1
なぜ女性は「彼氏いない」と嘘をつくのか。その真相心理を解説

なぜ女性は「彼氏いない」と嘘をつくのか。その真相心理を解説

4,618 views

彼氏がいるのに、男性からの「彼氏いるの?」の質問に「彼氏はいません」という嘘をついたことのある女性は案外たくさんいます。もし自分の彼女がそんな嘘をついていたらショックですよね。では、なぜ彼女たちはそんな嘘をつくのでしょうか?「彼氏いない」と嘘をつく女性の心理を見てみましょう。


「彼氏いない」と嘘をつく女子たち











女子の多くが「彼氏いない」と嘘をついてます。とくに初対面の男性に聞かれたときなどに多いかもしれませんね。そんな嘘をつく理由を紹介していきます。


「彼氏いない」と嘘をつく理由①:モテたい願望


「彼氏いない」と嘘をつく理由①:モテたい願望

ほとんどの女性はモテたいと思っています。初対面の男性や、付き合いの浅い男性に、「彼氏いないの?」と聞かれたらついつい嘘をついてしまうこともあります。なぜなら、彼氏がいることがわかってしまったら、もう口説かれるチャンスがなくなるからです。今の彼氏と上手くいってないわけではないし、新しい男性と付き合うことを考えていない場合でも、他の男性からちやほやされたいと女性は思ってしまうのです。いつでも、お姫様でいたい、それが女子です。

また、「彼氏いる」と言ってしまうと、聞いてきた男性やその場のテンションが下がりそうだなあと察したときも、咄嗟に嘘をついてしまうことがあります。


「彼氏いない」と嘘をつく理由②:キープ(彼氏乗り換え戦略)


これはちょっとイイなと思っている男性や、イケメンだったり自分の好みの男性など、キープしておきたい男性の前ではよくつかれる嘘です。付き合っている彼氏はいるけれど、その彼氏より素敵な男性に出会ったときについつい嘘をついてしまうパターンです。今の彼氏との関係が特に悪いわけではなくても嘘をつきます。

素敵な人に出会ったとき、「もし、今の彼氏と出会う前にこの人に出会っていたら、何か変わったかなあ」なんて妄想してしまうものです。彼氏がいながらも後から出会ったイケメン男性に口説かれたいそしてあわよくば乗り換えようとしている女性です。


「彼氏いない」と嘘をつく理由③:周りの女子のひがみを買わないため


女子同士の会話の中でも恋バナは定番。ほとんどの人が彼氏がいる場合はいいのですが、彼氏がいない女子が大多数だった場合、女子のひがみを買わないために嘘をつくことがあります。それが職場の仲間だったり、自分より年上の女性たちの間だった場合、彼氏の存在を知られると、付き合いにくくなってしまうこともあります。

「彼氏いない」という嘘は、時に自分自身を守るため、その場の人間関係を守るために必要な場合もあります。許してあげて下さい。


「彼氏いない」と嘘をつく理由④:今の彼氏と別れを考えている


今の彼氏と上手く行ってないとき。なんだか、マンネリ化してしまって新鮮さがなくなってしまったとき。彼氏と喧嘩して仲が険悪なとき。ついつい、「彼氏がいない」と嘘をついてしまいます。今の彼氏との別れを考えているので、気持ちの上ではもう彼氏がいないも同然。そのため、「彼氏いない」と嘘をつきます。


「彼氏いない」と嘘をつく理由⑤:詮索されたくない


女子会などで盛り上がるのはやはり恋バナ。でも女子が全員自分の恋愛を語りたいとは思っていません。ぶっちゃけ面倒臭いと思っている人も多いのです。ここで、「彼氏がいる」と言ってしまうと、自分が話題の中心となり彼氏との出会いから初体験まで根掘り葉掘り聞かれます。そんな面倒を避けるために「彼氏いない」と嘘をつきます。

いかがでしたでしょうか?女子が「彼氏いない」と嘘をつく理由は様々です。女子なら多分、一度はどれかの理由で嘘をついたことがあるかもしれません。ショックを受けるも、許すのもあなた次第です。

女性がセフレを探す方法NO1を獲得した最強のマッチングサイト

女性のセフレについての意識調査 煽り
以前にPANPAN独自で女性500人にアンケートを取ったところ大好評だったため、今回はとある有名女性向け下着メーカー様など複数の会社様に極秘協力を頂いて2000人の女性に「女性のセフレについての意識調査」を実施してきました。
女性のセフレについての意識調査 総合

セフレが欲しいと思っている女性は約6割で1194人もいました。さらに、その中で1194人中953人と約8割の女性がセフレがいたことがあると答えており、現在いる女性は193人と約16%でした。

ということは、なんと過去にセフレがいた女性の8割は今まさにセフレを探しているのです。今までにセフレがいた事のある女性953人にどこで探したかを聞いてみたところなんと、795人と80%以上の女性が出会い系と答えたのです。

どこの出会い系でエロい女の子がセフレを探しているか気になりますよね?安心してください。もちろん聞いてあります。女性がセフレを探す方法NO1を獲得した出会い系は…。
女性のセフレについての意識調査 サイト

約6割の女性がJメール(R18)と答えたのです。業界大手2強であるハッピーメールでもPCMAXでもなく、Jメールという結果は筆者的にはある程度予測していたのですが、みなさんには衝撃の結果ですよね。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなんと600万人。最近渋谷や六本木などに連日大きく広告や看板を出していることから人気が再燃。特に若い女性から圧倒的な支持を集めています。

ついこの間まで300万人突破なんて言っていたのにあっという間に600万人を超えて大手2強を猛追しているのがJメールなんです。

さらに出会い系業界ではめずらしい電話サポートを実施しています。メールサポートと違って直接聞いてくれて即対応してくれるから女性も安心して利用できちゃいます。もちろん、男性も電話サポートを受けられます。

女性を大切にするJメールだからこそ今回の『女性がセフレを探す方法NO1』の称号を得たのです。

セックスがしたくてセフレを探しているエロい女に人気があるから男も集まってきてみんなでセックスしてちゃってるんです。男性が今後増える可能性が高いので、女性が多い今がチャンスなんです。


※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。


今ならスタートダッシュキャンペーンでポイント購入が超お得!

Jメールスタートダッシュキャンペーン

セックスがしたくてセフレを探しているエロい女が集まっているのがJメールということはおわかりいただけたと思います。Jメールでセフレを探す上で大切なのはスタートダッシュです。

初めての登録だとお試しポイントが1000円もらえるので既存の登録者よりも安くで出会えちゃいます。

新規会員登録直後のアイコンが初心者のマークのうちは、掲示板で目立ちやすくなっていて、かなりマッチングしやすいので登録初月にガッツリメッセージを送って大量にセフレをゲットするのがポイントです。

しかも、今なら600万人突破記念、スタートダッシュキャンペーンが実施されています。今登録して課金すれば最大25%ポイントが増量になっています。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

さらに今なら寒い冬な上にクリスマスや年末年始が近く、女の子が温もりを求めて続々とログインしているのです。女の子が多くて入れ食い状態のこの季節にキャンペーンがあるなんてまさに奇跡なんです。

スタートダッシュキャンペーンを利用してがっつりマッチングしまくるのが圧倒的に効率的です。(初心者は3000円~5000円程度の課金で十分。月額制ではないので、これだけ買えば来年4月くらいまで十分すぎるほど遊べます)

どうせお金を払うなら風俗でもいいのでは?なんて思った方、風俗は数万円かけてたった一回の本番なしの疑似セックスを買いますよね?

Jメールならたった3000円程度の投資で、年末年始セックスし放題。セフレだらけの一年をスタートできるから最高です。セフレなら、一生タダで本番セックスできますし、オプション代なんてけち臭いものを払う必要もありません。

普段なら慣れれば1000円で一人の女の子とセックスが普通ですが、この時期なら3千円あれば4~5人は簡単にセックスできちゃいます。筆者は1万円課金して一気に勝負をかけます。初めて登録する皆さんにはスタートダッシュキャンペーンがあるので筆者以上にセックスしまくれちゃうから羨ましいです。
Jメールスタートダッシュキャンペーン

スタートダッシュキャンペーンはいつまで続くかわからないので、オトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に『女性がセフレを探す方法NO1』のJメールに登録してみてくださいね。


※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

風俗に行って、本番裏オプションをつけると2~3万円と高額。

それでもセックスがしたいあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く簡単にエロい素人ギャルとセックスが出来るんです。

風俗より10倍安く、エロ素人ギャルとセックスする方法はこれ!

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る