1
不倫に走る子持ち人妻の特徴5選

不倫に走る子持ち人妻の特徴5選

37,937 views

不倫しやすいのは人妻…と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?でも、子持ち人妻はもっと不倫に走りやすい場合もあるんです。そんな不倫に走りやすい子持ち人妻の特徴をご紹介いたします。


不倫に走る人妻の特徴① 子供が学校に通っている


不倫に走る人妻の特徴① 子供が学校に通っている
子供を育てるのは本当に大変。でもそんな子供たちが1日の大半を学校で過ごすようになると、人妻は急に暇を持て余してしまいます。特に子供が放課後遊びにでかけたり、部活をしていると夕飯時まで帰ってきませんよね。そこが不倫のポイントなんです。

暇を持て余し、退屈だなと感じている人妻は、刺激を求めています。若い男性に声をかけられるだけで舞い上がってしまうのも事実…。子供の話を聞きながら距離を縮めてみましょう。案外簡単に、セックスまで持ち込むことができちゃいますよ。


不倫に走る人妻の特徴② 旦那があまり家にいない


不倫に走る人妻の特徴② 旦那があまり家にいない
旦那が単身赴任や長期の出張などで、あまり家にいないタイプの人妻は不倫をしやすいです。理由はとってもシンプル、寂しいから。旦那がいない寂しさは、子供たちで埋めることはできません。同じ年代の男性と話すことがなくなることによって、ストレスが溜まってしまいます。

そんな時人妻に近づいて、愚痴などの会話をすることで距離は急速に発展します。人妻から「家にあがってお茶でもどうぞ」と言われる日も遠くないかもしれません。もし誘われたら遠慮せずに家にあがって、たくさん話を聞いてあげてくださいね。女性は話を聞いてもらうほど、相手への好感度が上昇します。聞き上手になって人妻をゲットです。


不倫に走る人妻の特徴③ 家事の疲れが見える


人妻は日々、家事に追われています。完璧に家事をしようと思うと、息をつく暇もありません。日々の献立を考えるだけでも気づかれしてしまうのです。忙しい人妻には必ず疲れが見えます。髪の毛はぼさぼさだったり、白髪染めがおいついていなかったり…。

一見不倫とは無縁そうな人妻ですが、実は一番不倫しやすいタイプなんです。それは、褒め言葉に弱いから。家事の疲れが見えることで、旦那にも「きれいだね」と声をかけてもらえなくなった人妻。女性の部分が満たされていないことがとても多いんです。

そんな人妻には「きれいですね」と声をかけてみてください。それがお世辞だとしても、人妻はうれしくなってしまうんです。あなたの一言で1日が元気に過ごせるかもしれませんね。会うたび褒めれば、人妻もあなたに好意を抱くはず。チャンスがあれば遠慮なく、不倫関係に持ち込んでしまいましょう。


不倫に走る人妻の特徴④ オシャレに気合いが入っている


疲れが見えている人妻とは対照的に、オシャレに気合いが入りすぎている人妻も不倫をしやすいタイプです。彼女のオシャレに隠された気持ちは「いつまでも若々しくいたい」。この若々しいは、やはり女性ホルモンが鍵になってきます。

子供がいると旦那とはセックスレス…という家庭が多い中、人妻は女性ホルモンの供給先を探しています。もちろん、若い男性は理想の相手なんです。人妻オーラをふんだんに振りまいて、彼女たちは自分の価値を定めようとしているんです。オシャレに気合いが入っている人妻には、容姿を褒めるのはもちろん憧れていると素直に伝えてみてくださいね。人妻も喜んであなたを迎え入れてくれるはずですよ。


不倫に走る人妻の特徴⑤ 子供が反抗期を迎えている


反抗期の子供って、心にもないことを親にぶつけがちです。その言葉に傷ついている母親はとっても多いんですよ。旦那に話しても「今だけだから」と流されがち…そんな人妻はストレスのはけ口を探しているんです。

子供が反抗期なの~と愚痴っている人妻に出会ったら、チャンスです。悩みや愚痴を聞きながら、相手の弱みにつけこんであげてくださいね。「僕ならいつでも話を聞きます」といって連絡先を渡すのも良いかもしれません。すぐに連絡がきて、不倫関係になることができますよ。


いかがでしたでしょうか?家庭や子供を持っている女性は、難易度が高そうですよね。でも実は、いちばん脆いタイプなんです。余裕のある男心を見せつけて、あっという間に不倫関係になってしまいましょう。 以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

〇関連記事
人妻が不倫に走る理由 10選
欲求不満の人妻とのセックスが最高に気持ちいい9つの理由
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る