キャバクラなどで、ぼったくりに遭ったときのベストな対処法4選

キャバクラなどで、ぼったくりに遭ったときのベストな対処法4選

790 views

この記事を書いた人
panpan風俗調査隊
あじろ編集チーム
美大卒業後、雑誌とWEBのライターとして7年間活動。現在はpanpanにて風俗実態調査のチームを任されています。もともとセックスに熱心だったことと、M性感が異常に好きなことを認められてリーダーに昇格。とはいえメンバーは私含めて3人しかおらず、ほとんど自分で現地に行って記事を書いています。天職とはまさにこのことw
キャバクラなど夜のお店で女性遊びをする場合、できるだけ安いお店を利用したいですよね。しかし最初安い金額を提示してくるお店はぼったくりバーの可能性があるので注意が必要です。そこでキャバクラなどでぼったくりに遭ったときのベストな対処法をいくつか紹介していきましょう。


ぼったくりバーで被害にあったらすること


ぼったくりバーで被害にあったらすること

キャバクラなど女性と一緒にお酒を飲むことができるお店の中でボーイやキャッチの男性から数千円の金額を提示されて利用してみたら数十万円の料金がかかったなんて話を聞くことがありますが、このようなお店のことをぼったくりバーと言います。

そして一度利用して被害を受けてしまったらまず正当な請求額分だけ支払ってそれ以外は絶対拒否することが大切です。お店側は恐喝まがいの口調でひたすら取り立ててきますがそれはただの脅しなので断固強い姿勢を示して対処することが大切です。少しでも躊躇する仕草を見せてしまうとさらにつけ込まれてしまうことになります。


相手の主張は一切無視が攻略のカギ


相手の主張は一切無視が攻略のカギ

ぼったくりバーでお店側が不当に高額請求してきた場合、いろいろな主張をしてきます。例えば「飲み食いした分は払え」だとか「提示した金額は最低額でその他いろいろ料金が加算されたらこの額になった」などなど。それらしきことを言って支払いを強要してきます。ですがそれらはすべて虚言なので一切無視して対応するのが攻略のカギです。またしつこいようであれば「裁判所に訴えてもいいですよ」などふっかけてみるといいでしょう。お店側も最初から請求できる権利がないことを把握しているので訴えてくることはないからです。


タイミングを見計らって警察に通報


ぼったくりバーの中にもしつこく不当請求してきてなかなかお店から出させてもらえない場合は警察の力を借りることが考えられます。ただ警察は基本的に民事不介入なのでお店の金銭絡みのトラブルに対応することはできません。そのため不当請求されていると警察に通報してもお店側は動かないことが多いです。

そこで警察への通報は明らかにお店から出させてもらえなくなった時を見計らってからするといいでしょう。このような場合「監禁」に当たり、刑事の問題となるため警察も動いてくれます。さらに体に手を触れてきたら「暴行」に当たるのでこれを理由に通報してもいいでしょう。


弁護士を利用してぼったくりバーのお店と法律的に白黒つける


不当請求に納得がいかずこちらが一切妥協しないという対応を見せた時、お店側も一歩も引かないという場合もなくはありません。このような状況になるといつまで経っても争いがおさまらないので法律的に白黒つけるのが一番です。そのため法律の専門家である弁護士を利用して代わりに交渉してもらえばうまく対処することができるでしょう。

ぼったくりの被害に遭ってしまった場合、お店側から恫喝されたりするため、少なからず怖い思いをするでしょう。ですが上記の方法で対処すれば事なきを得ることができます。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
30秒で分かる!キャバクラ・風俗店でのぼったくり対処法【歌舞伎町】
風俗でぼったくりに合わないために絶対に覚えておくべき4つのこと

デリヘル嬢に「本番交渉」するより超簡単!風俗より10倍安くセックスする方法とは

デリヘル嬢に交渉して本番セックスさせてもらいたい。しかし、交渉する勇気がない。ソープで本番セックスしたいけど値段が高い。

実際、デリヘル嬢に交渉してOKをもらっても、安くてもホテル代込みで3~4万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場で本番セックスさせてくれるセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・出張先のビジネスホテルで。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】たった1時間で風俗より10倍安く!本番セックスをする方法とは

男性同様、セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

風俗を探しているだけで1時間くらい経つことありますよね。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそりセックス相手を募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?


セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前やビジネスホテルで待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気の3条件

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
10年以上も運営をしている老舗で登録者も600万人いています。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人と14回セックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパ良いですよね。


たった1時間でセックス募集の女性と出会う方法!狙い目はエロ動画掲示板

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者。セックスがこんな簡単にできる世界があったのかと呆然。アダルト掲示板からの返信率は多いですが、時間帯に左右されます。一番の狙い目はエロ動画掲示板です。


エロ動画掲示板は、オナニー真っ最中のエロい女性がほとんど。ここからは筆者の経験ですが、オナニー中の女性は携帯を使ってエロ動画を見ています。そのため、携帯を常に持っており、こちらからのメッセージにすぐ気がつきます。

女性はセックスを我慢できない状態なので、返信率がさらに高くなる。

筆者はこの方法で7人中4人の女性とセックスしました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.44倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、のぞいて見てください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス。

緊急速報!まもなくポイント増量キャンペーンが終了


残り

セフレが数人欲しいなら、ポイント増量キャンペーンをお得に利用してみてください。

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る