1
人気のスポット・ゴールデン街がかつて「青線」と呼ばれていた理由

人気のスポット・ゴールデン街がかつて「青線」と呼ばれていた理由

293 views

1958(昭和33)年に『売春防止法』が施行されて、『売春は全面禁止』となりましたが、それ以前、『公認の売春宿が立ち並ぶ地域』を俗に赤線地帯「赤線」、『非公認の地域』を青線地帯「青線」と呼んでいました。新宿の『ゴールデン街』はその昔、『非公認の売春宿が立ち並ぶ青線地域』だったのです。


ゴールデン街の歴史





戦後、間もない頃、新宿駅東口付近で『竜宮マーケット』と呼ばれる大きな闇市の屋台が軒を連ねていました。昭和24年、その闇市に対してGHQ(連合国最高司令官総司令部)は占領政策として露天商の撤退を求めました。露天商の人々は、区画整理に追いやられるような形で、現在の『ゴールデン街』の場所に移動し商売を始めたそうです。




同じく元々遊郭だった新宿2丁目付近で露天商をしていた人々もそちらに流れ、『花園街』と呼ばれる地域が誕生しました。この『元竜宮マーケット』と『花園街』を総称して、後に『ゴールデン街』と呼ばれる街が誕生したのです。


『赤線』と『青線』の違い


現在の常識では考えにくいかもしれませんが、今からほんの60年ほど前に『売春防止法』が施行されるまでは、日本は国が『売春行為を許容』していたのです。特殊飲食店として『売春行為を許容、黙認する地域』を、地図上で赤い線で囲んだことから、俗に『赤線地帯』、『赤線区域』と呼び、売春婦に対し、週に一度の『性病検査』を実施し、衛生的にもしっかりと管理がされていたようです。

それに対して特殊飲食店の営業許可なしに非合法に売春行為をさせていた地域を、地図上で青い線で囲んだことから、俗に『青線地帯』、『青線区域』と呼んでいました。こちらは『性病検査』もなく、危険なことも多かったと言われています。しかし、『赤線』に比べて『青線』の方が料金が安く、賑わいを見せていたということです。


『青線』の建物の特徴





今もその佇まいが残る『ゴールデン街』ですが、その建物には特徴があります。これは、非合法の売春宿ゆえの造りなのです。建物の多くは、1階が飲食店、2回が住居、3階が売春が行われる部屋という造りになっていて、抜き打ちで警察が偵察に来たとき、3階の屋根から外へ逃げられる構造になっていたそうです。




外国人観光客も多数訪れる、今やすっかり人気のスポットですが、このような歴史に思いを馳せて特に3階部分に注目してみるのも面白いかもしれませんね。





そしてゴールデン街は今も活気あふれる街





『青線』としての街が終息した後、昭和40年代には、『文化人の集まる街』として、『ゴールデン街』という名称が知られるようになりました。バブル期にはこの一帯の土地の値段が高騰し、店を手放す人も多く、一時はゴーストタウンのようになった時期もあったそうです。しかし、バブル期後のインフラ整備の効果が表れ、街は再び光を取り戻し、近年ではこの地に店を出したいという若者が続々と現れ、『ニューウェーブ』と呼ばれる若く楽しい店がどんどんニューオープンしているそうです。

『敷居の高い店』が多いともいわれるゴールデン街で、比較的、初心者でも入店しやすいというお店などをネットやガイドブックでチェックし是非とも訪れてみたいものです。


いかがでしたか?歴史の勉強にはあまり興味がない方も、この街の魅力に付いては、深く知ってみたいと思われたのではないでしょうか。お近くの方は是非、お出かけになってみてくださいね!

以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

関連記事
吉原の遊女たちが使っていた、男が本気で惚れる極上の恋愛テク
【2017年】渋谷デリヘルの全店満足度調査結果!総合ランキングTOP86【口コミ裏風俗】

セックスしたいならラブホは使うな!『ネカフェ』に誘うだけで、超簡単にセックスができる出会いの裏ワザ

風俗で本番セックスすると、ホテル代込みで2~3万円。月に1回~2回も行けないですよね。

ヤりたいと思ったときに、近所にセフレがいれば便利と思ったことありませんか。相手の家や近所の漫喫・カラオケでセックスしたい。

最近、ネカフェのペアシートが出会い系のセックス部屋になっています。


【ラブホ消滅】ネカフェで"セックス募集中"の女性と出会う方法とは

インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり出会いを募集します。

そんなエロい女性が使っているのが、匿名可能なJメール【R18】というサイト。


Jメールが女性に人気の理由は、
・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
18年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人いています。


Jメールがセックスできる女性と出会える理由

Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てください。


全国の即会い希望のエッチな女性の書き込みが大量にありすぎてビビります。その数なんと1時間で200投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題

「会う約束=セックス」が当たり前なので、最初に大量にメッセージを送って都合の良い子と会うのがコツ。

「ラブホ」は女性の警戒心を高めるNGワード

メッセージのやりとりで失敗する人は、待ち合わせを「ネカフェ」にするだけで警戒心がなくなりびっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

直球でラブホに誘ってしまうと、"ホテルにカメラを設置されていないか""襲われないか"と警戒心を感じてハードルが上がってしまいます。


あとは、ペアシートでイチャイチャしながらセックスへ持ち込みましょう。
「ネカフェ行かない?」と誘うことがセックス率アップの秘訣

【快○クラブ店員暴露】ネカフェでペアシートの80%以上が"セックスしている"


ネカフェの掃除で嫌なことはコンドームの処理です。その数なんと全体の8割以上。


その中で、一緒にきている人の関係は"初めて会う人"が7割を超えています。ネカフェセックスが定番化しています。


最近では、コンドームの片付けを促す表示までされています。

Jメールを使ってみたら慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人とネカフェセックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

1ヶ月で7人と24回セックスしました。これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くのネカフェでセックスができる女性を探す方がコスパ◎。

そのままセフレ関係に持ち込めることが多いです。セフレ関係を求めてくる女性は相当エロいので、自宅やホテルで普段できないハメ撮りなどお願いするとほとんどOKしてくれます。



今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大64%オトクになるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る