1
酒井法子のセクシーなエロ画像30枚|ドレス姿、美脚など満載

酒井法子のセクシーなエロ画像30枚|ドレス姿、美脚など満載

12,337 views

「のりピー」の愛称で親しまれ、80年代アイドルとして一世を風靡した酒井法子さん。美しく整った顔立ち、可愛らしい表情、溢れ出る色気。今もなおその美貌は健在です。酒井法子さんのセクシーなエロ画像を30枚ご紹介します。


酒井法子とは


A post shared by Imaginechina (@imaginechina1) on


1971年2月14日生まれ。福岡県福岡市出身。女優、歌手。サンミュージックプロダクションに所属した後、オフィスニグンニイバに移籍。家庭の事情により、幼少期は埼玉県狭山市の叔母の家で生活。その後福岡へ戻り、福岡市立舞鶴中学校ではソフトボール部に所属していました。

1985年にオーディション「'86 ミスヘアコロン・イメージガール・コンテスト」に出場し、「BOMB!賞」が授与され芸能界デビュー。この賞は酒井法子さんの可能性を感じた芸能事務所の専務が「才能を試してみたい」と急遽用意したものでした。

1985年(昭和60年)10月、全国応募総数54,129名のオーディション企画「'86 ミスヘアコロン・イメージガール・コンテスト」(主催・資生堂)に出場、グランプリは水谷麻里が受賞したが、酒井には「BOMB!賞」が授与された。本来このコンテストには、このような賞はなく、芸能事務所 サンミュージックの専務が酒井を見初め、「『彼女の』才能を試してみたい」との希望で急遽用意されたものだった
引用:wikipedia


テレビドラマ「春風一番」の出演が酒井法子さんの初仕事でした。アイドル時代はイラストレーターや漫画家としても活動。1998年12月に高相祐一氏と結婚し、育児と女優業を両立させていましたが、2009年に高相祐一氏と共に覚せい剤取締法違反で懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。現在は復帰しディナーショーやイベントなど芸能活動を続けています。

2009年(平成21年)、覚醒剤を所持・使用したとして、夫(当時)と共に、覚せい剤取締法違反で東京地方裁判所から有罪判決を受けた。
引用:wikipedia


その後、酒井は懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受け、検察側・弁護側とも控訴せず刑が確定した。
引用:wikipedia


※酒井法子のヤバすぎるセックス事情はこちらで確認↓↓
酒井法子のセックス事情|夫婦で乱交をしているという噂もあった元アイドル

酒井法子のエロボディ


A post shared by Jeryl Lu (@jeryllu) on


波乱万丈な人生を送っている酒井法子さんですが、見た目の可愛らしさは今もなお衰えていません。酒井法子さんの身長は157cm、体重43 kg。スリーサイズは82、60、83cm。おっぱいのサイズは推定でCカップくらいだと思われます。現在もアイドル時代の可愛らしさに大人の色気が加わり、ますますエロさに磨きがかかっています。

※酒井法子もやっていた?キメセクに関する体験者の声はコチラで確認!↓↓
覚せい剤をキメてセックスすると実際気持ちいいの?⇒体験者の声をまとめ

酒井法子のセクシーなファッションのエロ画像


A post shared by ayanya (@aaaaaaaanya_candy) on


大ヒット曲の「碧いうさぎ」や「鏡のドレス」など酒井法子さんがセレクトした曲が収録されているベストアルバム「大好き 〜My Moments Best〜」のジャケット画像です。猫を抱いて座っている仕草が可愛らしいですね。肩出しファッションとショート丈のパンツスタイルがエロくて素敵です。



白のタンクトップが爽やかで素敵ですね。綺麗な顔立ちにシンプルなファッションが映えます。大人の色気たっぷりです。



ノリノリな表情がいいですね。つい太ももに目が行ってしまうほどのミニスカートがセクシーなワンショットです。

※酒井法子の刺青に関する情報はこちらで確認↓↓
酒井法子のボディに描かれている刺青はどのようなデザインなのか?徹底検証
酒井法子の刺青は、いつからどこに、なぜ描かれたのか理由が遂に判明

酒井法子の90年代のエロ画像


A post shared by やよい (@osanpo_coffee) on


1990年代の酒井法子さんの画像です。ウェーブのかかった髪型、あどけない表情、最高に可愛いですね。1990年に酒井法子さんは中国と台湾で歌手として活動を開始。その結果日本以上の人気と知名度を獲得し、中国語で歌った曲をリリースしています。

1992年には中華民国台北市で初めての海外公演のコンサートを開催。中国の音楽情報誌の「音像世界」に掲載されたランキングでは1位に登場したり、雑誌の表紙を飾ったりするなど、1990年代には酒井法子さんは海外でも活躍していました。

タレントとして伸び悩んでいた酒井は、1990年当時、日本の芸能界が目を向けていなかった中華民国・台湾での活動を始め、香港、中華人民共和国など、中国語圏各地においても、日本での評価以上の人気と知名度を獲得。中国語歌唱による楽曲も発表した。
引用:wikipedia


酒井法子のドラマ出演時のエロ画像


A post shared by ヴィトー (@9103corleone) on


1993年に酒井法子さんの主演ドラマ「ひとつ屋根の下」が大ヒットしました。1995年には「星の金貨」が立て続けにヒット。主題歌だった「碧いうさぎ」がミリオンセラーとなり、デビュー9年目で初の紅白歌合戦に出場しました。

  • 1
  • /
  • 5
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る