1
AV女優・浅倉舞の全て(現在の状況・風俗勤務情報・画像・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

AV女優・浅倉舞の全て(現在の状況・風俗勤務情報・画像・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

34,830 views

1990年代に飯島愛など共に90年代前半を代表する人気AVアイドルの一人であった浅倉舞さん、バブルが弾けて効果気味だったAV業界を支えていた一人だと言われています。当時の彼女のAV作品に何度もお世話になったという方々も少なくはないのではないでしょうか。今回は彼女のAV時代から現況も含めて大解剖いたします。


今だけ!期間限定でAVが無料で見放題に!! 楽天TV 公式サイト
30,000本以上のAVが見放題の「楽天TV」が今なら""""完全無料""""で配信中!

今やAVは無料サイトでも見れますが、広告まみれだったり、ロードに時間がかかったり、AV一本見るのにもストレスを感じがち。さらにはウイルスなどのセキュリティ上のリスクも。
「楽天TV」ならそんなストレスまみれのオナニーライフから解放してくれます。これから紹介するおすすめAV女優も見放題!

登録にかかる時間はたった1分。31日間無料は今だけです!
まずは下のボタンを押して配信作品をチェックしよう!

※31日以内の解約で追加料金は一切発生しません!
配信作品を見に行く

AV女優・浅倉舞のプロフィールやスリーサイズ





女優名 浅倉舞
身長 158m
体重 非公開
バスト 88cm(Eカップ)
ウェスト 59cm
ヒップ 86cm
生年月日 1972年11月8日

彼女は「お嬢様レーベル」と言われているティファニーと専属契約おり、顔立ちなどは清楚な感じですが、体つきはダイナマイトボディでまるで高級クラブのホステスさんのようです。

そんな彼女のギャップが当時の男性にはたまらず、デビューしてからあっという間に人気AV女優へと上り詰めました。オッパイの大きさはEカップでめちゃくちゃおっきいわけではないのですが、お嬢様らしいキレイなオッパイに魅了された男性は多数いることでしょう。


AV女優時代の浅倉舞の経歴


葉山レイコ・星野ひかるに続くティファニーの看板AV女優となったのが浅倉舞ちゃん、お嬢様フェイスにエロいボディのギャップが堪らずデビュー後人気AV女優となりました。同じ90年代前半のAV業界を支えた女優として白石ひとみや飯島愛・憂木瞳といったそうそうたる顔ぶれと並んでいるほどの女優さんです。

ここからは彼女のAV女優時代がどんなものだったのかデビューから引退するまでを追っていきます。


1992年、19歳の頃にAVデビュー





ティファニーの看板シリーズであり当時人気のあった葉山レイコや星野ひかるなどが出演してた「処女宮」シリーズに出演しAVデビューした浅倉舞ちゃん。デビュー当初のキャッチコピーは「衝撃度は、葉山レイコを凌ぎ/過激度は、星野ひかるをも超える」といった感じで、人気AV女優を上回る逸材としてデビューしました。結果的に90年代前半を代表するような人気AVアイドル呼ばれるほどの存在となりました。


アイドル的な魅力で活躍


飯島愛や白石ひとみらと共に人気があり徐々にAVアイドルとして活躍の場を広げていった浅倉舞ちゃん、デビューから95年までで出した本数は40本となっています。これらすべて芳友舎系レーベルからのリリースとなっており、AV不況の中で芳友舎を支えたAV女優さんとして語られています。

40本作品を出していますが、複数キャストのレーベルであるエイトマンにも器用されてたことが多く、彼女単独名義の作品はあまり多くはないです。


1995年に引退するも、1999年に一度復活


95年まで40本も作品を出していた浅倉舞ちゃんですが、1995年に一度引退、その後はなんと吉原のソープでソープ嬢として働いており、これについては後ほど詳しくご紹介いたします。

引退に関して彼女自身から何かしらの理由がわかるようなものはないかと探してみましたが、特に理由を語っているようなものは見つけられませんでした。95年に引退したものの4年後の1999年に1度だけ復活、短期間活動しただけでしたが話題となっていました


1999年9月に完全に引退


復活した1999年にはAVを8本、Vシネマを1本ほど出して、9月には完全に引退し、ファンから惜しむ声がたくさん見られました。同年の1月に「Revival」という作品で復帰した際に容姿は4年前より円熟味があったものの根強いファンからは歓迎されました。

女性はたった4年でも変わってしまう人は変わってしまうので、それでもファンに歓迎された彼女はかなり人気があったと言えます。


引退してその後、浅倉舞の現在の状況は?


1999年9月に完全引退となった浅倉舞ちゃん、引退後彼女がどうなったのか、彼女のファンならば気になる人は多いはず。彼女の引退後の現況を追跡できないかどうか調べてまいりました。彼女にはブログなどがないためはっきりとした現状はわからず、噂程度ではありますが現況を少しだけ知ることができました


浅倉舞は現在、元気に暮らしているとのこと


Yahoo!知恵袋からの情報ではあるものの週刊誌に載っていた情報ということで信憑性は高いと思いますが、舞ちゃんは現在元気に暮らしているそうです。

残念ながら飯島愛さんは既に鬼籍に入りましたが、某週刊誌によりますと、浅倉舞さんはお元気だという事です。
引用:Yahoo!知恵袋


同じ90年代前半に活躍していた飯島愛さんは自殺してしまいましたが、舞ちゃんは2015年には生存されていたようです。現在は46歳で熟女となる舞ちゃんですが、あれだけ人気のあった女優さんなので、ご存命でAV業界に復帰してくれればなと思います。


過去の作品は復刻版として発表されている


舞ちゃんは90年代前半に活躍していたので、作品はほぼVHS限定となっていますが、彼女の作品を集めた復刻版が老舗AVメーカーである「h.m.p」から「殿堂入り」シリーズとして発売となっています。

「50~60代が主な購買層で、アダルトビデオが普及した時代に独身時代を過ごした人たちから“昔のAVをもう一度観たい”ということで強い支持を受けています」
引用:NEWSポストセブン


購入しているのは舞ちゃんが現役だった時代に20~30代でバリバリ働きながらAVを嗜んでいた人たちで、VHSでしかなかった彼女の作品がDVDになってると知って購入しているようです。こういった点を見ると、未だに彼女の人気が衰えてはいないことを実感させられますね。


浅倉舞について気になる噂やエピソードを調査


バブルの絶頂から弾けて降下までしていった90年代前半に活躍していたAV女優浅倉舞ちゃん、彼女の現況に関しては辿るすべ自体ほぼありませんでした。今度は彼女の過去に関して、何かしらの噂話やエピソードがないかどうか調べてみました。いくつか彼女に関して興味深く面白い話が見つかったのでご紹介していきます。


浅倉舞の無修正動画が流出している?


まず、彼女のエピソードや噂話を調べている最中に目について気になったのが、彼女が無修正作品をメーカーから出している、または流出しているといった類の話でした。実際に無修正作品がないかどうか調べてみましたが、メーカーから販売されているようなものはありませんでした。また、無修正動画の流出が無いかどうかも調べましたが、当時はVHSしかなかったこともあってそういった流出もありませんでした。


引退後に吉原でソープ嬢として働いていた!


AV引退後、舞ちゃんは実は吉原ソープでソープ嬢で働いていたという話が存在しています。

浅倉舞は一時吉原で接客業をしてましたが、今はどうしてるんでしょうねぇ?懐かしいです。
引用:Yahoo!知恵袋


吉原のソープで彼女らしき女性を見たといった話があるものの実際に体験したという人の話がないため、本当に働いていたのかどうか定かではありません。お嬢様路線で人気のあった彼女がなぜソープにいってしまったのか理由そのものが気になってくるところですね。


浅倉舞のAV出演は両親公認だった


舞ちゃんが現役であった90年代前半、当時はグラビア活動などでAV出演を公にはしない「パブNG」のAV女優が増加していました。そういった時代にもかかわらず、彼女はなんと両親公認でAV女優として活動し作品もしっかりと発売しています。

90年代に活躍した浅倉舞は親公認で積極的にメディアに露出したらしいです。
引用:Yahoo!知恵袋


当時のAV女優さんの引退理由が「親にバレたこと」だという人も多かったのですが、彼女の場合は親公認であるため親バレでの引退ではなかったということがわかります。


メジャーリーガー・松井秀喜も浅倉舞の大ファンだった


当時AV業界自体は下火ではあったものの人気のある女優さんにはファンもかなり多く、中には芸能人がAV女優のファンであること明かしている例もありました。舞ちゃんにも有名人のファンが存在しており、その中のひとりにはなんとあのメジャーリーガー松井秀喜さんもいます。

巨人時代からAVが大好きでね。遠征先でも暇さえあれば観ている。これはもう、趣味の域を超えています。大昔は浅倉舞や有賀美穂が好きだった
引用:週刊実話


舞ちゃんが引退後に吉原のソープで働いていることを知った際には松井さん本人が「そのソープに行きたい」とまで言ってしまうほどの彼女のファンです。


浅倉舞の年収は?


バブルが弾けた直後だとはいえそれでも売上はよく、当時のAVのギャラは今よりもかなりよかったと考えられる90年代前半、舞ちゃんが年間でどれぐらいもらっていたのか気になりますよね。彼女が作品を出していた1993年、この年はティファニーまたはエイトマンで作品を出しており、専属契約だと思われるため、1本50万~100万で彼女の人気を考えると1本100万が最低だと思われます。

93年で出した作品本数は10本であるため、100万×10本の1000万となりますが、90年代当時だとこの倍はもらっていてもおかしくないで、1年で2000万も稼いでいたと考えられます。


浅倉舞のSNSを徹底調査!Twitterやインスタグラムはやってる?


今のところ現況がわからない状態の浅倉舞ちゃん、もしかしたらTwitterやインスタグラムをやっている可能性があると思い調べてみました。結論か言うと彼女のTwitterアカウントもインスタグラムアカウントも見つけることができず、彼女の現況を知るすべはまったくなくなってしまいました。代わりに彼女のファンがTwitterで可愛い画像をあげていましたので5枚ほど紹介していきます。




90年代前半当時販売されていたアダルトビデオ雑誌「ベストビデオスペシャル」の表紙画像、当時大人気だった舞ちゃんがかわいいワンピース姿で表紙を飾っています。




舞ちゃんが出したアダルトビデオのジャケット画像、今にもオッパイが丸出しになってしまいそうな下着姿が堪りません。




舞ちゃんの過去作を集めてきてAVメーカー「h.m.p」が発売した「殿堂入り」のジャケット画像、手ぶら姿の舞ちゃんに中身を見る前からちんぽがギンギンです。




赤いセクシーな下着姿の舞ちゃん、ブラ紐をすでに肩から外している状態でセックスするための準備は万端といった感じです。




舞ちゃんの作品内でのディープキスシーンをキャプチャーした画像、男優さんとの濃厚なキスシーンを見ているとまるで自分とキスしているかのような錯覚を起こします。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る