幸せな不倫生活を過ごす上で忘れてはならない15のこと

幸せな不倫生活を過ごす上で忘れてはならない15のこと

15,633 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
幸せな不倫生活のために大切なこととは、どのようなことなのでしょうか。今回は、特に覚えておいて欲しい15のことをご紹介します。


幸せな不倫生活を過ごすために1.不倫は遊びだと理解する


幸せな不倫生活を過ごすために1.不倫は遊びだと理解する

不倫関係を幸せなまま継続するために、まず何よりも大切なのは、「不倫はあくまでも遊び」だとしっかり理解しておくことです。不倫行為は刺激や喜び、楽しみ、幸せ、そして恋愛期間でしか味わえないはずのドキドキ感を与えてくれます。

しかし同時に、深みにハマるほど精神的に苦しくなるものでもあります。必ず遊びであると割り切った上で楽しむようにしましょう。


幸せな不倫生活を過ごすために2.不倫相手を詮索しない


幸せな不倫生活を過ごすために2.不倫相手を詮索しない

特に不倫相手が家庭持ちの既婚者である場合は、必要以上の詮索は避けることをオススメします。なぜならば、相手の日常生活を知ったところであなたにはメリットがありません。逆に嫉妬心や寂しさを感じることになり、その途端にそれは「幸せな不倫」ではなくなってしまいます。

あなたにはあなたの都合があるように、相手には相手の都合や思惑があるのです。不倫関係においては、お互いが求めるものだけを得られるような関係が理想であると言えるでしょう。


幸せな不倫生活を過ごすために3.全てのことは自己責任


あなたの人生はあなたのもの。そして不倫相手の人生は、あなたが干渉できるものではありません。お互いに自ら選んで不倫行為に身を投じているのですから、相手に対しての過剰な干渉は避けましょう。

またあなたに対して干渉してくる不倫相手にも、その権利はありません。万が一不倫がバレて慰謝料を負担することになっても、悲しいことですがそれは自己責任なのです。誰もあなたの責任を肩代わりしてはくれません。


幸せな不倫生活を過ごすために4.不倫相手を疑わない


不倫相手を疑い始めたら、そこが泥沼恋愛の第一歩目。「もしかして俺以外にも相手がいるんじゃ…?」「俺のことを本当に好きなのかな…?」という疑いは、とても危険です。

相手を疑い始めてもキリがありませんし、疑いながらのお付き合いは幸せな不倫とは言い難いでしょう。不倫をしている期間は「相手をひとりじめしたい」という欲求は捨て、不倫から幸せを得るのみに集中することをオススメします。


幸せな不倫生活を過ごすために5.不倫相手に多くを求めない


もし会いたい時に会えなかったとしても、「まあ仕方ないか」程度の気持ちで済ませられるようにしましょう。間違っても「どうして会えないの?」「俺のことが大切じゃないの?」と食い下がるのは避けるのが賢明です。

不倫はそこにあるだけでもラッキーなもの。それ以上を求めても何も返ってこず、ただあなた自身の不満やストレスがつのるだけなのです。


幸せな不倫生活を過ごすために6.不倫相手に全てを合わせない


相手のことを好きになりすぎるあまり、全てを相手に合わせ、言われたことに対して何でも従ってしまうケースがあります。しかし、このようなことは御法度。

合わせすぎることで相手を優位に立たせることになり、不倫相手と対等な関係ではなくなってしまいます。お互いの立場のバランスを保つことで、幸せな不倫は成り立つのです。


幸せな不倫生活を過ごすために7.他にも相手をキープしておく


会いたいのに会えなかった時のために、他の相手をキープしておくことができると、さらにいいですね。不倫関係は恋人同士にも似ているところがありますが、まったくの別物です。一人のみに操(みさお)を立てて、愛情を注ぎ続ける必要はありません。

自分自身のメンタルバランスを調整するために、また幸せな気持ちで不倫を続けるために、他にも会いたいと思える存在をキープしておきましょう。


幸せな不倫生活を過ごすために8.不倫の痕跡は残さない


二人の写真やプレゼント、または思い出の品など、形に残るものは全て破棄しておきましょう。これは、万が一第三者に不倫関係がバレた時、証拠を残しておかないための対策です。

好きな相手との思い出を残せないというのは、とても寂しいことではありますね。ですが不倫がバレるリスクと天秤にかけた時に、どちらを大切にするべきかは明白ではないでしょうか。


幸せな不倫生活を過ごすために9.プレゼントは存在感ないものを


誕生日や記念日、クリスマスやバレンタインデーなど…。不倫関係においても楽しんでおきたいイベントは、やはり少なくありませんよね。しかし不倫の痕跡を残さず、長く関係を続けるためには、プレゼントは存在感のないものを選ぶのがベターです。

またプレゼントとしては少し味気ないものになってしまうかも知れませんが、消え物もオススメしたいうちの一つ。例としては「夜景の見えるレストランでディナー」というようなプレゼントがいいでしょう。


幸せな不倫生活を過ごすために10.不倫行為は絶対秘密に


不倫を語る上では、多くの場合「不倫行為をしていることは誰にも話すべきではない」と言われています。もちろん二人だけの秘密にしておけるのであれば、それが一番望ましいことではあります。

しかし長期間に渡って、秘密や罪悪感を心の内に秘めておくことは、そうできることでもありませんよね。もし不倫関係を打ち明けるのであれば、不倫相手とまったく関係のない人を選ぶことが大切です。


幸せな不倫生活を過ごすために11.デートは生活圏の外で


デート場所には、必ずお互いの生活圏外を選ぶようにしましょう。それは言うまでもなく、日常的に過ごすことの多い地域ではお互いの友人や知人に出会う可能性があるからです。

二人だけの秘密として、生活圏外の地域にいつもの待ち合わせ場所や立ち寄る飲食店を決めておくと、不倫がさらに楽しいものになるかも知れません。


幸せな不倫生活を過ごすために12.バレた時の言い訳を決めておく


不倫がバレる瞬間は突然やってくるものです。万が一不倫関係がバレてしまった時のためにする言い訳は、二人の間で統一しておくことが望ましいですね。「仕事関係」「取引先」「趣味で出会った知り合い」など、二人の関係性を問われた時に堂々と答えられるような言葉を用意しておきましょう。

また同時に「不倫関係ではないこと」「体の関係はないこと」を、自信を持って言えるようにしておくとさらにいいですね。もし疑われても潔白だと言い切れるように、二人でしっかりと打ち合わせておきましょう。


幸せな不倫生活を過ごすために13.いつ別れてもいい状態にしておく


不倫関係であっても別れはやっぱりツラいものですよね。しかし、不倫関係は恋人関係と似て非なるもの。いつの日か終わりの瞬間がやってくる可能性もあります。

不倫関係であるからこそ、その日のことをあらかじめ想定して、心構えを作っておくことも大切です。不倫関係で最もやっかいなのは、別れた後のお互いのトラブルなのです。


幸せな不倫生活を過ごすために14.別れるタイミングを決めておく


どちらかが独身の場合は恋人ができるまで、また仕事の都合などで転勤になった時…という風に、不倫を終わらせるタイミングを決めておきましょう。この別れるタイミングを決めるというのはとても大切なことなのです。

あらかじめ二人の間で共有しておくことができたら、別れる時のトラブルを回避することができるかも知れません。


幸せな不倫生活を過ごすために15.別れた後に相手のことを思い出さない


恋人関係には「元サヤ」という言葉があります。元サヤに戻った恋人関係は、うまくいくこともありますが、破局してしまうことももちろんありますよね。

しかし不倫関係においては、それとは別物となるのです。元サヤに戻ったところでうまくいくケースは少ないため、一度別れることを決めたら、スッパリと忘れることが大切です。

幸せな不倫を続けるためには、まず「不倫は恋人関係とは似て非なるもの」ということを覚えておくといいでしょう。なお恋人関係よりもはるかに制約の多いものではありますが、幸せなまま不倫関係を続ける方法は必ずあるはずです。

NHKで特集された出会って1分でやれるインスタントセックス女子とは?【1000円セックス可能】

仕事帰りにムラムラしてきて「セックスしたいな~」って瞬間ありませんか?

そんなときに欲しいのが、仕事帰りに公衆トイレやネカフェなどでお金を掛けずにサクッとセックスできる、いわゆるインスタントセックス女子

インスタントセックス女子とは、最近の20前後の若い女の子の間で流行ってる「出会ったばかりの男と挨拶感覚でセックスする女の子」のこと。

これ、実際にNHKの番組で「インスタントセックス〜さみしさを埋める若者たち〜」という特集番組が夜の7時半から放送されるなど、色んな意味で大注目されてるんです。



わざわざセックス目的の女とデートしたりするのも面倒くさいし、お金なんて掛けたくないですよね。

インスタントセックス女子なら、会ったその日にセックスだけして名前も教えずに即バイバイできるなんて、最高に楽じゃないですか?



そんなお金をかけずに最高に楽なセックスをさせてくれるインスタントセックス女子は、実はとある1つのサービスに集まっているんです。

インスタントセックス女子が集まるサービスとは?秘密は紗倉まなが紹介したあのサービス

まず前提として、若い女の子ほどセックスが好きで、好奇心から知らない男でも簡単にセックスさせちゃうんです。

事実、朝日新聞出版が発行している週刊誌AERAが行ったアンケートでは
20代前半女性の9割が「セックスが好き」と回答!

けれど女性は周りの目を気にしやすく、ヤリマンなどとは思われたくない生き物です。
だから普段はコッソリとネットを使ってインスタントセックスを楽しんでいるんです。

最近人気なのが、AV女優の紗倉まながテレビで「AV女優が男漁りに使ってる」と紹介して話題になったインスタントセックスサービス



渋谷の109で女性限定イベントを開催するほど女性人気が高い紗倉まなが紹介したことで女子大生の間で人気に火がつき、女性会員数が急上昇!

その中で特に人気なのが、Jメールというインスタントセックスサービス。

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上

Jメールは女性もセックスが目的のサービスなので、インスタントセックス女子が大勢集まっています。なので従来の出会い系のようなメールのやり取りやデートといっためんどくさいやり取りをショートカット!

だから最高に楽なセックスが簡単にできるんです!

やりたいときに公衆トイレやネカフェなどに待ち合わせて即セックスができるし、最短1分で待ち合わせ場所が決まるなんてこともw
(こんなセックスしか頭にないようなドスケベ画像をアップしている淫乱女子ばかり!)



Jメールがインスタントセックス女子に人気な理由

でもなんでJメールが人気なの?って思いますよね。

その理由を3つ上げると
・匿名性が他のアプリに比べて高く周りにバレない
・渋谷や六本木に広告掲載され知名度が急上昇中
・女性誌にも掲載され話題

特に匿名性が他のサービスと比べて抜群高いので身バレの心配がないという点が人気で選ばれてます!
(他のマッチングサービスだと身バレしたなんて話をよく聞きますよね)

それでいてJメールは日本唯一のインスタントセックスサービス
だからインスタントセックス女子がJメールに集まっているんですよ!

しかも10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのもインスタントセックス女子に人気の理由の1つ。


Jメールを使ったら女子大生と1000円でセックス!

結論として筆者は5000円課金して5人(ほぼ女子大生)とセックスできました。なんと1セックス1000円と鬼コスパw

女の子もセックスが目的だったので1分でネカフェ待ち合わせが決まり、会社帰りにインスタントセックスできましたw
終わったら即バイバイして後腐れなく最高に楽なセックスを楽しめました!

もちろん女の子にお金なんて払ってないので、1回のセックスにかかったのは1000円だけ

同じ人数のセックスを風俗でやると30万円以上かかりますよね。
そう考えるとJメールでセックスができるインスタントセックス女子を探す方が手間も少なくコスパ良いですよね。

sexsyouko001

ちなみに最初のメッセージで「仲良くなってから会いたい」って言う女は相手しないのがお得!
無駄に時間取られるだけだしインスタントセックスには向いてません。
なので最初から会う前提の子に狙いを定めるのがJメールでセックスするコツです!

⇩⇩⇩以下のリンクをクリックしてインスタントセックス女子と出会う⇩⇩⇩


今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セックスしたいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る