気を疑っても理性的に対応する

妻の浮気を疑った時は必ず冷静に、理性的に行動しましょう。間違っても怒鳴ったり、問い詰めたりしてはいけません。怒鳴るだけでなく感情に任せて暴力に訴えてしまう夫もいます。この場合、夫が妻へDVを働いたとみなされて、夫が不利な状況になってしまいます。また、浮気を夫が疑っていたとしても、妻は浮気をしておらず、全くの濡れ衣のケースもあります。夫に浮気を疑われ問い詰められたことによって、離婚に発展するケースもあるので、あくまでも理性的に行動することが大切です。

妻の浮気を疑っているが証拠がないこの時期はつらい時期ですが、自分にとって何をすることが得になって何をしたら損になるのかを考えて行動するようにしましょう。


妻の浮気相手を把握する


妻の浮気相手を把握する

妻の浮気が確定したら、まずは誰と浮気をしているのか、浮気相手なのかをしっかりと把握しましょう。メールやLINE、プレゼントなどで浮気が確定しても浮気相手が誰なのか分からないケースが多数です。また、妻が浮気相手をかばって浮気相手が誰なのかを明かさないケースが多く見られるので、浮気相手の特定には時間がかかるかもしれません。

妻の浮気相手は慰謝料請求などもあるのでしっかりと把握しておくことが必要です。しかし、浮気相手が夫にとって友人などの身近な人物の可能性もあるので、妻の浮気相手を知っても動転しないようにしましょう。


法律を勉強しておく


妻が浮気をした場合法律ではどのようなことが決められているのか、浮気相手へどのようなことができるのかなど実際に使わなくても法律を勉強しておくことも大切です。いざ浮気をした妻へ離婚を申し立てする時や浮気相手へ慰謝料を請求する時、親権を争う時などに必要になってきます。

法律関係の書籍を参考にしたり、法律のサイトを利用して法律を勉強することもできますし、ケースによって様々な判断がされることがあるので、実際に弁護士に相談するのもいいでしょう。弁護士へ相談する時には、自治体や政治団体が行っている無料の弁護士相談を利用したりする方法や1時間数千円で弁護士事務所で弁護士に相談できるサービスもあるので利用して法律ではどうなっているのか、自分のケースではどうなのかを知ることも大切です。


裁判でも使える物的証拠を集める


妻の浮気の証拠を集める時には将来的に裁判でも使える証拠を集めるようにしましょう。では、どんな証拠だと妻が浮気をした証拠として使えるのかというと「継続している」「肉体関係があった」この2つを証明することがポイントになります。一番いいのは浮気相手と妻の2ショットでラブホテルへ出入りしている写真です。この写真も1枚だけではなく、3~5日分あると継続性を認められます。他には、2ショットでラブホテルのチェックインを待っている場面でも大丈夫です。

裁判や調停で法的な証拠として有利なもの
・3回以上のラブホテルへの出入り写真(40分以上のラブホテルでの滞在時間)
・5回以上の相手宅への出入りの写真
・友達や関係者、探偵社・興信所などの第三者の証言
・不貞行為を認める念書、手紙やメモ、日記など
・愛人からの手紙や贈り物
・不貞行為の裏づけとなるクレジットカードの明細
・探偵社・調査会社の報告書

裁判や調停で法的な証拠として弱いもの(言い逃れができるもの)
・浮気相手とノメールのやり取り
・携帯、デジカメにある2ショット写真
・ラブホテルの会員証
・ラブホテルの領収書 など


裁判や調停では有力とはいえないかもしれませんが、浮気を疑う前から浮気を継続しておこなっていた証明になる可能性もあるので、妻と浮気相手のメールやLINEのやり取りの画面をカメラで撮影しておくことや妻の日頃の行動の記録、銀行などの出金の記録など浪費の記録を残しておくこともおススメします。


妻との話し合いを録音する


浮気をしている証拠が集まったら、妻と話し合いをしましょう。この時ICレコーダーなどで録音しながら話し合いをしましょう。浮気についての話し合いの席ではたいていの妻は感情的になる事が多く、その時に浮気を認める発言や本当のことを口走ることがあるので、録音をしていると客観的な妻の浮気の証拠にもなります。この録音を後日妻の両親に聞いてもらったり、調停や裁判に提出したりすることもできます。


妻の両親に連絡する


そのまま離婚調停にかける夫もいますが、まずは妻の両親へ連絡して妻の浮気を話しましょう。この時に大半の妻の両親は最初は妻の浮気を信じようとしません。そこで、浮気の証拠を提示することができます。浮気の証拠を提示する時には、必ずコピーをとって、コピーのほうを提示するようにしましょう。万が一証拠を破棄された場合でも安心です。

妻の両親に話をする理由としては、調停や裁判で離婚になった場合、妻からの慰謝料は少額になってしまうことが多くなります。しかし、妻の両親に話をすることで多少なりとも増える可能性があるからです。妻の両親と話をする時には夫自身の精神的苦痛についてもしっかりと話をするようにしましょう。十分な賠償があれば穏便に済ませることも考えることも話しておきましょう。


浮気相手への慰謝料請求をどうするか


浮気相手へ慰謝料を請求する時には、浮気相手が妻が既婚者だと知ったうえで肉体関係(不貞行為)を行ったと認められることが必要になります。また、妻の浮気によって夫婦関係が破綻したという点も重要なポイントになります。

妻の浮気相手への慰謝料請求は相手が認めている場合は内容証明郵便でも行うことができますし、示談交渉でも慰謝料の請求をすることができます。しかし、慰謝料の支払いを拒否した時や妻との浮気を認めていない時には裁判や調停で慰謝料を請求することになります。注意点としては、妻の浮気相手との示談の時には顔をあわせることがあるので、感情的にならずに冷静に進めることがあげられます。弁護士に依頼すると直接交渉をしなくてすむので精神的に楽です。


妻の妊娠の有無を調べる


妻の妊娠の有無は浮気の騒動で忘れてしまいがちですが、とても大切なことです。もし、妻が浮気相手との子供を妊娠していたら離婚をしても「離婚後300日以内に生まれた子供は婚姻関係にあった夫との子供と推定する」ことが定められているので、後から、嫡出否認の訴えを家庭裁判所で起こさなければいけません。もし、嫡出否認の訴えを行わない場合、夫の嫡子とされ、扶養義務や遺産の相続権も発生するので妻の妊娠の有無ははっきりさせておくことが必要です。

もし、妻が妊娠していた時は、夫の子供か浮気相手との子供なのかをはっきりさせておきましょう。もし夫の子供の時は、養育費が必要になったり、離婚をやめてやり直す選択をすることも考える必要があります。逆に浮気相手との子供で妻が出産する時には、先にも述べたように法的な手続きが必要になってきます。妻の妊娠の有無と誰の子供なのかをはっきりさせることはとても重要なことです。

いかがでしたでしょうか。妻が浮気をしたらどうしたいかをまずは冷静になって考えることが重要です。そして、しっかりとした証拠をつかむことが不可欠になってきます。感情に任せて行動をしてしまうと後から後悔してしまうこともあるので、気をつけて行動しましょう。
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る