1
石田ゆり子のセクシーなエロ画像31枚|水着、濡れ場映画など満載!

石田ゆり子のセクシーなエロ画像31枚|水着、濡れ場映画など満載!

315,715 views

石田ゆり子と言えば実力派女優として有名ですね。昔から美しい容姿ですが40歳を超えてもその美貌は変わらず熟女としての色けがプンプンなんです。昔の水着画像から映画やドラマの濡れ場画像・動画まで、石田ゆり子のエロ画像をたくさん紹介します!


女優・石田ゆり子とは




愛知県出身東京都育ち。1969年10月3日生まれの女優。以前はボックスコーポレーションに所属していましたが、現在は個人事務所「風鈴舎」を立ち上げています。愛称はゆりちゃん、いしらさん、りり。

小学校の時に水泳でジュニアオリンピックに出場しています。幼少期の頃は父親の仕事の関係で引っ越しが多く台湾までにも引っ越しをしていました。15歳の時に東京に戻ってきて、高校1年生の時に自由が丘の亀屋万年堂の前でスカウトされモデルとなりました。



1988年NHK「海の群星」で女優デビューを果たし、同年映画「悲しい色やねん」で映画初出演しました。2005年映画「北の零年」では日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞し、実力派女優としてたくさんの映画やドラマに出演しています。

またスタジオジブリ作品では「平成狸合戦ぽんぽこ」のオキヨや「もののけ姫」のサンという重要なヒロインの声優にも挑戦しています。主な代表作は「北の零年」「101回目のプロポーズ」「Dr.コトー診療所」「サヨナライツカ」「悼む人」などがあります。




ドラマ「医師たちの恋愛事情」では熟女ながらに激しい濡れ場を・・・




こちらは2015年4月9日から6月18日までに毎週木曜日22:00~22:54、フジテレビ系「木曜劇場」で放送されたドラマ「医師たちの恋愛事情」での濡れ場シーンの画像です。

石田ゆり子さんは近藤千鶴を演じ、お相手は守田春樹を演じた人気男性俳優・斎藤工さん。ドラマを観ていた人なら必ず絡みシーンがあると思っていましたよね。2人の濡れ場シーンが放送された日のネットでは

「ゆり子何歳だよ!可愛すぎwww」
「不覚にも熟女に興奮した・・・」
「ついにきたー!」

といった歓喜のコメントがたくさん上がっていました。凄く激しい濡れ場というわけではなかったのですが、ドラマとして放送するには十分な濡れ場でした。更に今人気真っ只中の斎藤工さんがお相手という事で女性からは

「いいなぁ・・・ずるい!」
「そこら辺の変な女優なら嫌だったけど石田ゆり子なら許せる」

といったコメントがありました。



こちらはベッドで寝ている画像です。寝てる顔も可愛くセクシー。


映画「悼む人」での濡れ場では・・・?【予告編動画あり】




2015年2月14日に公開された映画「悼む人」では濡れ場を演じるも大コケ・・・?公開前は石田ゆり子の濡れ場がある事でとても話題になりました。

しかし実際の映画での濡れ場シーンは、相手役の井浦新さんのお尻がメインになっていて、肝心の彼女の肌はろくに見えなかったのです。これについてインタビューを受けた際「濡れ場については本当はもっとやらなければいけないと思っています。今の自分にできる限界があそこ」と語っていました。

45歳という事もあり見せるのに限界があったのかもしれませんね。これまで数々の濡れ場を演じ視聴者を満足させていただけに、この映画は残念な結果となりました。露出に規制があったにしても、女優として評価を下げ完全に脱ぎ損になりました。そんな彼女へネット上では「石田の決意が中途半端なんだ」と辛口な声も・・・。


ドラマ「不機嫌な果実」のセミヌード濡れ場♪女優・石田ゆり子のエロ画像




1997年10月9日から12月18日まで毎週木曜日22:00~22:54にTBS系で放送されたドラマ「不機嫌な果実」に水越麻也子役で出演しました。

このドラマではセミヌード姿で激しい濡れ場に挑戦しています。不倫を題材としており、濃厚キスから過激なベッドシーンが放送され、当時観ていた人からすると、とても衝撃的なドラマだったと思います。

この頃28歳の石田ゆり子さんという事もありとてもセクシーな体を曝け出した作品で、世の中の男性を虜にしました。現在からしたら一昔前のドラマになるので古臭いと思う人もいるかもしれませんが、とても興奮を覚えるシーンですので一度は観て頂きたいドラマです。画像を見て変わると思いますがとても美しい石田ゆり子さんのセミヌードが映像として拝めるのです!


  • 1
  • /
  • 5
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る