1
映画「欲動」の濡れ場では本当にヤッてる?三津谷葉子のセックスシーンを徹底検証

映画「欲動」の濡れ場では本当にヤッてる?三津谷葉子のセックスシーンを徹底検証

20,039 views

「欲動」は公開されてから多くの賞を受賞し、100以上の映画祭からオファーが殺到するなど話題となった作品です。愛と性欲と死を描いた作品で、女性監督ならではの映像美が評価されました。濡れ場シーンはエロティックでありながら、見入ってしまうほど官能的に撮られています。臨場感が伝わってくる濡れ場は、本当にやっているようにも見えるほど。そんな話題となった「欲動」の濡れ場シーンを紹介したいと思います。


映画「欲動」のあらすじ




妹の出産に立ち会うためにバリに訪れた夫婦ですが、旅先で些細なことから口論になってしまいます。ケンカをしたことで飛び出した妻のユリは、地元の遊び人に絡まれそうになるが、間一髪逃げ出すこと成功。しかし逃げた先の路地で他の男女のお楽しみを目的したことで、だんだんと自分の中にある欲動が動き出していきます。

そんな気持ちを抱いたまま、次の日に再び遊び人のワヤンと出会うことになり、欲望に堕ちていきます。欲動の感覚がはっきりと残っていることにより、いけないとわかっていながら性欲を抑えられなくなっていくのです。

映画「欲動」の詳細はこちらから

※女優の「全身ヌード」が見られる映画はこちらからも確認できます!↓↓
濡れ場シーンで女優の「全身ヌード」が見られる映画15選【動画あり】

問題のセックスシーンを実況中継!


問題のセックスシーンを実況中継!

斎藤工さんと三津谷葉子さんの濡れ場シーンは、二人にとって最後になるかもしれないセックスということもあり、自然と激しくお互いを求め合っています。激しいディープキスからそのまま正常位で挿入した後、対面座位から騎乗位へと体位を変化させていきます。

騎乗位では激しく揺れる巨乳おっぱいも、ガッツリと揉まれています。エロい腰つきで揺れ動く二人は、そのまま静かにかつ激しくセックスを続けていきます。

※関連記事:↓↓
三津谷葉子のセクシーなエロ画像30枚|ビキニ姿、ヌード姿など満載

【徹底検証】濡れ場では、本当にヤッてるの?


「欲動」はディープな濡れ場シーンが話題となった作品ですが、斎藤工さんと三津谷葉子の濡れ場シーンでは本当にヤッているようにも見えるほどの臨場感です。そこでそれぞれのシーンについていろいろと検証していきたいと思います。


ディープキスしている?


斎藤工さんと三津谷葉子の濡れ場シーンでのディープキスは、激しく求め合う二人なのでガッツリしているように思われます。もちろん舌を入れているような直接的な映像は、一瞬だけですが確認できました。そのためディープキスをしていると思われるシーンでは、本当に舌を絡ませているように推測できます。欲望のままにかなり激しいディープキスが観られるので必見です。




濡れ場シーンでは大胆にもディープキスをしているように思われるシーンがあります。リアル感満載の濡れ場は、シーンが長くたっぷりと観ることができるのも特徴です。激しいキスがあるからこそリアルな濡れ場シーンを演出することができますよね。


全身舐めしている?フェラチオ・クンニは?


濡れ場シーンでは激しいキスからそのまま挿入して腰を振るようなシーンになるので、残念ながらフェラシーンはないように思われます。全身舐めやクンニのシーンも確認できませんが、斎藤工さんと三津谷葉子の激しいキスから愛撫するシーンはあります。挿入してからもお互いの体を愛撫するなど、密着度の高いセックスシーンが観られます。


挿入している?


斎藤工さんと三津谷葉子のセックスシーンでは、直接的に挿入している部分は見えません。しかしお互いの股間をがっちりと密着させて激しく腰を振っている時は、全裸でのセックスシーンなのは間違いありません。生々しいセックスシーンとして観られますが、かなりの臨場感で大人のエロさを感じます。疑似挿入だと思われますが、かなりリアル感のあるセックスシーンが観られます。


ラブシーンについての視聴者の口コミや評判


斎藤工さんと三津谷葉子の激しい濡れ場シーンが話題の「欲動」ですが、実際に視聴した人はどのように感じているのでしょうか。体当たり演技によるリアルで生々しいセックスシーンに対しての口コミを紹介します。




セックスシーンに関しては迫真の体当たり演技だと感じているようですね。観ればわかると言いたいですが、AVよりも生々しいようなセックスシーンとなっています。直接的な描写よりも、密着度とエロティックな表情が見どころですね。




ストーリー展開を考えると、夫婦にとって最後のセックスシーンは大きな意味があります。だからこそ激しくお互いを求めるセックスシーンとなり、エロを求めるよりも相手を激しく求め合う生々しいセックスになったのでしょう。それほどまでに「欲動」の作品に影響を与えるセックスシーンだといえます。




濃厚なセックスシーンが話題となりましたが、セックスシーンは確かに長いですね。前戯のディープキスから始まって、正常位、対面座位、騎乗位と体位を変化させながらフィニッシュまでいきます。リアル感を感じるのもこの流れがあるからこそなので、たっぷりとセックスシーンを堪能できます。




観光とセックスと斎藤工の映画だと感じたようですが、まさにその通りかもしれませんね。しかし三津谷葉子さんの体当たりな濡れ場シーンも、印象に残ったのではないでしょうか。綺麗な美巨乳を激しく揺らしながらのセックスは、エロさ全開でびっくりするほどです。




映画を観ればセックスシーンがどんな意味があるかわかりますが、エロさの方が勝っていたのかもしれませんね。濡れ場シーンへの期待感がハンパないと感じますが、期待に応える濡れ場だったのではないでしょうか。

  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る