1
最高の夜遊びができる台湾の風俗完全ガイド【2016年版】

最高の夜遊びができる台湾の風俗完全ガイド【2016年版】

221,085 views

日本の性人男子諸君、こんばんは。台湾の風俗で働く女性は日本語が話せることが多く、そして日本人好みの美人な女性も多いので、最近は日本人の間で人気ですよね。今宵は台湾の風俗で、現地の可愛い女の子と気持ち良いことをしたいみなさんのために、台湾の風俗情報をまとめました。


台湾の風俗といえば林森北路





台湾の風俗と言えばまずは「林森北路(りんしんほくろ)」を思い浮かべる人も多いでしょう。ここには店名をカタカナで記載している日本人向けのクラブがあったり、ポン引きのおじさん、おばさんが日本語で話しかけてくる場所でもあります。



地図で確認するとこの南北に走る通りが林森北路となっていますよね。ここが台湾風俗の性地もとい聖地になっているのです。


台湾の風俗の料金相場は?


女も爆買い?中国人が大挙して訪れる日本の風俗、その実情とは?

台湾の風俗の料金は、安く済ませようと思えば日本円で1万円(3000台湾ドル)程度で抑えることができます。しかも1万円で本番です。これはまぁまぁ安いですよね。方法としては「ポン引き」と交渉するというものです。

話しかけてくるおじさんやおばさんに「3000ドルで」と言うと「ウチは3500」などと言われたりもするのですが、「3000しかない」と言えば値引きしてくれることもしばしば。ここは3000台湾ドルを目安にしておきましょう。そこからはポン引きが呼ぶ女の子を気に入ればホテルへ、気に入らなければ「チェンジ」の一言で気に入る女の子が来るまで待つことになります。

チェンジをするのは気が引けるかもしれませんが、せっかく台湾まで来たのですから自分好みの子と気持ちいいことをしたいですよね。ここはあまり妥協しない方がいいでしょう。ただし、圧倒的にかわいいレベルの女の子はここではあまり出会えないのでご注意を。では圧倒的な台湾美女とHなことができる場所とは……?


台湾美女を求めるならクラブ→お持ち帰り


台湾にある日本人向けクラブは料金としてはまぁまぁ高めです。料金としては飲み代で6000~7000ドル、お持ち帰り(2時間)が8000ドルというのが料金相場です。ちなみにお持ち帰りは翌朝まで延長することも可能ですが、その場合は9000ドル程度が相場ですね。

ということで、料金としては最低でも5万円弱はかかると見ておいていいでしょう。クレジットカードの利用も可能ですが、10%の手数料がかかってしまいます。この値段なら日本のソープでも……。と思ってしまう人も少なくなさそうですね(笑)。

でも、キャバクラで気に入った嬢とやりたいと考える男性は多いと思いますが、台湾のクラブではこれがお金さえ払えば簡単に実現してしまうので、気分的には結構ハイテンションになれます。美人で日本語もまぁまぁ上手い娘が多いので、性欲旺盛なみなさんなら飲んでいる最中から情事を思い浮かべて息子を元気にさせながら愉しむことが可能ですよ(笑)。


台湾のお持ち帰りキャバクラの実態





この方の冗談のようなツイートがありますが、台湾の日本人向けクラブ(キャバクラ)と言えばお持ち帰り有りのところが多いし有名なんです。もちろん飲むだけでもいいんですけどね。あまりそのためだけに利用する人はいません。日本人に人気のあるクラブと言えばやはり「プレステージ」というお店です。日本人好みの美女が厳選されていますので、まず外れがありません。



ちなみに、気に入った子が居た場合は、すぐに店外デートの約束を取り交わすシステムです。予約が入った女の子はその日は接客しませんので、接客してくれる女の子とは誰とでもヤれるチャンスがあるということですね。

予約をした女の子とは一緒に店を出るわけではなく、お店の外で待ち合わせをしてからホテルへ向かいます。建前上はお持ち帰り可能なお店というわけではなく、キャバクラの女の子が客を気に入ったから就業後に……という自由恋愛システムなのでしょう(笑)。これはタイやフィリピンのゴーゴーバーなどでも一緒ですね。もちろん、自分が宿泊しているホテルへ呼ぶことも可能です。



プレステージ以外のお持ち帰り可能な台湾キャバクラの場所はこちらをご覧ください!


海外風俗の醍醐味「サウナ」も充実(金年華三温暖、亞太三溫暖)







ここ「金年華三温暖(きんねんかサウナ)」もご存知の人は多いでしょう。台湾の風俗と言えばサウナを連想する人も少なくないと思います。サウナ、温泉だけを利用することも可能(500ドル)ですが、サウナの奥に続くベッドでヤれるという仕組みになっています。女の子のサービスを利用する場合は料金は4200ドル。1万5千円ほどですね。ゴム有りですが本番可能です。

サウナを出て休憩室へ行くとおばちゃんが「女の子どうですか」と声を掛けてくるので、そこで「お願いします」と言えば個室に案内されるので、そこにやってくる女の子を気に入ればベッドへGOというシステムです。もちろん気に入らなければチェンジは可能です。

サウナはあまり若い女性はいない(30代、40代が中心)ので、若い台湾美女とヤりたい人にはサウナはおすすめできません。値段は張りますがクラブのほうが絶対満足できます。それでもサウナを利用する人が多いのは、テクニックが良かったり、愛嬌の良い女性が多いからでしょう。女性の年齢にそれほどこだわらないのであればサウナはかなりオススメですよ。




金年華三温暖と並んで有名なのがこちらの「亞太三溫暖」です。料金は金年華と同じく4200ドルです。



場所はこちら。台北の中心街にあるんですね~!

金年華三温暖も亞太三溫暖も、行こうと思えば紙に書いたり携帯の画面に打ち込んで見せれば、タクシーの運転手が連れて行ってくれます。街の人に聞いてももちろん教えてもらえますよ。風俗店に行く気満々に見られて恥ずかしいかもしれませんが、台湾の人にとっては日常茶飯事なのでお気になさらず。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓

JメールAD14
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る