1
大政絢のエロすぎる画像まとめ【保存版】※インスタ・Twitterから集めたよ

大政絢のエロすぎる画像まとめ【保存版】※インスタ・Twitterから集めたよ

30,611 views

大人気ファッションモデル(『non-no』専属モデル)でありながら女優でもある大政絢さん。スタイル抜群なのはもちろんですが、表情や雰囲気がエロいと世の男性たちを魅了しています。そんな大政絢さんのエロさあふれる画像を集めました。


大政絢の背中がエロい一枚



こちらはtwitterから拾った一枚。あらわになった背中がなんともエロい一枚です。花の冠とアクセサリーも素敵。まるで妖精のような美しさとエロさが見事に融合しています。少し開いた口元も色気が有っていいです。上半身が裸というだけで我々男はドキッとするのですけども、そこに芸術性も加わって、まるで美術品を鑑賞するかのような気分になれます。妖精がいるとしたらきっとこんな感じなのでしょう。ただエロいだけではないので女性から人気が有るのも頷けるような気がします。


大政絢のエロい横乳





こちらも大胆に背中を見せた一枚です。何と言っても横乳が覗いております。膝を押し当てておっぱいがムニュっとなっている様子からその柔らかさが伝わってきます。振り返ってこちらを見る少女のような可愛らしい笑顔と、大胆に晒された色気たっぷりの背中と柔らかそうなおっぱいという、素晴らしいギャップで我々を喜ばせてくれています。よく見るとスカートがシースルーになっていてふとももが透けて見えるのも〇です。全体的にエロく、可愛く、美しい一枚ですが、この画像の一番の見所はやはり横乳ですね。


大政絢の始球式でのエロいパンチラショット





西武ライオンズ対阪神タイガースの試合で始球式を務めた大政さんのパンチラシーン。わずかにちょっとだけ見えるという理想のパンチラを見せています。このパンツがまたセクシー過ぎずに逆にエロいです。ここまでエロいと、もう、わざとかなと勘繰りたくなってしまいます。ふくらはぎの辺りは筋肉の筋が立っていて絞まった印象が抱かれますが、ふとももはとても柔らかそうです。どうにかしてふとももに触ることはできないだろうかと男たちの妄想をかき立てます。そら鳥谷もこんな顔になります。


大政絢の雰囲気がエロいインスタ


大政絢さん(@omasa_aya)が投稿した写真 -



少しうつろな流し目、やや開いた口と唇の感じ、肌のテカり具合がなんともエロいインスタショットです。若々しさやかわいらしさに加え、大人の妖艶なセクシーさがあふれています。

その色気に魅了されたファンから様々なコメントが寄せられています。

「お綺麗です♪」
「色っぽい❤︎」
「大人っぽいですね。」
「嫁に来てください。」
「あーもう、素敵。女性らしい。」


大政絢のエロい唇


大政絢さん(@omasa_aya)が投稿した写真 -


この写真のポイントは何と言っても健康的な唇!思わずキスしちゃいたくなりますね。気分はまさにパラダイス・キスといったところでしょうか。白い歯と透き通った瞳もとても素敵ですね。耳のアクセサリーとニットのトップスのフワフワ感も最高ですね。


大政絢のセクシー水着ショット





黒のビキニがとってもセクシーな一枚。スレンダーなボディにこぼれそうなおっぱい、濡れた髪と、とっても上質なエロさを感じさせます。肌にしたたる雫もなんとも色っぽいです。また、大政さんのシルエットの美しさを改めて知らしめる一枚でもあります。スレンダーでありながらもガリガリではなく、女性らしいなめらかな曲線で縁取られるシルエットはとても美しいです。おっぱいだけでなく、くびれやヘソの周り、足の付け根あたりからもエロスが漂ってまいります。全体的に色白なのですが乳房の辺りの白さが際立っているのがとってもエロくて良いですね。


大政絢のセクシー水着ショット.その2





こちらもセクシーなビキニショットですが、先程の官能的なエロさと違い、とても明るくて健康的なエロスを感じさせます。若い女性の体とはこんなにも美しく、魅力的で、エロい。それをおっさんたちにも思い出させてくれる一枚です。こんなに細いのに、体のどこを触っても柔らかいんじゃないかと思わせるような耽美なふくよかさも保っています。理想的なエロボディと言えるでしょう。小首を傾げる仕草も色っぽいですね。大政さんは唇がふっくらとしていてとてもセクシーです。その唇のエロさも良く表れた一枚です。


 
  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る