1
「絶対ヤバい」と話題のNHK高校講座保健体育、理由は壇蜜!?

「絶対ヤバい」と話題のNHK高校講座保健体育、理由は壇蜜!?

2,954 views

1度は聴いたことのあるであろう、ラジオ版NHK 高校講座。その保健体育の講座の出演者が、壇蜜でヤバいと話題になっています。


そもそも壇蜜とは?




今やテレビやグラビアなどで引っ張りだこの壇蜜さん(以下敬称略)。ですが、あまり経歴や人柄を知らない人も多いのではないでしょうか。そこで、壇蜜について詳しく知っていきましょう。ラジオ版NHK 高校講座も、これで楽しく聴けるはず!

■名  前:壇 蜜(だん みつ) (本名:齋藤 支靜加(さいとう しずか)

■愛  称:DM

■生年月日:1980年12月3日

多彩な経歴を持って、芸能界デビュー。女優、タレント、グラビアアイドルとして精力的に活動中。中学生時代の彼女のあだ名は「愛人」で、当時から大人っぽく、色気が半端なかったのだろうと思わせる。また、日本舞踊板東流の師範の資格を持っている。

さらに、英語科の教員免許、調理師免許も持っている、才色兼備な女性である。芸能界デビュー前は、和菓子工場、銀座のホステス勤務もあるが、知人の死をきっかけに冠婚葬祭の専門学校へ進学。その後、葬儀屋へ勤務していた経験を持つ。

芸能界デビューは「週刊SPA!」の一般人から選出するグラビアアイドル企画に彼女自身が応募したこと。今の芸名の由来は、葬儀屋での勤務を経てからである。仏壇の「壇」と、そのお供え物を意味する「蜜」から、「壇蜜」になったという。

■公式ブログ:壇蜜オフィシャルブログ「黒髪の白拍子。」Powered by Ameba


本当に出演者は壇蜜なのか?



壇蜜ファンには嬉しい情報ですが、ネットでの噂だと確信が持てないですよね。そこで、ラジオ版NHK 高校講座の保健体育を調べてみたところ、公式サイトに辿り着きました。放送日は4月6日。第一回目の保健体育のページ内。すると、画像が出てきて...本当に壇蜜がいる!!!しかも、普段のようなセクシーな衣装ではなく、スポーティーな衣装。まあ、所詮は保健体育ですからね。衣装で攻めても、勉強にならないということでしょう。

とにかく、これはガセネタではなく本当の情報のようです。


"壇蜜先生"の授業を受けるには?


「本当に先生になっちゃったの?僕らの壇蜜は!」そういう疑問をお持ちのあなたへ。結論から言うと、壇蜜先生ですね、大正解です。そんな彼女の授業を受けたいと思う人はたくさんいるでしょう。授業を受けるには、ラジオだったら、毎週水曜日の20:10~20:30の20分間リアルタイムで聴けますし、聴き逃したのだったら、公式サイトにて聴くことが出来ます。安心してください!聴き逃しても、単位はとれますよ!(笑)

■公式サイト:NHK高校講座


授業受けるのはドキドキしちゃうから、ここで事前に知っておこう!


さて、ここでも予習しておきましょうか。つまり心の準備。この保健体育の授業は、壇蜜先生だけでなく、別の講師を招いて2人で行われます。初回の授業は、"保健 現代社会と健康"枠で、「わたしたちの健康のすがた」でした。

まずは平均寿命について、壇蜜先生が教えてくれます。授業が進むにつれ、「平均寿命」の統計や歴史が分かっていくと思います。次に、「健康水準の向上」というものを、講師の先生が教えます。

「江戸時代と縄文時代ではどちらの人が背が高かったでしょう?」


という質問を投げかけるなど、普段の壇蜜にはない和やかな雰囲気で授業が進みます。

そして、壇蜜先生との休み時間のドキドキなコーナー。

「少し休みませんか?」


という壇蜜先生の言葉から始まります。ほら、想像しただけで、何か起こりそう...ドキドキしてきたでしょう?初回のテーマは、「わたしと保健体育」でした。

「実は私、学生の頃保健体育の教科書をよく開いていたんです」


と言う壇蜜先生。それはなぜなのか。それから学生のときの壇蜜はどうなっていったのか?ここでは、「壇蜜先生がどうして保健体育の先生に採用されたのか?」その訳が語られます。

その後は後半の授業へ。時代とともに移りゆく「健康問題」についてでした。最後に今日の「授業のまとめ」として重要なポイントを抑えてくれます。そして、「おつかれさまでした!」と笑顔で言う壇蜜先生!授業の疲れなんて吹っ飛びますね!


ネットでの反応は?


壇蜜先生のNHK高校講座保健体育のうわさを聞いたり、ラジオを聞いた人の感想。以下、みなさんの反応です。















予想をはるかに上回るざわつきようです。「NHKどうした?」「NHKよくやった!」などと、賛否両論ありますが、壇蜜先生には分かりやすく教えていただきたい...そう思うと頑張ってほしいものです。また、保健体育に関心がある人のためにも、色んな意味で役に立つラジオ番組がいいですね!


最後に、この動画っぽいことをやってほしくないですか?




NHKの番組からはそれますが、この動画は男性陣からすると、とてもムラムラするのでは?保健体育ですし、性的な事とも密接に関係しています。こんな痴女っぽいことも、壇蜜先生はやってくれるのか!?期待しちゃいますね!ぜひとも性関係の授業でやってほしい~。高校生にはあまりにも刺激的ですかね?(笑)

NHK高校講座の保健体育の授業、とてもヤバいものになりそうですね!聞きすぎて、発情しないように気をつけてください!以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◎関連記事
壇蜜に学ぶ!驚くほど効果的な「モテる話し方」のコツ
壇蜜のエロすぎる「お尻」画像まとめ【保存版】

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスを上手くなって女性を感じさせたい。

セックステクを上達するためには経験人数を増やすことが一番の近道

風俗で本番セックスすると、安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。何回もいける値段ではないですよね。

近場でセフレがいれば便利なのにと思ったことはありませんか。
相手の家や近場の漫喫・カラオケでセックス。

当然ですが、男性だけでなく女性も同じことを思っています。

【風俗消滅】"セックス相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

女性は男性以上に性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にして、ネットでこっそり募集します。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っていると暴露し話題になっていたのを覚えていますか?


セックス相手を募集するために使われているのが、匿名可能なハッピーメール【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。

ハッピーメールだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし

ハッピーメールがセックスできる女性と出会える理由

登録者の人数が多いことによりセックス相手を募集している書き込みが多数。 ハッピーメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「その他の掲示板」を見てください。


全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上


パンチラやおっぱいなどエロ写メもUPされていてエロい女が選び放題。女の子の新着投稿にメッセージを送れば、びっくりするほど簡単にセックスに持ち込めます

会う場所はお互い都合の良い駅前で待ち合わせる約束をすればOK。

ハッピーメールが女性に人気の3条件

・匿名可能で知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告が掲載
・女性誌で話題
と知名度が高く安心して使えるからです。
18年も運営をしている老舗で登録者も2000万以上


ananやGLITTERなど有名誌に掲載されているのも女性に人気の理由の1つ。


ハッピーメールを使うと慣れれば500円でセックスできた

結論として筆者は5000円課金して7人と14回セックスできました。1人目こそ1000円位かかりましたが、最終的には1人500円でセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとハッピーメールに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパ良いですよね。


たった1ヶ月でセックステクの上達が凄い!女性を簡単にイかすことができた

ハッピーメールを使うまでは、経験人数1人の筆者でしたが、1ヶ月で7人とセックスすることで今までとはレベルにならないセックステクとセックスに対する自信をゲット

女性が「感じる場所」や「力加減」など教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくてもイかせることができました。

期間限定でポイントが最大1.4倍になるキャンペーン中


セフレが数人欲しいのであれば、忘れないうちにこの期間限定キャンペーンを利用し、お得にポイント追加してください!


今なら会員登録無料で、すぐに使える1000円分のポイントも付いてきます。無料登録とポイント増量キャンペーンは予告なく終了してしまいます。

おトクにポイント購入できるラストチャンスです。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

登録は1分で完了
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る