1
濡れやすい女の特徴14選

濡れやすい女の特徴14選

939,553 views

セックスの時、女性がなかなか濡れてくれずテンションが上がらなかった経験はありませんか?実は濡れやすいかどうかというのは、セックスの相性だけではなく様々な要因が関係しています。濡れやすい女性の特徴をpanpan(パンパン)編集部がまとめてみましたので、悩みがある方は参考にしてみてください。

彼女やセフレが濡れにくいならまるで本物な愛液で濡らす!?



彼女やセフレが濡れにくいなんて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?濡らそうと前戯を頑張っても濡れない女性は全く濡れないですよね?風俗嬢ならあんなに濡れさせられるのに・・・。

風俗嬢はエロいから濡れるなんていうのは迷信で、実はプレペアを使って濡れさせているのです。知り合いの風俗嬢曰く半分以上の女の子はプレペアなどの愛液風ローションをつかっているそうです。

多くの愛液風ローションは、バレるらしいのですが、プレペアはほとんどバレない上に国産なので安心して使えるのです。

中国産や韓国産の愛液風ローションはどうしてもぬめりが多いなどローションとモロバレですが、プレペアは国産で本物そっくりにこだわって作られているのでほとんどバレないのです。

成分も本物とほぼ一緒で、バレないということは本物とほぼ同じで気持ち良いということです。しかも、手を汚さずに使い捨てで入れられるので、手にローションが付いてペニスとゴムの間に入って抜けちゃうなんてトラブルも起こらないすぐれものです。

頑張っても濡れない女の子とセックスする時はプレペアをスマートに女の子の膣に入れてあげれば女の子も痛くないし、男も気持ちいいし一石二鳥で快適なセックスが楽しめちゃいます。

まとめて買えば1本148円とジュース1本分の値段なので気軽に使えちゃいます。5000円以上で送料も無料になるので、まとめて買うのがお得ですよ。

こちらのNSLから買えば、アダルトグッズとバレないように包装してくれる上に発送元や中身の内容まで自由に指定して送ってもらえます。趣味の用品や参考書などに偽装すれば家族にバレずに買えちゃいます。



緊張していない

緊張していない


精神的にリラックスしていることが、女性が濡れやすい条件だといわれています。おまんこを愛液で濡らすためには、性的な刺激などによって、オキシトシンというホルモンを分泌させる必要があるのだそうです。

そのオキシトシンを分泌する条件として、緊張ぜずリラックスすることが必要であるとされています。なのでオイルマッサージでリラックスした状態の女性は、濡れやすい体質とあいまって愛液が多すぎるくらいあふれたのでしょう。

濡れるためには、キスやボディタッチをした時に分泌されるオキシトシンというホルモンが、性的刺激を受けて、性器を充血させて膣内を潤滑にさせるからです。
(中略)
前の性交から時間が経ってしまったり、初めての相手だったりすると、いつもより緊張して交感神経が高ぶり、膣内が濡れにくくなります。
また、何か大きなストレスを感じている時も、交感神経が必要以上に高ぶって、濡れにくくなってしまいます。
引用:「いつもより濡れない…」女医が教える、乾いた部分に潤いを与える“濡れトレ"とは:女子SPA!



性欲が強い

性欲が強い


””性欲が強い女”といわれてしまうと女性としては不愉快かもしれませんが、他の女性と比べて性欲が満ちあふれているという意味ではなく、女性として普通の性欲、つまり好きな男性とエッチしたいと思うことが、濡れやすい体質になるために必要だといいます。

男性の場合、マスターベーションをするのは普通ですが、女性は「オナニーしてます」とはいいずらい雰囲気があり、実際、おまんこが濡れないで困っている女性の多くは、マスターベーションの経験が少ないという特徴があるのだそうです。

ですから「性欲が強すぎてマスターベーションしている」というよりは、「性欲が普通にあるのでマスターベーションを自然にしている」女性はごく自然に、前戯でおまんこが濡れやすくなって、セックスを楽しめる特徴があるとされています。

本当は女性でもかなりの割合がマスターベーションをしているけれど、あまり情報が表には出てこないんですよね。
でもマスターベーションは、実は性欲のスイッチを入れるトレーニングになるんです。
(中略)
長くパートナーと付き合っていると『もう相手に欲情なんかしない』っていう話があるじゃないですか。そういう時、自分の性的嗜好を掘り下げていない人はしんどくなってしまうと思うんです。
自分が何に欲情するか分かっていれば欲望のスイッチを入れることができますから、そういうトレーニングは必要だなと思います
引用:“性欲スイッチ"が入らない女たち―「実は知らない性の話」を専門家が解説【宋美玄・麻美ゆま他】:女の転職type



感度がいい


そもそも女性の性感とは何でしょうか?よく女性は「全身が性感帯である」なんていいますが、女性も男性も皮膚にさわられると感覚があるので、「何かを感じる」のは間違いなく、そういった意味では女性は(男性も)全身性感帯なんだそうです。

でもそれには当然個人差があります。つまり「感度がいい」女性は濡れやすいというのは、「その女性のツボにハマった性感を刺激してあげる」ことで結果的に濡れるので、どこに性感があって何に感じるかは人それぞれ。

さらにいえば愛撫した男性が、愛撫された女性の性的嗜好にマッチするかで、女性が濡れやすいかどうかも違うことになります。ですから「感度がいいから濡れやすい」女性は、いつでもどこでも誰とでも濡れちゃう特徴がある女性というわけではありません。あくまでその女性の嗜好にあったとき、ということになります。

もちろん嫌な男に無理やりヤラれる性的嗜好を持っている女性もいるかもしれませんが…。

ただし、皮膚の感覚や、脳が性感を感じる働きには個人差があり、状況や状態がちがえば、これまた感じ方はちがってくる。好きな人に触られたら感じる場所でも、大っ嫌いな男に触られると、感じるどころか鳥肌が立つことになる。
ちなみに、どういう感覚が性感になるかというと、一般的には「くすぐったい」と感じることが基本で、体温よりやや低い温度が効果が大きい。ただし、例外も多く、マゾ傾向のある女性は、「痛い」とか「熱い」といった感覚も性感につながる。
引用:女と男でこんなに違うエッチの快感:犬耳書店



生活習慣が整っている


生活のリズムが乱れがちで、疲労がたまっている女性は濡れにくい特徴があるというのは、男性がEDになる理屈と似ているので、男性にはわかりやすいです。ある説によれば、男性以上に女性はホルモンバランスが崩れると濡れにくくなるのだそうです。

「緊張していない」の項でもふれましたが、女性の膣内に分泌する愛液は、ホルモン・オキシトシンの分泌に影響されるといわれていて、生活リズムが狂うことでオキシトシンの分泌がしずらくなるといわれています。

特に女性は、ホルモンバランスを整えるという面で、生活リズムを正すことはとても大切です。
できるだけ規則正しく食事や睡眠をとるように心がけることと、最低でも6時間以上の睡眠を心がけましょう。寝る前にスマホを操作することで脳の交感神経が興奮し、寝つきが悪くなる原因になると言われています。
引用:「いつもより濡れない…」女医が教える、乾いた部分に潤いを与える“濡れトレ"とは:女子SPA!



水分を十分に摂取している


AV女優さんが”潮吹き”するために撮影前に水をたくさん飲むという話はよく?耳にします。けれど一般女性は体重増加やむくみなどにつながると、過度な水分摂取を敬遠しがちなのかもしれません。でも濡れやすい体質のためには水分摂取は必須。「気持ちいいセックスするなら女性は水をたくさん飲むべし」とカリスマAV男優・しみけんも主張しています。

まず普段から水をたくさん飲むこと。体水分量が多いとよく濡れますし、肌も潤うので抱き合ったときに気持ちがいい。できれば1日2lくらい、水分を摂ってほしいです。
引用:水をたくさん飲めば、よく濡れる? AV男優・しみけんの教え:an・anNEWS



生理周期によって濡れやすくなる


女性の生理周期について語られるとき「不快感をどのように解消するのか」といったように、どちらかというとネガティブな側面からの分析が多いようです。でも谷があれば山があるわけで、絶不調で何をしてもうまくいかない周期もあれば、絶好調で仕事もセックスも楽しくて仕方ない時期もあるといいます。

「排卵前」(生理前の約1週間)、彼女を誘ってホテルに行けば、彼女のおまんこはすぐ濡れる状態で、愛液が多すぎてシーツがビショビショに、なんてことも期待できるかもしれません。

女性の体は一般的に28日(4週間)と言われる生理周期のうち、出血している「生理中」、体も心も元気で絶好調の「排卵前」、少しずつ体に不調が出てくる「排卵後」、体も心も不安定で要注意の「生理前」と、約1週間ごとに体調が変化していくとのこと。
(中略)
女性の体調と関係の深い女性ホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)についても解説がありました。
「エストロゲンは排卵に向けて、生理後の1週間で一気に増え、肌の水分保持力を良くしたり、セックスの感度を高めたり、体に丸みを出したりと、女性らしさに関係しています。」
引用:生理後の1週間はセックスの感度が高まる 産婦人科医・宋美玄が説く、女性と生理の関係性:excite.ニュース



天然な性格


天然系の女子とは、自分では普通にふるまっているけれど、どこか抜けていて、ツッコミどころだらけ、だけど誰からも愛される、そんな女性です。最近では天然系女子になりたくて演技している女の子のことを、”エセ天然系”とか”人工物”とか呼ぶ風潮もあるのだとか。

それだけ男性受けがいい天然系女子が、おまんこが濡れやすいとされているのは、男性の願望か妄想で、女性には?なのかもしれません。実際、天然系女子に対して男性は恋愛感情を持ちやすいと分析している識者がいました。だから天然な性格だと濡れやすいと考えられているのかもしれません。

基本的に男性は、“女性より上位に立ちたい”と考えている人が多いです。言い方を変えれば“女性を守りたい”ということ。そのように思っている男性からしてみれば、天然女子は防御力が弱そうで、守ってあげないと何かしでかしそうに見えるので、守ってあげたい気持ちが芽生え、そこから恋愛感情に派生しやすいといえます。また、天然女子は反応が大げさなので感情が分かりやすいのも特徴です。恋愛は感情的なものなので、感情が分かりやすいと、恋愛に発展しやすいともいえます
引用:男性はなぜ“天然女子"が好きなのか?:セキララ・ゼクシィ



EXILEやジャニーズなど好きな芸能人がいる

好きな芸能人がいるからって、おまんこが濡れやすい女性だなんていったら、年末の東京ドームはナンパし放題じゃないかと男性陣の反発が聞こえてきそうです。ですが実際、「好きな芸能人の写真を枕元におく」ことで、おまんこが濡れやすくなると、女性識者が語っているとすれば、信ぴょう性があるといえるでしょう。

だけどあくまでも「キレイな好みの男」に抱かれたいという気持ちが盛り上がるために、濡れやすい体質になっていくということ。ですから女性を濡らすためには男性は芸能人と同じくらい愛される必要があります。かなりハードルが高いですが、狙っている娘がジャニオタだったら、アナタで濡れるかはさておき、濡れやすい女性になってくれるかもしれません。

「好きな男優や歌手の写真を枕元に置いて眠る習慣をもつと、男に抱かれたい欲望が、いつのまにか記憶される」と話す櫻井さん。
男性がアダルトビデオをみて、性的興奮を高めることと同じ発想ですね。過激な性的描写に耐久がない、という方は、まずはクリーンに好きな芸能人の写真をベッドの中でながめることから始めてみましょう。
引用:性交痛が軽減!濡れやすい女になる方法:ウーマンエキサイト



  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る