AVデビューの噂のある芸能人23人を大公開【2020年最新情報】

AVデビューの噂のある芸能人23人を大公開【2020年最新情報】

2,333,200 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。

④沢尻エリカ



2020年で「最もAVデビューしそうな芸能人」と言えば、沢尻エリカを挙げるのに異論はないでしょう。10代前半に芸能界入りし、テレビドラマ「1リットルの涙」でブレイク。その後は有名な「別に…」発言で仕事を失うものの、2012年の復帰作映画「ヘルタースケルター」で高評価を集め、再び人気女優に返り咲いた芸能人です。


広告代理店関係者は、彼女のCM賠償金についてこう語る。

「逮捕直前の沢尻さんのCM出演料は4~5千万円。賠償額は残りの契約期間で日割り計算して出します。撮り直しが必要になった場合はその費用も補償が必要です。

(中略)

今回のCMの賠償額は合計5億円に達することまで考えられます」

引用:女性自身


そんなエリカ様が、2019年11月に違法薬物所持容疑で逮捕されたのは、まだまだ記憶に新しいところです。逮捕の余波で、撮影中だったNHKの大河ドラマやCMも一斉に降板。それら賠償金は5億円にものぼると言われています。

捨てる神あれば拾う神あり。そこで浮上するのは、アダルトビデオ業界だ。

「(中略)沢尻はすでに映画でヌードを披露しており、女優度胸は満点。5本、10本単位の契約で、賠償金を一気に払えてしまうような額の提示もある。釈放後の経済状況を考えると、沢尻のAV出演は現実味ある選択です」(AVメーカーのプロデューサー)

引用:日刊サイゾー


となると、持ち上がってくるのがAVデビューの可能性。すでにAV業界が接触しているとの報道もあります。もっとも沢尻エリカの場合、映画「ヘルタースケルター」で完脱ぎでの後背位セックスを演じているとあって、並みの女優と比べてAV出演のハードルは低いと言えるでしょう。

◯関連記事
【映画「ヘルタースケルター」の濡れ場】沢尻エリカの官能シーンでオナニーできるかを解説



MUTEKIブーム以降は大物芸能人のAVデビューは下火になりつつありますが、エリカ様なら話が別。三上悠亜(元SKE48・鬼頭桃菜)やANRI(坂口杏里)を超える反響を集めるのは確実とあって、再々ブレイクの最短距離と思えるのは筆者だけでしょうか。

※沢尻エリカのセックス事情を詳しく見る!↓↓

沢尻エリカのセックス事情|エロい体の女王様はエッチまで自分勝手


⑤岡副麻希



現役女子大生のキャスターとして「めざましテレビ」で頭角を現し、現在ではフリーアナウンサーとして活躍している岡副麻希。バラエティ番組への出演機会も増えており、まさに順風満帆の芸能活動を続けています。




「週刊少年スピリッツ」などの表紙グラビアでも活躍している彼女ですが、2018年には初写真集をリリース。「黒すぎる女子アナ・初ビキニ解禁」の触れ込みで発売された本作ですが、これがファンから大不評を買ってしまったようです。

「事前に過激な写真集という触れ込みがあったため、極少ビキニなど、セクシーショットが期待されていたんです。あの田中みな実ですら“肘ブラ”セミヌードを披露したくらいですからね。ところが、中身を見たらエロ気も素っ気もない内容。とてもヌケませんよ」(アダルト雑誌編集者)

引用:週刊実話


案の定、写真集の売れ行きも伸びず、テレビ番組やグラビアへの露出も減りつつあります。そんな彼女に、AVメーカーが「お詫びのAVデビュー」を画策しているとの情報も。

そんな中、浮上してきたのがAV出演説だ。

「中途半端な露出をしても人気回復は無理。せめて、透けパンのヘア見せ写真集か、ソフトAVぐらいやらないと苦しいですよ。女子アナ通の間では、『本番で謝罪せよ』の声もあります。すでにAV複数社がオファーをかけようとしています」(グラビア編集者)

引用:週刊実話


まだ26歳とあって、AVデビューには充分過ぎる年齢。これまでフリーアナからAVに転身したケースはないだけに、「黒すぎるAV女優」の誕生は大きな話題となるでしょう。






⑥柳ゆり菜




Eカップボディを武器に、グラビアを中心に活躍している柳ゆり菜。並行して女優としても活動を続けており、2014年にはNHK朝ドラ「マッサン」にて半裸モデルとして出演したことでも話題となりました。




女優としてもグラビアとしても安定した活躍を見せていた彼女ですが、2018年夏に発売された週刊誌の表紙にて「AVデビューか……」と思わせる見出しが登場します。




騎乗位にフェラ、さらには「中に出して良いよ」という文言……これはAV出演かと騒然となりましたが、フタを開けてみれば、同年秋に公開された映画のお話でした。






柳ゆり菜が今秋公開の映画でついに「完脱ぎ」を敢行したのだ!

(中略)

「ゆり菜ちゃんがまさか今作でここまでみごとな脱ぎっぷりとは。

(中略)

競輪ファンなら誰もが彼女の持ち前のEカップ84センチの豊かなバストに見覚えがあるハズ。最近は女優としても活動の幅を広げていたのですが、それにしても何の予告もなしのフルの全脱ぎですからビックリです」

引用:アサ芸プラス


柳ゆり菜が文字通り体を張って演じたのは、2018年9月に公開された映画「純平、考え直せ」。この作品の濡れ場シーンで彼女初の「完脱ぎ」フルヌードを披露しちゃいました。残念ながらAVデビューとはならなかったものの、彼女の全裸ボディのセックスシーンを拝めるのはたまりませんね。

※柳ゆり菜のセックス事情を詳しく見る!↓↓

柳ゆり菜のセックス事情|チンポが勃起しない男とは別れるしかない?

次のページ
⑦高橋由美子
  • 2
  • /
  • 9
2/9 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る