1
目的別に使い分けろ!彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声 7パターン

目的別に使い分けろ!彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声 7パターン

20,608 views

セックスの最中に出す女性の喘ぎ声で男性はより興奮するといわれています。同じ性行為でも女性からの反応がまったくなければ男性の興奮も一挙に冷めてしまいますね。そこで今回は目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声 7パターンをご紹介しましょう。


①目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声 : 吐息パターン


①目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声 : 吐息パターン 性行為の始めに女性から吐かれる吐息は男性をよりその気にさせます。 声に出さない思わず出てしまうため息のような感じで出してみましょう。実際女性が前戯の段階で感じていればあえて出そうとしなくても自然に出てくるはずです。


②目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声: 「ア」のパターン


②目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声: 「ア」のパターン</h2> これは文字通り母音の「ア」、少し口を開けて発音する喘ぎ声です。この発音をしながら声に強弱をつけましょう。男性の愛撫がより気持ちいいときは少し大きな声で反応を示しましょう。


③目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声: 「イ」のパターン


こちらは母音の「イ」で表現する喘ぎ声です。これは発音しているうちに「イイ!」と聞こえるように喘ぐのがポイントです。セックスも男性と一緒にオーガズムを迎えられたら最高ですね。この「イイ!」喘ぎ声はともに最高のエクスタシーを迎えるのに男性を鼓舞するのが目的です。


④目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声: しゃべりパターン


行為の最中に感じたことを言葉にしてみてください。ただしポジティブな内容のみで。男性の性器があなたの中で大きく硬くなっていく感じとか、あなたがどれくらい気持ちよく感じているかとか、言ってみましょう。女性にしゃべらせたい男性は意外に多いものです。たまにはいやらしい女性器の表現などを口にすると、より男性は興奮しますよ。


⑤目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声: 「ダメ、ダメ」パターン


これは「ダメ」という言葉とは裏腹にそれだけ感じていることの喘ぎ方です。感覚的には「気持ち良すぎてもうダメ」という感じで、ある意味日本女性にしかできない独特の表現でこの言葉を聞くと男性はもっと感じさせてやろうという気にさせる魔法の言葉でもあります。


⑥目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声: 声押し殺しパターン


こちらは隣の寝室に家族がいたり、周りに内緒で行為に及んで喘ぎ声を聞かれてはまずいケースです。感じているのに喘ぎ声を押し殺すのは女性もそれなりに興奮するものです。必死で声を押し殺している女性を見て男性はより興奮しますし、女性も感覚が倍増します。


⑦目的別に使い分ける、彼の興奮を3倍増しにする喘ぎ声: 「イク、イク」パターン


こちらは男性と一緒にオーガズムを迎える場合に使いましょう。女性の場合複数回オーガズムを迎えることも可能ですから、その度に言えばより男性に自信を持たせてそれなりの効果もありますね。

いかがですか?以外に喘ぎ声のパターンってあるものですね。これらを目的別にどうぞ
使い分けてもっと男性を興奮させましょう。くれぐれも全く声を出さずに無反応ということはないように、たくさん喘ぎ声を出して二人でセックスを楽しんでください。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
セックスしているとき男が耳にしたい理想の喘ぎ声5選
さすがに勘弁!セックス中に男がドン引きした喘ぎ声4選

1ヶ月で脂肪が消える?!アメトーク芸人が愛用している、超話題のダイエット方法とは


かわいいギャルと海に行きたい!!でも、ブヨブヨお腹が気になって楽しめない・・・。

そんなデブのアナタ!

1カ月で、細マッチョになれちゃう!?

アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットって知ってます?

アメトーク筋肉芸人DCC

1日1回“あるもの”を飲むだけで、

・強制的に代謝をあげ、痩せてマッチョになる!?

・誰でも必ず筋肉がつけられる!?

方法なんです。

しかも、実質0円(タダ)で・・・!

1カ月で痩せて、細マッチョになりたいアナタは、ぜひ以下をクリックして詳細をチェックして!

⇒ 1ヶ月で細マッチョ!?アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットが凄すぎ

※実質0円で、試せるのは上記リンクからだけ(先着300名のみ)


この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る