「3歩後ろを歩く」江戸時代の女性に学ぶ、男を立てるお作法

「3歩後ろを歩く」江戸時代の女性に学ぶ、男を立てるお作法

225 views

この記事を書いた人
メンズエステで優勝する英傑
MAX明るい子
風俗歴14年・メンズエステ歴7年。風俗に勝ち負けはないが、この夜を最高に楽しめるかどうかは自分自身との戦いである。過去記事にて"初めての店でも絶対に優勝するノウハウ"を公開中。今日も優勝を果たすべく、爪の手入れは怠らない。
「3歩後ろを歩く」なんて言葉は現代の日常では聞かなくなった言葉ですね。でも江戸時代まではそれが当然のことのようでした。そういえば時代劇を観ても、女性は男性の後ろを慎ましやかに歩いていますね。最近は完全に忘れ去られている、江戸時代の女性に男を立てるお作法を学んでみましょう。


「3歩後ろを歩く」ことの真意


「3歩後ろを歩く」ことの真意

江戸時代は現代のように女性に自由はありませんでした。「三従の教え」というのがあり、「幼にしては父に従い、嫁にしては夫に従い、老いては子に従う」というものですが、このような教育をされてきたので女性が自分の意見を主張したり、男と対等に話すなんてことも考えられないような時代でもありました。だから男を立てるのは当たり前だったのですね。

しかし、その真意は、男は立てられることによって、女を守り家庭を守る使命を担わせるわけです。男は大黒柱として、命がけで家族を守るので、女や子供はそれに従わなければなりません。そして背後(内助)から夫を守るというのが妻の役割です。男を立てて、立派にすることは家族や自分の安全にも繋がる大切なことだったのです。


「一人前の女」になるための修行


「一人前の女」になるための修行

江戸時代の教育の機関といえば、寺子屋。ここで一般的な読み書き、算盤を基本教科として習い、これに加えて、茶道、生け花、裁縫を学び、更に芸事(筝曲、三味線、手踊りなど)を習うのが女性の一般的な「たしなみ」でした。

また、町屋の娘は上流社会の屋敷に「武家奉公」に行き、そこで礼儀作法、教養、上品さなどを身につけました。「一人前の女」とは子供を生み母親になることですが、当時の女性はそのための修行を怠らなかったのです。男は仕事に精励し、女は専業主婦になり子供の養育に専念する分業制が確立されていたのです。


「内助の功」で男の運気を上げる


最近では死語になりつつある、「内助の功」という言葉ですが、有名なのは「山内一豊の妻」の話がありますね。普段は慎ましやかに暮らし、いざというときに妻のへそくりで大金をはたき、夫に名馬を買い与え、それがきっかけで夫が出世していくという話です。

昔の女性はただ夫に従い、扶養されるだけではなく、ここぞというときには夫を支え大きな決断ができる芯の強さを持っていなければなりません。「内助の功」を発揮できる女性は、内に秘めた強さや冷静さ、賢さというものも必要なのですね。


男を男らしくさせるのはやはり女の力


現代は女性も男性に肩を並べて活躍できる社会となり、男性に頼らなくても自立できる強い女性が増えてきました。「3歩後ろを歩く」なんてナンセンスと思う女性も多いと思いますが、自分の夫や彼氏には強く逞しい男になってもらいたと思いますよね。それなら江戸時代の女性から男を立てる作法を学ぶことも大切です。「立場が人を作る」という言葉があります。男性を尊重し、立派な男として扱うことで、本当にだんだん立派な男になっていくのです。

女性の本質というのは今も昔もそう変わらないと思います。昔も強い女性も大勢いたと思うのですが、女性がその強さを見せたのは、夫や家族が窮地に陥ったときに発揮されたようです。普段は夫を立て従順に仕えながらも、状況を冷静に見る目で賢く夫の操縦術を心得ていたようですね。現代も昔のこんな女性の姿は大いに参考になるのではないでしょうか。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
こんな女と結婚したい!男を立てる「いい女」の特徴11選
男性を幸せにする、妻の素敵な内助の功 16選

セフレが500円!紗倉まなが暴露したセックステク上達法がヤバい

セックスが上手くなって女性を何度もイカせたい。セックスで女性を虜にさせたい。

そんなことを考えている男性は多いですよね。

セックステクを上達させるには、シンプルですがセックス回数を増やすことが一番の近道。いくらハウツー本を読んでも、実践回数が少なければ上達はしません。


そしてコスパ良くセックス回数を増やすにはセフレを作るのが一番。風俗で本番セックスしようとしたら1回で2~3万円近くは掛かってしまいますからね。

「でも、どうやってセフレを作ればいいの?」って思いますよね。実はあなたが思ってるよりセフレを作るのって簡単なんですよ。

男性が思ってる以上にセフレを作ってる女性は多く、若い女性の53%がセフレがいたという調査結果もあるほど。それぐらい女性って気軽にセフレを作っているんです。

だからセフレ募集してる女性と出会える場所さえ知っていれば、驚くほど簡単にあなたもセフレが作れちゃいますよ。

セフレ募集している男女をマッチングさせるサービス

セフレを探してる女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用するのが最適。

女性は友達からヤリマンだなんて思われたくないので、ネットを使ってこっそりセフレを探しています。

アダルトマッチングサービスは、AV女優の紗倉まながテレビ東京の人気番組「ヨソで言わんとい亭」に出演した際に「AV女優も男探しに使ってる」と暴露し話題になったサービス。



セフレ募集に使われているのが、日本最大級の会員数600万人を超える匿名可能なJメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

Jメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なしと超手軽にセックスできちゃいます。

ちなみにJメールは無課金でも女性と出会うことは可能ですが、無課金ではメチャメチャ頑張っても1人出会えるか出会えないか。

だけど課金さえしたら驚くほど簡単にセックスできるのがJメールの特徴です。

なので手っ取り早く確実にセフレを作りたいなら課金をするのがオススメ

課金額も最低1000円からなので、ラーメン1杯ぐらいの金額でセフレが作れると考えればお得ですよね。

Jメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者数600万人と人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「すぐ会いたい」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

Jメールが女性に人気な3つの理由

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
20年近く運営をしている老舗で登録者も600万人います。


都内には色々なところにJメールが掲載されていて信頼できるのも女性に人気の理由の1つ。


Jメールを使うと慣れれば500円でセフレが作れた

結論として筆者は3000円課金して5人のセフレが作れました。1人目こそ1000円位かかりましたが、メッセージに慣れると1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとJメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが良いですよね。



たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

Jメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で5人のセフレを作りセックス回数を増やした結果、今までとは比べ物ににならないほどのセックステクと自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができるようになりました。

今なら期間限定でポイント購入が超お得

期間限定でポイントを追加すると最大1.25倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定スタートダッシュキャンペーンを利用し、お得にポイントを追加してください!

今なら無料会員登録で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とスタートダッシュキャンペーンはいつ終了するかわかりません。
おトクにポイント購入できる今がチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。
女子大生、人妻、コスプレ好きの女性もたくさんいるので、一度のぞいてみてください。


本日で無料登録とポイント増量が終了してしまいます。気になる方は、オトクに試せるラストチャンス

緊急速報!まもなくスタートダッシュキャンペーンが終了


残り

登録は1分で完了

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る