1
英会話教室がセフレ探しスポットとしてオススメな理由5選

英会話教室がセフレ探しスポットとしてオススメな理由5選

4,592 views

最近ではグローバル化が進み、日本国内でも英会話教室が多く見られるようになってきました。海外からの観光客も増えてきているので、仕事に英語が必要だから英会話教室行っているという人も少なくないでしょう。しかしそんな英会話教室も、実はセフレ探しのスポットとして最適なんです!なぜなのか、理由を5つ紹介します。


同じ目標に向かっているため共有意識が強い


同じ目標に向かっているため共有意識が強い
英会話教室に通っている生徒さんたちは、皆同じ「英語を話せるようになりたい」という目標を持ってきています。そのため、すでに英語という共通の話題を持っていますから話しやすいというのが1つ目の理由として入ってきます。

さらに同じ目標を持つという共有意識が強いため、仲間意識も強くなります。仲間意識が強くなることで、親しみやすさを感じますから、恋愛関係に発展することも少なくありません。そうなるとセフレという関係にも近くなってきますよね!


毎回一緒にレッスンする仲間なので、仲良くなりやすい


毎回一緒にレッスンする仲間なので、仲良くなりやすい
ほとんどの英会話教室は、毎週同じ曜日の同じ時間に、同じクラスで行われます。人数はそのクラスによっていろいろありますが、少人数から大人数まであります。毎週顔を合わせるとなると、必然的に仲良くなりますから、恋人関係になる人も少なくありません。またセフレ関係にも発展しやすくなります。

特に2人から5,6人までの少人数のクラスですと、大人数よりも親密度が上がります。したがって、そのクラス内で気になった人と連絡先を交換するということも難しくはないでしょう。「英語でわからないところがあったら教え合いましょう」などと言って教えてもらえばよいのです。


海外さながらの授業が受けられるので、開放感がある


最近の英会話教室は、スクールに入ったら英語で話しましょうなどとルールがあるところが多いです。したがって海外さながらの授業を受けることができるところが多いです。海外は日本よりは開放感あふれていますから、当然スクール内もそのような雰囲気になります。

普段は恥ずかしがりやな女の子も、英会話教室に入れば人が変わったように英語で積極的に話しています。このような光景は珍しくありません。したがって、開放感ができることによって、性への抑制も少々開放的になるものです。


女子大生が多い


英会話スクールへは小さな子どもから大人まで、様々な年代の方が通っています。その中でも大学に入ってから「英語が話せるようになりたい!」と入学してくる女子大生もとても多いです。

女子大生はセフレに誘いやすい女性のタイプの1つです。高校を卒業して開放的になっていますし、好奇心も旺盛です。また性への関心も特に強い時期ですので、セフレにぴったりなのです。したがって、女性大生が多い英会話教室は、セフレ探しスポットとしても最適だと言えるでしょう。

▼参考記事
セフレにするなら女子大生が圧倒的にオススメな理由5選


歳が同じくらいだとそのまま食事に誘いやすい


そしてクラスが同じ女性の中には、同じ歳くらいの人もいることでしょう。普段は女性を誘いにくいという人でも、授業後にその日の授業に関する話題などを掘り下げて話してみてください。そのまま自然に「よかったらこの後ご飯でもどうですか?」と不思議と誘いやすくなるのです。

毎週会っている人ということもあり、ナンパよりも確実に信頼感はありますから、乗ってくれる女性が多いでしょう。あとは2人きりで大人の男女が食事に行けば、セフレとなるのも時間の問題ですね!


いかがでしたでしょうか。意外と納得できるポイントも多いかと思います。しかしあくまで英会話教室は英語を勉強しにくる場です。中には「そういうのは絶対に無理!」という場所もありますので、事前に体験レッスンなどを通して教室の雰囲気を見てみると良いかもしれませんね!以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
セフレにするなら女子大生が圧倒的にオススメな理由5選
淫乱女はどこにいる?セフレとの出会い方

【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?


ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、もっと安く簡単にエロい女とセックスが出来るんです。


風俗は必要ない?10倍安くセックスするたったひとつの方法


ある方法とは、インターネットのアダルトマッチングサービスを活用すること。

そもそも女性にも男性並に性欲があるんです。女性は社会性が高く、友達の目を気にすることから、ネットでこっそり出会いを募集しているんです。

そんなエロい女達が使っているのが、Jメール【R18】というサイト。

Jメールとは、10年以上の運営実績がある老舗のサイトで、登録者数はなん600万人にものぼります。

最近渋谷や六本木などに連日大きく広告や看板を出していることから人気が再燃。特に若い女性から圧倒的な支持を集めています。
jmail

Jメールがいわゆる”出会い系”と違うポイントは、アダルトな出会いを売りにしていること。”セフレ探し”、”不倫相手探し”、”一晩だけエッチする相手探し”など、エッチな関係に興味がある男女だけを集めています。

Jメールが「今すぐセックスしたい女性」との出会える理由


Jメールに登録したら、まずアダルト掲示板内の「今すぐあそぼ」を見てみてください。
「池袋か新宿で、2時間だけ癒やしてくれる人、即ハメ希望」
「Gカップです。おっぱいにたくさん精子を出してほしい。。」
「今池袋のトイレでオナニーしてます。誰か男の人来て。早く挿れてほしい」

などなど、全国の即会い希望の女性からの書き込みで溢れているのにビビります。その数なんと1時間で100投稿以上。完全に変態大国、日本は今日も平和ですwww

パンチラやおっぱい写メなど、エロ写メもかなりアップされているので、オカズにするだけでも楽しめますね。

もちろん場所や時間が合えばすぐに会えます。会ってからすぐにホテル行っても良いですし、カラオケとか満喫に行って、キスとか乳揉みしながら、口で抜いてもらうのも楽しいです。

女の子の新着投稿に対してメッセージを送れば、だいたい1000円から2000円のうちにとアポが取れて、びっくりするほど簡単にセックスまで持ち込めます。

筆者の場合は、だいたいメッセージを送ったその日のうちに待ち合わせをして、軽くご飯を食べて、そのままホテルへ行くという流れが多いです。デートとホテルで1万円行かないくらいで収まります。

相性が良ければそのままセフレもアリですが、次から次へと会えるので、重めな子だったら一旦リリースするのがオススメ。めっちゃ可愛くて、エロくて、軽いノリの子をキープしておくのが良いでしょう。

Jメールの注意点:新着1時間以内の子だけを狙ってメッセージを送ろう!

「今すぐあそぼ」掲示板では、『レスの早さ』が何よりも大事です。

当たり前のことですが一番最初に会う約束を取り付けた人だけが会えます。2〜3時間前の投稿で気になった人がいて連絡したとしても、その女性はすでに他の男と会ってセックスしている最中でしょう。それぐらいスピード感がハンパないです。

また、「今すぐ男性に抱かれたい」という欲求の女性が集まっているので、一般的に言われる、男性側のプロフ写真や、プロフ内容などはほとんど関係ないです。

掲示板をリロードしまくりつつ、気になる子が見つかったら迷わず即メッセしましょう。


圧倒的にコスパ良くセックスしたいなら、絶対にJメールを試してみるべき

Jメール

Jメールなら、風俗と違って時間制限や回数制限はなく、何発でもセックスを楽しむことができますし、本番でプラス料金なんてこともありません。セフレにしてしまえば次からはご飯なしで直接ホテルでセックスできるのでコスパも最高です。

筆者は、Jメールで月に4~5人とセックスして、相性がよければセフレにしています。Jメールには月3000円くらい課金しているだけなので、ホテル代除けば、実質ひとりあたり1,000円もかかってないです。

一度きりの人生、ヤるかヤラないかはアナタ次第。いつまでも、時間やお金に縛られたセックスをするのではなく、Jメールで自由なセックスを手に入れてください。それも、生中出しで。



※登録したらプロフィール設定と年齢認証を忘れずに!法律を守ってるサイトなので年齢確認必須になってます。

この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

風俗に行って、本番裏オプションをつけると2~3万円と高額。

それでもセックスがしたいあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く簡単にエロい素人ギャルとセックスが出来るんです。

風俗より10倍安く、エロ素人ギャルとセックスする方法はこれ!

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る