【判明】金玉が小さい男⇒子育て熱心、金玉が大きい男⇒浮気しやすい

【判明】金玉が小さい男⇒子育て熱心、金玉が大きい男⇒浮気しやすい

23,749 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
女性は結婚相手にイクメンを求めることが多いですよね。そんななか、イクメンを探すときに金玉が役立つことが発覚しました。ここでは金玉と男性の性格の関係をご紹介します。


金玉の大きさでどんな父親になるかわかる


金玉の大きさでどんな父親になるかわかる

女性にとっては金玉が大きいほど性欲が盛んそうで、結婚してからもセックスレスにならなさそうな、理想のパートナーだという考えの方が主流でしょう。しかし旦那は子育てや家事も手伝ってくれる「イクメン」の方がよいのではないでしょうか。

実はアメリカの大学研究チームが先日、金玉が小さい男の方がイクメンの確率が高いという研究が発表されました。その結果、睾丸が大きい男性ほど、自分の子どもの写真を見せられた時の脳の反応が小さい傾向にあること、そして睾丸が大きい男性ほど、おむつの取り替えといった育児への参加が少ないことが判明しました。


なぜイクメンの金玉は小さいのか


なぜイクメンの金玉は小さいのか

人類は進化の過程で発情期を失い、いつでも子供を作れるようになりました。しかし、人類が繁殖努力にそそぐエネルギーは限られています。もし、育児に積極的に参加していれば生殖能力が低下する、ということが生物学的に説明されています。つまり、イクメンほど生殖能力が低下し、金玉が小さくなる傾向にあるということです。


最初から金玉が小さいのか


しかし、イクメンの金玉は最初から小さいのでしょうか。これに関する詳細な記述はありませんが、論文を読む限り最初から小さいとは思えません。どちらかというと出産の後に金玉が小さくなるという方が正確でしょう。つまり、子どもを作ってからも金玉が大きいままの人はイクメンになれない、という可能性があります。絶対にイクメンを捕まえたい、という人は最初から金玉が小さい人を狙った方がよいかもしれません。


金玉が大きい人は性欲が盛ん


金玉の大きな人の性欲が盛ん、というのは正しいようです。金玉の大きさが大きいほど作られる男性ホルモンの濃度が濃くなるそうで、つまり大きければ大きいほど性欲が強くなる、という説明ができます。付き合う段階で金玉が大きな人は激しいセックスをしてくる可能性が高いでしょう。将来的に子供が多くほしい人はそういった男性と結婚するとよいかもしれません。


性欲が強いということは浮気性


性欲が強いということは同時に浮気性である可能性が高くなります。要注意なのが妊娠している間です。妊娠中もセックスをすることは可能ですが多くの女性は流産の危険を恐れてセックスをしたがりません。ところが男性の性欲は衰えるところを知らないため、不満がたまっていきます。そうなると浮気に向かってまっしぐらです。

誠実な男性であればソープに行く程度で済みますが、人によっては他の女性と浮気、あるいは不倫をする可能性もあります。金玉が大きな男性と付き合うときには手綱をしっかりと握って浮気をされないように気を付けましょう。

いかがでしょうか。金玉の大きさとイクメン、浮気性が必ずしも一致するわけではないでしょうが、一つの研究結果として非常に興味深い内容です。イクメンを探したいときにぜひ参考にしてみてください。

NHKで特集された出会って1分でやれるインスタントセックス女子とは?【1000円セックス可能】

仕事帰りにムラムラしてきて「セックスしたいな~」って瞬間ありませんか?

そんなときに欲しいのが、仕事帰りに公衆トイレやネカフェなどでお金を掛けずにサクッとセックスできる、いわゆるインスタントセックス女子

インスタントセックス女子とは、最近の20前後の若い女の子の間で流行ってる「出会ったばかりの男と挨拶感覚でセックスする女の子」のこと。

これ、実際にNHKの番組で「インスタントセックス〜さみしさを埋める若者たち〜」という特集番組が夜の7時半から放送されるなど、色んな意味で大注目されてるんです。



わざわざセックス目的の女とデートしたりするのも面倒くさいし、お金なんて掛けたくないですよね。

インスタントセックス女子なら、会ったその日にセックスだけして名前も教えずに即バイバイできるなんて、最高に楽じゃないですか?



そんなお金をかけずに最高に楽なセックスをさせてくれるインスタントセックス女子は、実はとある1つのサービスに集まっているんです。

インスタントセックス女子が集まるサービスとは?秘密は紗倉まなが紹介したあのサービス

まず前提として、若い女の子ほどセックスが好きで、好奇心から知らない男でも簡単にセックスさせちゃうんです。

事実、朝日新聞出版が発行している週刊誌AERAが行ったアンケートでは
20代前半女性の9割が「セックスが好き」と回答!

けれど女性は周りの目を気にしやすく、ヤリマンなどとは思われたくない生き物です。
だから普段はコッソリとネットを使ってインスタントセックスを楽しんでいるんです。

最近人気なのが、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優が男漁りに使ってる」と紹介して話題になったインスタントセックスサービス



渋谷の109で女性限定イベントを開催するほど女性人気が高い紗倉まなが紹介したことで女子大生の間で人気に火がつき、女性会員数が急上昇!

その中で特に人気なのが、Jメールというインスタントセックスサービス。

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上

Jメールは女性もセックスが目的のサービスなので、インスタントセックス女子が大勢集まっています。なので従来の出会い系のようなメールのやり取りやデートといっためんどくさいやり取りをショートカット!

だから最高に楽なセックスが簡単にできるんです!

やりたいときに公衆トイレやネカフェなどに待ち合わせて即セックスができるし、最短1分で待ち合わせ場所が決まるなんてこともw
(こんなセックスしか頭にないようなドスケベ画像をアップしている淫乱女子ばかり!)



Jメールがインスタントセックス女子に人気な理由

でもなんでJメールが人気なの?って思いますよね。

その理由を3つ上げると
・匿名性が他のアプリに比べて高く周りにバレない
・渋谷や六本木に広告掲載され知名度が急上昇中
・女性誌にも掲載され話題

特に匿名性が他のサービスと比べて抜群高いので身バレの心配がないという点が人気で選ばれてます!
(他のマッチングサービスだと身バレしたなんて話をよく聞きますよね)

それでいてJメールは日本唯一のインスタントセックスサービス
だからインスタントセックス女子がJメールに集まっているんですよ!

しかも10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのもインスタントセックス女子に人気の理由の1つ。


Jメールを使ったら女子大生と1000円でセックス!

結論として筆者は5000円課金して5人(ほぼ女子大生)とセックスできました。なんと1セックス1000円と鬼コスパw

女の子もセックスが目的だったので1分でネカフェ待ち合わせが決まり、会社帰りにインスタントセックスできましたw
終わったら即バイバイして後腐れなく最高に楽なセックスを楽しめました!

もちろん女の子にお金なんて払ってないので、1回のセックスにかかったのは1000円だけ

同じ人数のセックスを風俗でやると30万円以上かかりますよね。
そう考えるとJメールでセックスができるインスタントセックス女子を探す方が手間も少なくコスパ良いですよね。

sexsyouko001

ちなみに最初のメッセージで「仲良くなってから会いたい」って言う女は相手しないのがお得!
無駄に時間取られるだけだしインスタントセックスには向いてません。
なので最初から会う前提の子に狙いを定めるのがJメールでセックスするコツです!

⇩⇩⇩以下のリンクをクリックしてインスタントセックス女子と出会う⇩⇩⇩


今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セックスしたいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る