1
男がセックスに持ち込みたくなるシチュエーション5選

男がセックスに持ち込みたくなるシチュエーション5選

6,987 views

男性には日常のなかで女性に対してムラムラくるシチュエーションに出くわす時があります。そのような時、男性は自己との葛藤に悩みます。今回は男性が女性をセックスに持ち込みたくなるシチュエーションをズバリ!ご紹介します。


居酒屋で二人で飲んでいる時


居酒屋で二人で飲んでいる時

居酒屋で女性と二人きりで飲んでいると、男性は100%その女性とエッチしたいと考えています。居酒屋にいると、日常では話をしない内容の会話が飛び交います。女性から、男性経験の話や性癖の話、体の悩みなどを聞いた男性の下半身は、テーブルの下で密かに半ボッキしています。

また、女性の頬が上気したり、口調が色っぽくなったりするので、見た目や声からも女性を意識せざるを得なくなっていきます。女性がもし「最近ご無沙汰」「家に帰りたくない」と言い出したら、それはホテルOKの合図です。ちなみに男性と二人きりで飲んでいる女性も、その男性とのエッチはあり、と認識しています。

◯参考記事
相席屋で女性をお持ち帰りする方法8選



カラオケボックスに二人きりでいる時


カラオケボックスに二人きりでいる時

カラオケボックスでは男女ともに密室を意識します。さらに明かりを暗くすれば、暗い密室の出来上がりです。暗い密室で男女がいるのはカラオケボックスか観覧車の中か車の中かベッドルームしかありません。カラオケボックスの席はほとんどがベンチシートになっているので、横並びで座りやすいし、押し倒しやすいです。

ちなみに、男性にカラオケボックスに誘われ、二人で入っても、男性が一曲も歌わなかったら、その男性は100%エッチ目的でカラオケボックスに女性を誘っています。アルコールをすぐに注文するのも特徴のひとつです。


ネットカフェに二人きりでいる時


ネットカフェのペアシートは男女の密着度No.1の空間です。男女の友達同士でDVDや漫画を見ることを口実に、ネットカフェに行き、もしペアシートに入ったとしたら、男女ともにOKのサインです。

しかし、場所が場所だけにペッティングはOKだけど、挿入は「ここではイヤ」という女性は多いもの。そのような時、男性は強要せずにスマートに彼女をホテルに連れ出し、彼女の体を十分堪能してあげましょう。


二人とも終電に乗り過ごした時


会社や学校の飲み会で女性と共に終電に乗り過ごしてしまった時、男性の妄想は膨らみます。

・コース①居酒屋・バーに誘う。
・コース②カラオケに誘う。
・コース③タクシーで帰る。

男性としては(相手によりますが)コース③は避けたいところ。理想は居酒屋→カラオケ→ホテルのルートです。居酒屋でアルコール摂取量を増やし、カラオケボックスで二人の密着度合を高め、ホテルにゴールイン!と行きましょう!


会社や学校に二人きりで遅くまで残っている時


会社や学校の教室に、夜女性とふたりきりで残っている時、男性の妄想は膨らみます。AVばかり見ている人はAVのシチュエーションしか思い浮かびません。知人が現れるリスクが非常に高い場所なのに、女性とのセクシーシーンを勝手に想像します。

しかし、リスクが高い場所の方が興奮度合いは高いもの。もし女性がOKなら是非そのチャンスを逃さずにチャレンジしてみましょう。


いかがでしたか?男性が女性をセックスに持ち込めるシチュエーションがあれば、それは必ず生かすべきです!女性は雰囲気に弱いもの。チャンスを見計らって、押して押してモノにしましょう。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。


◯関連記事
「もう我慢できない!」男をムラムラさせるスイッチの入れ方6つ
彼のムラムラが止まらない、エッチ前の彼女の行動7選

【1分でセックス確定】AV女優紗倉○なが暴露した、超簡単にセックスが上手くなる方法とは

セックスの経験が少なくセックステクに自信がない。セックスが上手くなって女性を思う存分感じさせたい。

セックステクを上達させるためには経験人数を増やすことが一番の近道です。

でも、風俗で本番セックスすると安くてもホテル代込みで2~3万円かかります。月に何度もいける値段ではないですよね。

そこで「メール一本でセックスの練習相手になってくれる都合の良いセフレがいたら良いのに」と思ったことはありませんか。相手の家や近所の漫喫、カラオケボックスでお試しセックス。

実はこう考えているのは、男性だけでなく女性も同じなんです。

【風俗消滅】"セックスの練習相手募集中”の女性とセックスする方法とは

セックス相手募集中の女性と出会うには、インターネットのアダルトマッチングサービスを利用すること。

イクことを覚えた女性は男性以上に強い性欲があります。しかし、女性は友達の目を気にするため、日常生活では性欲を隠していて、ネットでこっそり募集しているんです。

少し前に、AV女優の紗倉まなさんがテレビでAV女優も使っているアダルトサービスがあると暴露して話題になっていたのを覚えていますか?


女性がセックス相手を募集するために使われているのが、匿名で出会えるASOBO【R18】というサイト。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流でした。

ASOBOだと、最初からセックスすることが目的なので余計なデートは一切必要ないんです。

ASOBOでセックス目的の女性と出会える理由

ASOBOは他のアダルト系サイトに比べて男性の数が少なく、セックス待ちの女性が大量に溢れていることが特徴のため、速攻で出会えます。試しにASOBOに登録したら、まず掲示板内の「今すぐ遊ぼう」を見てみてください。


全国の即会い希望の女性から、今すぐセックス希望の書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。掲示板に書き込んでいる女性のほとんどは、駅前のカフェなどで『セックス待ち』している状態なのです。


よりじっくりの女の子を吟味したい場合は、検索設定から住んでる場所や、好みの写真を一枚ずつチェックします。パンチラやおっぱいもろ出し、オナニー自撮りなどなんでもアリです。プロフを見るだけでもオナニーが捗りますが、ここはグッと堪えて本番セックスに持ち込みましょう。

会う場所は近くの駅前に呼び出します。その後はホテルでもOKですが、ホテル代節約のためカラオケや満喫、公衆トイレでエッチすることが多いです。

ASOBOがエロい女性に大人気の理由

ASOBOは18年間も運営をしている老舗マッチングサイトで登録者はなんと600万以上!なぜこんなに女性が多いのでしょうか。

・完全に匿名で出会うことが出来るため知り合いにバレない
・渋谷や六本木のビルに広告多数掲載
・ananやGlitterなど人気の女性誌で話題

と女性の間で知名度が高く、安心して使えるからだそうです。


ぶっちゃけいくらでセックス出来る?ASOBOを使えば500円でセックスできた!

結論として私は5000円課金して7人と14回セックスすることができました。1人目は長くメールでエロい話をしてしまったため1000円位かかりましたが、即会いしようと思えば1人500円くらいでいくらでもセックスできます。

これを風俗でやると30万円以上かかりますよね。そう考えるとASOBOに課金して近くでセックスができる女性を探す方がコスパが抜群に良いんです。


たった1ヶ月でセックステクの上達がすごい!女性を100%イカせるテクが身についた!

私はASOBOを使うまでは経験人数1人でしたが、1ヶ月で7人といろんなセックスを試してみることで、今までとは比べ物にならないセックステクとセックスに対する自信を手に入れることができました。

経験値の浅い男性を好む女性が多く、「感じる場所」や「力加減」などを優しく教えてくれるので、最終的には女性に何も言われなくても手マンで100%イカせることができるようになりました。

ASOBOのたったひとつの注意点!年齢確認をすぐに済ませよう!


ASOBOは法律を守っているサイトなので、18歳未満の利用を禁止しています。そのため年齢確認が必須となっています。

といっても身分証の写真をメールで送るだけなので超カンタンです。1分で完了します。

年齢確認せずに女性メールを送ると、女性の返信を見ることができずにセックスチャンスを逃してしまうので、登録後すぐに年齢確認を済ませておくように気をつけてくださいね。

今だけ限定!1000円分のプレゼントキャンペーン実施中!

毎年ASOBOは年末に女性が増えすぎて男性が足りなくなるため、男性向けの無料キャンペーンを実施しています。 下のリンクから【会員登録】⇒【年齢確認】 まで済ませるだけで、合計1000円分のポイントをタダでGETできるため、完全無料でセックスまで持ち込むことが可能になります。

登録は1分で完了

ポイントに有効期限はないため、キャンペーン実施しているこの機会に登録しておくべきでしょう。ASOBOを使って最高に充実したセックスライフを送れることを祈っています。


ごめんなさい。ASOBOの会員登録無料、すぐに使える1000円分のポイントキャンペーンは本日を持って終了してしまうみたいです。><

もし無料ポイントキャンペーンが終わってたら、下記のリンクからサイトが表示されないようになっています。ご了承ください。

※無料ポイント受け取りには年齢確認が必須になっています。
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る