1
要注意!好きな人に電話でドン引きされるNG行動まとめ 4選

要注意!好きな人に電話でドン引きされるNG行動まとめ 4選

1,102 views

せっかく好きな人と電話をする機会があっても、電話中のある行動で相手からドン引きされてしまうこともあります。電話で様子が見えないからといって気を抜いてはいけません!電話中にやってはいけないドン引きNG行動の代表的なものを4つまとめましたので、うっかりやってしまっていないかチェックしてみてください。


1.電話中の食事やお菓子を食べること


1.電話中の食事やお菓子を食べること

電話中に食事やお菓子を食べてしまうことは意外とやりがちなことですが、話し声で何かを食べていることは間違いなく相手にわかってしまいます。付き合いの長い親しい相手ならまだしも、頻繁に電話をするほどの仲でないならば電話中の食事はマナーが悪いと思われてしまう原因になります。相手もあなたと電話することに時間を割いているという気持ちを忘れないようにしましょう。

特に音の大きなスナック菓子や麺類を食べるのはだらしがないと思われます!


2.電話中につまらなそうな態度を取ること


2.電話中につまらなそうな態度を取ること

電話が長くなってしまった場合など、相手の話をよく聞かずはっきりとしないまま返事をしてしまったり、もう切りたいといったことを言葉に出したりすることもNGです。長いと感じてしまったらこちらのペースで話題をふり、電話をうまく終わらせる方向を目指すのがよいでしょう。

また途中で誰かにメールしたりすることも電話をつまらないと感じている行動ですので注意しましょう。操作音などでバレる可能性もあります。本当に緊急に返信しなければならない場合は事情を話して電話を一旦終わらせるようにするべきです。


3.相手のライフスタイルを考えない時間帯の長電話


電話をかける時には、大まかでよいので相手のライフスタイルを把握しておくことが必要です。特に夜の電話は注意すべきです。明日朝が早い場合やもう眠りたいのにという望んでいないタイミングで電話がかかってきて長くなると迷惑に感じ、あなた自身の印象も悪くなる結果になります。

電話をかける時には相手にもよりますが、深夜になりすぎないことや長時間になりすぎないように配慮することが大切です。電話は相手にもうちょっと話したいと感じさせる程度の長さがベストだということを頭に入れておきましょう。


4.事前に知らせていないTV電話


また、事前に知らせないままにTV電話をかけるのもNG行動です。女性は特に、家で過ごしているプライベートな時間を予告なしに見られるのを嫌う人が多くいます。すっぴん部屋着でいる時に突然TV電話というのは親しくなった場合でもNGという人も。電話の場所によっては部屋の中の様子も映ってしまいますので、片付けが行き届いていない場合などにも拒否したいと思うでしょう。

どうしても相手の顔を見ながら電話がしたい時には前もって了承を得ておきましょう。また特段親しくないのにTV電話での通話を持ちだされるのはドン引きされること間違いありません。

いかがでしたか?相手との関係が浅い場合はもちろん、深い付き合いをするようになってもこれらのNG行動には注意しておく必要があります。相手も時間が大丈夫だから自分の電話に出ているのだ、と安易に考えるのは禁物です。電話だからといってマナーに油断しないようにしましょう。
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る