映画「桜姫」の濡れ場では本当にヤッてる?日南響子のセックスシーンを徹底検証

映画「桜姫」の濡れ場では本当にヤッてる?日南響子のセックスシーンを徹底検証

12,280 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
歌舞伎の「桜姫東文章」を元に作られた映画「桜姫」。non-noモデルであるスタイル抜群の日南響子が美乳ヌードを披露し濡れ場シーンに挑戦したことで大いに話題を呼びました。顔が可愛くスタイルも良いモデルさんのエロシーンが見れるということでお得感がありますが、気になるのが撮影時に実際にセックスしていたのかどうかです。そこで今回は「桜姫」のセックスシーンを徹底検証していきます。


映画「桜姫」のあらすじ




名家・吉田家の一人娘はその美貌から桜姫と呼ばれていました。桜姫は、夜一人で眠っていたところ忍び込んだ権助という男に襲われてしまいます。初めこそ桜姫は抵抗していましたが、次第に女の悦びに目覚め、権助に夢中になってしまいます。


桜姫の家族は良家との縁談を進めようとしていましたが、権助への恋慕から桜姫は家を飛び出し、権助の右腕の釣鐘柄の刺青を手掛かりに彼を探し始めます。桜姫は風俗落ちし、断トツ人気の風鈴お姫として名を馳せます。そこで評判を聞きつけ訪れた権助と再会するのです。

同じ遊郭でかつて一番人気だったお七は、風鈴お姫の人気が気に食わず、権助を抹殺しようと企てます。また、権助が桜姫を襲った日に吉田家の家宝である掛け軸を盗んでいたことが発覚。姫の心は愛する男と一度は捨てた生家の間で揺れ動くのでした。

※女優の「全身ヌード」が見られる映画はこちらからも確認できます!↓↓
濡れ場シーンで女優の「全身ヌード」が見られる映画15選【動画あり】

問題のセックスシーンを実況中継!




こちらが日南響子が演じる官能シーンの一つです。こちらは忍び込んだ権助に無理矢理処女を奪われるシーンです。忍び込んだ権助に口を抑えられ、抵抗しますがあっという間に服を脱がされ襲われます。白い布に落ちる血が処女喪失をリアルに表現しています。はじめは抵抗していた桜姫ですが、口からは息が漏れ出て、やがて強い快感に顔をゆがめます。

この他にも権助と再会したシーンで更に濃厚な濡れ場を披露しています。積極的に快楽を求めて身をよじらせ、胸を揉まれて乳首を吸われるシーンもあります。簾越しに撮影されているため全体的にぼんやりした映像ではありますが、ねっとりと犯される様子がしっかり見て取れます。

※濡れ場を披露したことのある芸能人はこちらからも確認できます!↓↓
実は濡れ場を披露したことのある芸能人10人。あの超人気女優も!

【徹底検証】濡れ場では、本当にヤッてるの?


桜姫では日南響子さんが体当たりの濡れ場演技を披露しており、非常にエロい仕上がりとなっています。しかし気になるのは、エロシーンの撮影に際して行為が実際に行われたかどうかです。こちらでは桜姫のエロシーンを検証していきたいと思います。


ディープキスしている?


日南響子さん演じる桜姫と権助が再会してエッチするシーンにおいて、恋い焦がれた相手を身体の底から求めるような熱いディープキスを披露しています。予告編にも使われている映像ですが、かなり顔に寄ったカメラワークでキスシーンを捉えており、間違いなく実際にディープキスしていると言えそうですぷっくりした可愛らしい唇が特徴的な。日南響子さん。キスも柔らかくて気持ち良さそうです。


全身舐めしている?フェラチオ・クンニは?


フェラやクンニのシーンはありませんが、日南響子さん演じる桜姫が権助に乳首を舐められるシーンはあります。同シーンでは片乳を揉まれながら片方の乳首を吸われ、快感に声を上げる様子を見ることができます。揉むくらいであればニップレスを付けても撮影可能ですが、吸うとなるとニップレスありではなかなか難しいので、実際に吸われていた可能性が高いです。

映像で見ると吸われている乳首の隙間から乳輪を確認することができないので前貼りアリなのではないかという意見もありますが、後に出版したヌード写真集で見ると乳首・乳輪ともに小ぶりであることがわかるので、吸っている権助の唇にすっぽり収まっていると考えることができそうです。


挿入している?


非常に臨場感のある濡れ場ではありますが、残念ながら挿入は行われていない可能性が高いです。数あるセックスシーンにおいても一度も陰部は映されていないため、恐らく他の多くの映画撮影同様に前貼りを着用して撮影されたものと思われます。予告編の最後の方でも使われている桜姫と権助が向かい合って立ち服を脱ぐところが横から映されているシーンを見ても、シルエットから前貼りの使用は間違いないと判断できます。


ラブシーンについての視聴者の口コミや評判


残念ながら実際の挿入は無かったようですが、それを差し引いてもエロすぎると評判の「桜姫」。ネット上でも多数の口コミが多数寄せられていまが、その中でもラブシーンに関する口コミを厳選して紹介します。



後半の舞台が遊郭ということもあって、日南響子に限らず濡れ場の多い映画です。AV女優麻美ゆまが演じるライバル役のお七なども含めて、作中にポロリが非常に沢山あり、一瞬たりとも目を離すことができません。さすがエログロ時代劇というだけあります。



この方は作品自体の満足度が低かったようですが、日南響子ちゃんの濡れ場は綺麗だったとのこと。エロシーンが布やカメラワークで隠されてしまっているのは男としては正直残念なところではありますが、桜姫は美しさが評判になるほどの美貌を持つ名門の家の深窓のお嬢様なので、神秘性と美しさを際立てる演出だとすれば納得がいきます。



日南響子は元々ヤングティーン向けのニコラ出身で、ハイティーン〜大学生向け雑誌のnon-noで活躍していたモデルさん。その美貌から、朝の番組であるめざましテレビなどにも出演しており人気を博していました。そのため、顔の可愛さは間違いなく超一流。つい、こんな可愛い子が濡れ場やって良いのか?と思ってしまうほどです。



有名でテレビにも出ているモデルさんが主演の映画であり、更に歌舞伎が原作とのことで一見すると健全な一般映画にしか見えない「桜姫」。しかしその実態はAV顔負けのエロ映画です。家族団欒の場所で見始めてしまうと気まずい雰囲気になってしまうので、一人での鑑賞がおススメです。男性の方であればティッシュを用意しても良いかもしれないくらいです。



こちらの方は実際に日南響子ちゃんの桜姫でヌイたとのこと。実際に3万5回もヌイたらチンコがすり切れてなくなってしまいそうですが、3万5回ヌケそうなほどエロい気持ちになるというのは完全に同意です。AVの方が過激な演出も多いですが、一般映画でAV女優ではない可愛いモデルさんが濡れ場を演じているというプレミア感だけでも1万5回くらいは簡単にヌケそうなエロさです。

次のページ
【番外編】モデルが濡れ場を演じて話題となったエロい邦画3選
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る