結婚発表した釈由美子の映画がエロすぎると話題に【動画あり】

結婚発表した釈由美子の映画がエロすぎると話題に【動画あり】

15,532 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
「釈ちゃん」の愛称で親しまれ、小人を見た、などの不思議発言でもお馴染みとなった釈由美子。最近、突然結婚を発表して世間を賑わせた彼女だが、その主演映画がエロいらしい。panpan編集部ではそんな彼女の最新動向を追った。

まずはこの動画を見よ!



まずは、この動画を見て欲しい。この動画こそ、釈由美子の最新主演映画『KIRI-「職業・殺し屋。」外伝-』の予告編である。釈由美子が殺し屋役を体当たりで演じているのが良く分かる。アクションシーンの激しさもさることながら、彼女の白いタンクトップ姿がなんともエロい。37歳とは思えないスタイル&美貌に驚かされる。

この映画は言わずとしれた名作漫画『職業・殺し屋。』(西川秀明・作)の実写化作品である。一匹狼の”殺し屋・キリ”の復讐劇を釈由美子が余す所なく演じている。共演は長渕剛の長女、文音のほか、水崎綾女や小宮有紗なども出演する。若くフレッシュな女優らの中で、アラフォー釈がどれだけ輝けるのか。それは本編を見てのお楽しみと言ったところだろう。


釈由美子と言えば『修羅雪姫』



釈由美子のハード・アクション映画と聞いて、2001年に公開された『修羅雪姫』を思い出した人も多いかもしれない。こちらはまだ売り出し中の釈が初めて主演を務めた映画で、これが国内外で高く評価された事で彼女の知名度はぐっとあがった。ちなみに、この映画も今回の映画と同じく漫画原作ものである。比較評価するのにはぴったりだと言えそうだ。

この映画で釈は主人公の「雪」と言う少女を演じている。雪は反政府組織を鎮圧する暗殺者であるが、最終的には殺された母親の復讐を遂げると言う点で、『KIRI-「職業・殺し屋。」外伝-』での役柄とも通じている。釈の”美しいがどことなく影がある”美貌が、こうした役を引き寄せる
のであろうか……。どちらにせよ、2つの映画をあわせて見ると、釈由美子と言う女優の良さが堪能出来る事は間違いない。


不思議キャラの一人歩き


釈由美子と言えば、「小人を見た」と言う発言でも知られている。小人……いや、彼女はそれを「小さいおっさん」と表現している。あるインタビューでは、小さいおっさんについてのこんなエピソードを語っている。”嫌な予感がして、座布団をひっくり返したら裏の中心部分におっさんがひっついていた”と言うものだ。

想像力と言うにはかなり危うい線だが、これらの話に火がついて、釈は一時期「不思議ちゃん」キャラとしてテレビに出演していた。とは言え、これらの話以外では不思議要素はなかったので、キャラとしてはイマイチ不発だったようだ。後に彼女自身もこの時の事を「病んでいた」と語っている。前述の小人発言も含め、彼女には元々精神的に不安定で繊細な部分があるのだと思う。不思議キャラで売られたのは、彼女にとってプラスではなかったのではないか。


突然の結婚、これからの釈は……


今年10月、突然の結婚を発表して世間を驚かせた釈由美子。お相手は同年齢の実業家だと言う。案外普通の相手でほっとした。釈は2010年に動物病院の医院長と婚約までしたが、相手がしつこい報道に驚いて破談になった。さらに13年には歌手のGACKTとの不倫疑惑が持ち上がった。これは釈もGACKTも否定しているが、とにかく彼女の恋愛は、見た目の美しさとは相反して、あまり上手くはいっていないようだった。

いきなりの結婚宣言も、なんとなく芸能界の結婚フィーバーに乗じたもののように聞こえなくもないが……筆者としては、これまで色々と苦労してきたであろう「釈ちゃん」には是非幸せになってもらいたい気持ちでいっぱいである。彼女はデビュー当時から本当に可愛くて、映画撮影では骨折してもアクションシーンに挑む努力家でもある。アラフォーとは言え、まだ美貌は衰えてはいないから、これからも益々活躍して欲しい所存である。

いかがだったでしょうか。今回は”突然結婚発表をした釈由美子”についてフィーチャーしてみました!彼女のセクシーシーンいっぱいの主演映画、是非劇場でご覧下さい!

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る