1
AV女優・範田紗々の全て(現在の状況・画像・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

AV女優・範田紗々の全て(現在の状況・画像・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

14,020 views

2006年にSODクリエイトからAVデビューをした範田紗々さん。現在はAV女優を引退してタレントとして活躍されています。今回は、そんなAV女優・範田紗々の魅力を大解剖。SOD大賞など数々の賞を受賞したAV女優時代の活躍ぶりを振り返るとともに、無修正動画の有無、年収などWikipediaでは触れられないようなパーソナルな一面にも迫っていきます。


AV女優・範田紗々のプロフィールやスリーサイズ




女優名 範田紗々
身長 158cm
体重 --kg (非公開)
バスト 90cm(Iカップ)
ウェスト 59cm
ヒップ 85cm
生年月日 1985年4月18日

範田紗々(はんだ ささ)さんは、1985年4月18日生まれ。出身は南の島・沖縄県になります。育ちは横浜です。元グラビアアイドルだけあって、超ド級のスリーサイズです。現在でもこれだけ完璧なスタイルの女優さんはそうはいません。

当時はこのすごいスタイルは本当に話題になりましたが、当然ですよね。売りは何と言ってもIカップのおっぱいです。こんなに大きいおっぱいにも関わらず、形もきれいで、乳首も程よい大きさで色もきれいです。ほとんど漫画にしか出てこないようなスタイルで、一気に人気が爆発しました。

さらに顔はアイドル並みのクオリティ。笑顔もかわいくて性格も良さそうです。AV女優を引退してもまだ芸能界で活躍しているということはスタッフの受けもよかったのでしょう。すべてが完璧なAV女優さんと言っても過言ではありません。こんな子のセックスが映像で手軽に見れる世の中に生まれて本当によかったと思います。


AV女優時代の範田紗々の経歴




現在も文化人として大活躍中の範田紗々さんですが、それもこれもAV女優時代の華々しい活躍ぶりがあってこそでしょう。そこでまずはAV女優時代の経歴についてデビューから引退までをまとめてみました。


グラビアやタレント活動を経て、2006年7月にAVデビュー


範田紗々さんは、AVデビュー以前はグラビアアイドルやテレビなどで活躍をしていました。2002年の頃からメディアに出始めていましたが、当時は「春山ちえり」という名義で活動をしていました。

「範田紗々」に改名したのは2005年。まだAVには登場しておらず「やりすぎコージー」や「給与明細」などのテレビ番組に出演。「やりすぎコージー」では初代・やりすぎガールとして番組を盛り上げました。

その後、「FLASH」でグラビアを飾ったり、Vシネマに出演したりといった活動を重ね、2006年にヌードを解禁。濡れ場を演じ、ヌード写真集を発売し、徐々に露出が激しくなってきたころ、満を持してAVデビューに繋がるのです。

AVデビューは21歳の時になりますので、比較的遅咲きと言えます。いきなり【SODクリエイト】の専属女優に抜擢され、エロDVD『芸能人 範田紗々デビュー』がデビュー作となりました。


数々の賞を受賞するトップAV女優に


芸能人からAVデビューを果たした範田紗々さんは、AV女優としてすぐに頭角を現します。デビューした2006年ですぐに第5回SOD大賞と最優秀新人女優賞、さらに優秀女優賞を受賞。そして翌年にはデビュー2年目の若さながらSOD大賞の最優秀女優賞を受賞してしまうのです。

彼女の作品の特徴といえば、全てタイトルに「芸能人」という冠言葉がつくこと。「 芸能人 範田紗々 激痴漢地獄」、「芸能人 範田紗々×コスプレデジモ5連発」など、芸能人として活躍した彼女の経歴を生かした作風を前面に押し出していました。


2010年7月に惜しまれつつも引退


知名度・実力ともに抜群だったAV女優・範田紗々さん。しかし、2010年7月に「芸能人 範田紗々 AV引退」の発表をもって、AV業界に一区切りをつけてしまいます。彼女のエロビデオをもう見れないと感じたファンからは、引退を惜しむ声が続々と聞こえてきました。








引退してその後、範田紗々の現在の状況は?




範田紗々さんはAV女優引退後も、表舞台からは去ることなく、メディアなどに登場し続けています。彼女はTwitterでも近況を更新しているので、現在の状況を知るには彼女のSNSをチェックするのが一番です。

今の活動をいくつか紹介していきましょう。



2019年3月時点で固定されている投稿です。これだけのイベントや企画に出演している彼女はとてもタフですね。



写真展の告知ツイート。毎日在郎するということは、生の彼女に会えるチャンスでもありますね。



話術が巧みで、トークショーをよく開催されています


範田紗々について、気になる噂やエピソードを調査




続いて範田紗々さんにまつわる気になる噂やエピソードを紹介していきましょう。マルチな活躍を見せる彼女ですから、その多才ぶりに要注目です!


範田紗々は無修正動画を解禁している?


芸能人・範田紗々さんの無修正動画があればかなり貴重ですよね!彼女のモロ見えのまんこが映り込んでいるビデオがないか、panpanでは調査しました。しかし、隈なく探したところ、残念ながら無修正モノは見つからず。

しかし、代わりにまんスジやビラビラが見えちゃっているモザイク激薄動画なら発見することができましたよ!それらの動画については下記の記事でまとめておりますので、ぜひリンク先へと訪れてみてください。

〇関連記事
範田紗々の無修正動画がついに流出?まんスジもビラビラもモロ見え!


範田紗々がAVを続けたのは家族愛を感じたから


範田紗々さんはAV女優を選んだ理由の一つに事務所のスタッフに「家族」を感じたからと本に書いています。

AV業界入りしてから何かと世話を焼いてくれる事務所のスタッフに『家族』を感じたのだという。
「紗々が風邪をひいて寝込んだりするじゃない? プロデューサーがね、家にお見舞いにきてくれるの。相手は仕事なんだろうけど、家族みたいな存在だって紗々には思えたのね」
範田紗々は、この場所なら「家族を作れるかもしれない」と思って、AV女優の道を選んだ。
引用:exciteニュース


どうやら範田紗々さんの家庭はあまり良いものではなかったようです。家庭に憧れていた範田紗々さん。その家庭を感じたのが、事務所のスタッフだったそうです。何か泣ける話ですね。どんな形でも自分の居場所が見つかって良かったです。


範田紗々が「読者が選んだ好きなDJランキング」にて全国2位になる


実は範田紗々さんは以前ラジオのDJをやっていたことがありました。その番組がかなり面白かったので、人気があったのです。

2011年10月、月刊ラジオライフ編 ラジオ番組表 2011年秋号(三才ブックス、ISBN 978-4861993985)の『読者が選んだ好きなDJランキング』にて初登場全国2位にランキングされる。
引用:ウィキペディア


残念ながら、現在は終わってしまいましたが、全国2位になっていることで彼女の才能がわかるのではないでしょうか。ラジオは映像が一切使えませんから、喋りだけで勝負しないといけません。範田紗々さんのような若くてかわいい人でも容姿が武器にならないのです。それで全国2位はすごいですよね。


範田紗々がベストセラーの映画化作品に出演!


範田紗々は2013年に大ヒットとなった映画「凶悪」に出演しました。この映画はモントリオール世界映画祭へ出品。世界にデビューすることになったのです。

2013年9月、映画『凶悪』に出演。作品がモントリオール世界映画祭へ出品された為(ただしノン・コンペティション部門)、海外映画祭出品作品への初参加となった。
引用:ウィキペディア


このレベルになると「元AV女優」とかもう関係ありません。もはや完全に「女優」と言って良いでしょう。しかし、AV女優からここまでの作品に出て、有名になれる時代になったのですね。範田紗々さんは一つの夢の叶え方を示してくれた女優さんでもありますね。


範田紗々の年収は?


もうすでにAVは引退してしまった範田紗々さんですが、現役の時の収入はどの程度だったのでしょうか。あれだけの人気があったのですから、当然少なくはないと思うのですが、どうなんでしょうね。

範田紗々さんの場合はSODクリエイトと専属契約をしていたので、専属女優の相場で計算をしたいと思います。専属女優のギャラは1本50万円~100万円が相場と言われていますので、そちらで計算すると・・

彼女の場合、2009年は13作に出演していますので、

13本×50~100万=年収650~1300万

と計算ができます。いかがでしょうか。思ったより少ないですね。あれだけの売れっ子なので、もっと稼いでいると思っていました。

しかし、彼女の場合は、AV女優としての仕事以外にも映画、テレビ、ラジオ、ビデオの出演もあったので、トータルの収入はこれの倍以上あった可能性もあります。そう考えるとまずまずの収入と言えるのではないでしょうか。

それに彼女の場合は、引退してからも芸能界に残って仕事をしているので、今もかなりの収入を得ているので、これで十分の収入かもしれませんね。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る