1
【蒼井そら】のエロすぎるインスタ写真が話題に(画像あり)

【蒼井そら】のエロすぎるインスタ写真が話題に(画像あり)

53,583 views

かつては日陰の存在であったAV女優も、セクシー女優という呼称で市民権を得ている昨今。中でも日本だけに留まらず、中国でも大ブレイクした元セクシー女優、蒼井そらさんのエロスがインスタでも炸裂しています。


どこか愛嬌のある童顔と肉感的な肌


AOI SOLAさん(@aoi_sola)が投稿した写真 -



キュートなアーモンド形の瞳と、胸元の肉感がたまらないですね。しっかりカメラを見据えて男性におねだりするような視線に釘付けになりそう。中国語での会話も堪能とのことで、ユーザーとのコミュニケーションもばっちりなのが人気の理由のひとつなのだとか。

中国版ツイッターともいえるウェイボーでのフォロワー数は驚愕の1590万人で、その人気の高さが伺えます。女神のように崇められているようです。


表情もエロさたっぷり


AOI SOLAさん(@aoi_sola)が投稿した写真 -



髪の乱れ具合と柔らかそうな胸のラインがエロいですよね。モノクロ写真が黒髪の美しさを際立たせています。

実は蒼井そらさん、新聞通信調査会が行った「中国で知られている日本人」の調査では第三位の知名度を獲得しています。
新聞通信調査会が行った「中国で知られている日本人」の調査では、安倍晋三首相、山口百恵に次いで3位にランクインした。 引用:マイナビニュース



知名度が安倍晋三首相、山口百恵さんに次いでということなので、もはや世代やジャンルを超えた人気を獲得しているようですね。


チャームポイントの瞳と唇がエロい





元セクシー女優という体をはったキャリアを持ちながら、これだけ表情のアップが人気なのはきれいな瞳と厚みのある唇が魅力だからでしょうね。どちらかと言えば美人というよりは可愛い系の蒼井そらさんですが、その瞳と唇からエロさが伝わってきます。半開きの唇が魅力的な女性は男性にモテるというジンクスも、ぴったり当てはまります。

最近では結婚観について、「日本人でも中国人でも国籍は問わない」という発言をしているそうです。国境を越えた人気を獲得している彼女ならではですね。


飛び込みたくなるような胸の谷間


AOI SOLAさん(@aoi_sola)が投稿した写真 -



最近のグラビアに比べると、決して露出が高いほうではないですが、肩ひもから少しはみ出す柔らかそうな肌と質感が伝わってくるような谷間には釘づけになってしまいますね。最近のグラビアのトレンドとして、腰からお尻、そして脚のラインを強調するものが多い中、この見事な谷間は貴重なショットと言えるのではないでしょうか。首元のアクセサリーと白のドレスも彼女の清涼なイメージにマッチしていますし、もはや元セクシー女優の枠を超えたエロさなのかもしれません。


ぐっと身近に感じる恋人のようなショット


デートの最中さながら近距離ショットですね!




幸せそうにロールケーキを食べるお顔が本当に愛らしい。デートの最中に買ったロールケーキを二人でベンチで食べる、なんていうシチュエーションを妄想しちゃいます。無防備で優しい視線が、男性の保護欲をかきたてます。

男性の性欲を刺激するエロさだけではなく、このそばにいて欲しくなるような可愛い恋人感も彼女の魅力の一つなんだそうです。写真やインスタの投稿、イベント等での受け答えでも続々ファンを増やしてきた蒼井そらさんは、その雰囲気と人柄が評価されてのことでしょう。


その魅力の根源はギャップにあり


こうしてインスタの写真を見ていくと、蒼井そらさんの魅力は、ハッとするようなエロスと柔らかく親しみやすい雰囲気のギャップなのかもしれませんね。吸いつきたくなるような唇や胸の写真と、あどけなく優しさの宿る表情、そして語学力や柔和な人柄。よく考えると、多くの男性が好む女性の特徴を複数兼ね備えています。インスタを通じてのファンとの交流も活発なようですし、何せ日本の数倍の人口を誇る巨大な中国市場で活躍中ですから、しばらくその人気は衰えることがなさそうです。

いかがでしたでしょうか。日本が生み出し、今や中国の女神となった蒼井そらさん。インスタのエロスも勿論ですが、その人柄を知る機会があったら是非チェックしてみてくださいね。

【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?


ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、もっと安く簡単にエロい女とセックスが出来るんです。


風俗は必要ない?10倍安くセックスするたったひとつの方法


ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

そもそも女性にも男性並に性欲があるんです。女性は社会性が高く、友達の目を気にすることから、ネットでこっそり出会いを募集しているんです。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなん600万人にものぼります。

最近渋谷や六本木などに連日大きく広告や看板を出していることから人気が再燃。特に若い女性から圧倒的な支持を集めています。
jmail

Jメールがいわゆる”出会い系”と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。”セフレ探し”、”不倫相手探し”、”一晩だけエッチする相手探し”など、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由


Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てみてください。
「池袋か新宿で、2時間だけ癒やしてくれる人、即ハメ希望」
「Gカップです。おっぱいにたくさん精子を出してほしい。。」
「今池袋のトイレでオナニーしてます。誰か男の人来て。早く挿れてほしい」

などなど、全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱい写メなど、エロ写メもかなりアップされているので、オカズにするだけでも楽しめますね。

もちろん場所や時間が合えばすぐに会えます。会ってからすぐにホテル行っても良いですし、カラオケとか満喫に行って、キスとか乳揉みしながら、口で抜いてもらうのも楽しいです。

女の子の新着投稿に対してメッセージを送れば、だいたい1000円から2000円のうちにとアポが取れて、びっくりするほど簡単にセックスまで持ち込めます。

筆者の場合は、だいたいメッセージを送ったその日のうちに待ち合わせをして、軽くご飯を食べて、そのままホテルへ行くという流れが多いです。デートとホテルで1万円行かないくらいで収まります。

相性が良ければそのままセフレもアリですが、次から次へと会えるので、重めな子だったら一旦リリースするのがオススメ。めっちゃ可愛くて、エロくて、軽いノリの子をキープしておくのが良いでしょう。

Jメールの注意点:新着1時間以内の子だけを狙ってメッセージを送ろう!

「今すぐあそぼ」掲示板では、『レスの早さ』が何よりも大事です。

当たり前のことですが一番最初に会う約束を取り付けた人だけが会えます。2〜3時間前の投稿で気になった人がいて連絡したとしても、その女性はすでに他の男と会ってセックスしている最中でしょう。それぐらいスピード感がハンパないです。

また、「今すぐ男性に抱かれたい」という欲求の女性が集まっているので、一般的に言われる、男性側のプロフ写真や、プロフ内容などはほとんど関係ないです。

掲示板をリロードしまくりつつ、気になる子が見つかったら迷わず即メッセしましょう。


圧倒的にコスパ良くセックスしたいなら、絶対にJメールを試してみるべき

Jメール

Jメールなら、風俗と違って時間制限や回数制限はなく、何発でもセックスを楽しむことができますし、本番でプラス料金なんてこともありません。セフレにしてしまえば次からはご飯なしで直接ホテルでセックスできるのでコスパも最高です。

筆者は、Jメールで月に4~5人とセックスして、相性がよければセフレにしています。Jメールには月3000円くらい課金しているだけなので、ホテル代除けば、実質ひとりあたり1,000円もかかってないです。

一度きりの人生、ヤるかヤラないかはアナタ次第。いつまでも、時間やお金に縛られたセックスをするのではなく、Jメールで自由なセックスを手に入れてください。それも、生中出しで。



※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

風俗に行って、本番裏オプションをつけると2~3万円と高額。

それでもセックスがしたいあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く簡単にエロい素人ギャルとセックスが出来るんです。

風俗より10倍安く、エロ素人ギャルとセックスする方法はこれ!

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る