1
国仲涼子のエロ画像35枚|水着、グラビア、胸など盛りだくさん!

国仲涼子のエロ画像35枚|水着、グラビア、胸など盛りだくさん!

18,037 views

NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」のヒロインを演じ、その大きな眼と透明感ある存在感で人気の女優・国仲涼子。向井理と結婚、そして第一子を出産してもなお、女優としてコンスタントにドラマ、映画に出演しています。そんな国仲涼子の魅力を探るため、エロい画像を厳選して載せてみました。どうぞご覧ください。


国仲涼子とは




国仲涼子(くになかりょうこ)は女優、歌手と活躍している女性芸能人です。旧姓が國仲涼子で、現在は俳優の向井理と結婚したので、本名は向井涼子です。生年月日は1979年6月9日で出身地は沖縄県那覇市。身長は158cm、体重は48kg、スリーサイズはB84W58H85、カップサイズはネット上ではDカップと推測されています(公式には非公開)。



国仲涼子が19歳の時写真集「素顔のままで。」(テイ・アイ・エス)でみせた水着姿です。大きな眼と濡れた髪の毛、そして水着から見えるおっぱいが顔に似合わずエエ乳してます。

国仲涼子が学生の時に通っていた沖縄県立那覇商業高等学校では「ミス那覇商業」に選ばれたほどで、沖縄にいたときから美人で有名だったのだと思われます。

国仲涼子は那覇市泊(とまり)のぜんざい屋「富士屋」長田店と泊本店でアルバイトをしているときにスカウトされ上京しました。現在、そのバイトをしていたぜんざい店「富士屋」は、長田店は閉店してますが、泊本店はまだ営業しています。しかし、沖縄でアルバイト中にスカウトされるなんて、相当の美人だったのでしょう。



デビューからそんなに時間が経っていないときの画像。ピンクの水着が良く似合っておりスレンダーな身体です。沖縄には鉄道路線がなく、上京して初めて列車に乗ったそう。沖縄から東京だと時間の感覚も違うと思いますし、初めての電車移動は慣れないことがほとんどであったでしょう。上京後2年間は高い金額分を買えば下車の際に改札にひっかかることはないだろうと思いこみ、当時収入も少なかったと思われますが目的地まで必要以上の乗車料金の乗車券を購入していたみたいです。また、新宿から池袋まで山手線で9分で行けるところを、東京メトロ丸ノ内線を使って35分もかけていったこともあったようです。


国仲涼子の親交関係





デビュー前に東京で同じレッスン先の宿泊部屋が相部屋だったことから島谷ひとみとは親友の仲です。



2011年4月21日にお亡くなりになった故・田中好子とはNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」で共演を機に仲良くなり、韓国旅行に共に行くほどでした。田中好子の通夜の際は

「いろんなものをもらってばかりで、私からは何もしてあげられなかった」「いつもかわいい声で『恵里』って呼んでくれた姿が印象的でした」


と涙を流しながらコメントを残していました。



国仲涼子が初めてレギュラー出演したバラエティ番組「アイドルハイスクール芸能女学館」(フジテレビ)で共演したファッションモデルの菅原禄弥(すがわらとしみ)とは、その時から仲が良いです。


国仲涼子のちょいエロ制服姿披露!「L×I×V×E」でドラマ初出演




国仲涼子が当時19歳であった1999年4月9日から6月25日まで放送されたドラマ「L×I×V×E」(TBS)でドラマ初出演を果たしました。このドラマは神奈川県横須賀市にある私立高校の吹奏楽部を舞台にした学園ドラマで、女性ボーカルユニットSPEEDのメンバーであった、今井絵理子、新垣仁絵、そして内山理名、藤原竜也、さらには星野真理、柴咲コウ、上地雄輔と今を活躍するタレントと共演しています。よって、このドラマ出演は、国仲涼子を芸能界のトップへと駆け上がらせる登竜門であったと言えましょう。

  • 1
  • /
  • 6
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る