1
元AKB48増田有華のエロ画像30枚|ゆっぱい(胸)、グラビアなど

元AKB48増田有華のエロ画像30枚|ゆっぱい(胸)、グラビアなど

10,159 views

元AKB48メンバーの増田有華がAKB48を脱退してから2年以上も経ちましたが、AKB48を去ってからの増田有華の活躍は目覚ましいものがあります。AKB48を離れても活躍できる彼女の魅力は何なのか?そこで今回は増田有華のこれまでの経歴やエロい画像をまとめましたのでご覧ください。


元国民的アイドル・増田有華とは


増田有華はAKB48のメンバーの中で一番の実力の持ち主だったという方が多いです。それを聞いて疑う方もいると思います。その信憑性(しんぴょうせい)を探るため、彼女の今までを振り返ってみましょう。




増田有華(ますだゆか)は元AKB48メンバーで、現在は、女優、歌手として活動をしています。生年月日は1991年8月3日の年齢は24歳、出身地は大阪府大阪市淀川区、血液型B型です。身長164cmのスリーサイズB82W63H88。カップサイズは非公開であり、ネット上ではDカップ、Eカップ、Fカップではないかと、いろいろな憶測がされています。いずれにせよAKB48内でも巨乳であったことは間違いありません。

愛称は「ゆったん」。キャッチフレーズは「笑顔ニコニコ、元気モリモリ、たこ焼き『めっちゃ好きねん』大阪魂炸裂の21歳になりました増田有華です」です。このことから愛称は「たこやき」というのもありました。


高視聴率テレビ番組で紹介された小児がんからの奇跡の完治





ドキュメンタリー番組「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)で増田有華が起こした奇跡が紹介されました。

2歳の頃に小児がんを患い、すでに膵臓、脾臓、肝臓など14カ所に転移していました。広範囲にわたっていたため手術は困難で、さらに先天性の免疫不全であり、免疫力は通常の人の3分の1しかない状態でした。よって、抗癌剤治療の選択は出来ず、ただ免疫を強化する薬を投与するしか方法はありませんでした。

両親は病室の中でも歌などを歌って聞かせて、自宅にいるような雰囲気作りに努力し、増田有華は父親が弾くギターに合わせて楽しそうに歌っていました。すると、体調が回復し一時帰宅を許可されたのでした。それから数カ月後、有華さんの体からは腫瘍が消滅していました。抗癌剤を使わずに腫瘍が消滅するのは通常考えられず、非常に稀な例だということです。増田有華はこの経験があったことから、歌手になることを夢見ていました。


圧倒的な歌唱力でいたるところで名前を馳せた増田有華





AKB48加入当時の増田有華です。2006年2月にAKB48第2期オーディションに合格後、4月1日に新しくできたAKB48チームKの一員として劇場公演デビューを果たします。

AKB48のオーディションに応募する前に、愛読していた雑誌「melon」(祥生社)のモデルオーディションに応募し、合格していましたが、幼少期より歌手を志し、小学生だったころからボーカルレッスンを受けていたこともあり、歌手の夢が諦め切れられず写真撮影を躊躇している間に雑誌が休刊になってしまったという経緯があります。




「BSジュニアのど自慢」でグランプリを獲得したこともあり、他には地元のカラオケ大会の賞を総なめするほどの実力を持っていました。


AKB48総選挙が始まってから人気が証明された増田有華





彼女がAKB48の中で存在感を出してきたのは、2009年7月8日に開票された「言い訳Maybe」(キングレコード)の選抜メンバーを決めるAKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」で25位なったことです。この時は16位までの選抜メンバーには入らずカップリング曲のアンダーガールズ入りではありましたが、この時1,247票を得て、出馬した98名の中で上位の人気メンバー入りを果たしています。


アイドルとして根強い人気があった増田有華





その後の総選挙での獲得票数と順位は、「ヘビーローテーション」の選抜メンバーを決めるAKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」では獲得票数4,137票で順位は25位、「フライングゲット」の選抜メンバーを決めるAKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」では獲得票数14,137票で順位は20位、「ギンガムチェック」の選抜メンバーを決めるAKB48 27thシングル選抜総選挙 ~ファンが選ぶ64議席~ は獲得票数13,166票で順位は26位となりました。

この獲得票数と順位から、第3回から第4回を除きコンスタントに獲得を増やしており、彼女の安定感ある人気ぶりを表しています。AKB48を卒業するまでに上位16位に入ることは一度もなかったのですが、人気の上下が激しいAKB48グループ内の選抜総選挙でリリースするCDで常にアンダーガールズ、または選抜に入る安定感あるメンバーはあまりいません。それだけ、増田有華には根強いファンがいるということです。


増田有華が最も輝いていたのは2011年





増田有華が最も輝いていたのは2011年。2月27日にAKB48の秋元才加・梅田彩佳・宮澤佐江と4人で、ユニット「DiVA」(ディーバ)を結成しました。

コンセプトは「AKB48発ダンス&ヴォーカルユニット」として4枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしました。歌唱力やダンスに定評のある彼女にとってAKB48のときとは違う一面を見せることができ、さらに新たなファンを獲得することができました。増田有華がAKB48を卒業した後も、2014年8月には再びDiVA復帰しましたが、2014年11月30日のプレミアムラストライブおよび個別握手会をもって解散しました。

また、2011年6月9日に開票されたAKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」において、このとき上位21名が選抜、そしてその中の上位12名がメディア選抜という内容で、増田有華は20位に入り総選挙で初めてシングル選抜入りすることができました。こうして、アイドルとしての増田有華は徐々に成長するものだと思われました。


  • 1
  • /
  • 7
  • >
この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
風俗より10倍安く
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



風俗より10倍安く








TOPに戻る