ドラマ「硝子の葦」の濡れ場では本当にヤッてる?相武紗季のSEXシーンを検証

ドラマ「硝子の葦」の濡れ場では本当にヤッてる?相武紗季のSEXシーンを検証

24,139 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
引き込まれるようなストーリーと相武紗季さんの過激な濡れ場で話題となったWOWOWドラマ「硝子の葦」。内容はもちろんですが、男性であれば一番気になるのはやっぱりセックスシーンですよね。ということで今回は、ドラマ「硝子の葦」の濡れ場で、相武さんは本当にヤッているのか否か、詳しく検証していきたいと思います!


ドラマ「硝子の葦」のあらすじ


ドラマ「硝子の葦」のあらすじ

「硝子の葦」とは、WOWOWにて放送された連続ドラマ。ホテルローヤルなどの作家として有名な桜木紫乃さんの同名小説を原作に作られています。

原作が人気作品な分、エロさだけでなくストーリーにも注目なんですよ。そんな「硝子の葦」のあらすじはというと…。

相武紗季さん演じる幸田節子は、ラブホテルを経営する幸田喜一郎の妻。しかし普通の夫婦関係とはちょっと違います。というのも節子の母である藤島律子は、喜一郎とかつて愛人関係にありました。つまり節子は、自分の母親の愛人と結婚したのです。

そんな歪んだ環境のせいなのか、節子はホテルの顧問税理士と浮気三昧。さらにはとある出来事をきっかけに、母である律子を殺めてしまいます。

ほかにも、同じ短歌会に所属する佐野倫子の夫の殺害に協力したり、本格派サスペンスミステリーの様相。とはいえただのサスペンスではなく、そこにさまざまな人間模様が肉付けされていて、ヒューマンドラマのような奥深さも併せ持った内容となっています。

「硝子の葦」公式サイトはこちら


相武紗季のSEXシーンを実況中継!


相武紗季のSEXシーンを実況中継!

「硝子の葦」の濡れ場といえば、やはり注目は相武紗季さん演じる幸田節子と、小澤征悦さん演じる顧問税理士・澤木昌弘の不倫SEXシーン。濃厚なキスシーンに騎乗位&正常位の挿入シーンと、生唾物の濡れ場となっています。

とくに正常位時の相武さんの感じている顔がとにかくエロい!まるで本物のセックスを覗き見しているような背徳感を感じるほど、リアルな濡れ場なんですよ。


【徹底検証】濡れ場では、本当にヤッてるの?


そんな「硝子の葦」の濡れ場ですが、本当にヤッているのでしょうか?これだけリアルだと、挿入しているのでは?と気になりますよね。ということでここからは、先ほどご紹介した濡れ場について、さまざまな角度から検証していきます。


ディープキスしている?


まずはディープキスですが、これはしています。検証の必要もないほど、見ればわかるレベルでしっかりしていますね(笑)

これだけ大胆な濡れ場を演じているので、ディープキス位は普通なのかもしれませんが、お互いを求めあうような濃厚なキスシーンで、まるで本物の恋人同士のように見えるほどです。


全身舐めしている?フェラチオ・クンニは?


相武さんの首筋に唇を這わせているシーンはありましたが、全身舐めやフェラチオのシーンは見当たりません

そもそも前述の通り、この「硝子の葦」はWOWOWで放送されたドラマ。R指定のある映画ではないので、そこまで明らかに過激なシーンは難しいのかもしれませんね。


挿入している?


正常位や騎乗位など大胆な挿入シーンがありますが、結論から言うとヤッてはいません。相武さんの感じている表情はリアルですが、挿入部位が見えるような濡れ場ではないのです。

原作には過激なシーンがあると聞いていたので、『どんなことが描かれていて、どんな役なんだろう』と思いながら読んだんですけど、自分が思っていた以上にすんなりと受け入れられたというか、女性として共感するところ、憧れる部分がたくさんあって、自分にオファーして下さったことに対して『嬉しい』と本当に思いました
引用:CinemaCafe.net


またこちらは相武さんがオファーを受けたときのコメントなのですが、「自分が思っていた以上にすんなりと受け入れられた」との言葉があります。

本当にエッチをしてしまうほどの濡れ場があれば、いくら女優さんでも受け入れるのは難しかしいはず。あくまで演技だからこそ、オファーを受けたと考えられます。

すごく折り曲げましたよ、体。これでもかってくらいに。(笑)笑顔の無いポスターは初めてかもしれないです。表情をつくらないポスターというか。今までは“意地悪”や“笑顔”とかそういうのだったんですけど。出来上がりの画を見たらすごく美しく撮ってくださっていて。作品のビジョンも明確に伝わるポスターになるんじゃないかなと思っています。初めてあまり衣服というのを着ないで撮ったので、試行錯誤しながら撮ってました
引用:CINRA.NET


ほかにもこちらは、ポスター撮影に関する相武さんのコメント。「初めてあまり衣服というのを着ないで撮った」という言葉がある通り、このポスター撮影では全裸にはなっていません。

濡れ場で本番エッチしてしまうくらいであれば、ポスターでも全裸撮影すると考えられるので、残念ながら硝子の葦での濡れ場はあくまでも演技と言えるでしょう。

とはいえそれだけリアルに見える濡れ場ということでもあるので、一見の価値は十分にあります。


ラブシーンについての視聴者の口コミや評判


実際に「硝子の葦」を見た人からも、たくさんの反響が挙がっていました。印象的な口コミをいくつかご紹介します。







やはり一番多かったのが、エロい濡れ場を絶賛する声。WOWOWドラマとはいえ、こんなエロい濡れ場を見られるなんてびっくりですよね。とくにファンからすれば、お宝シーンだと思います。




もちろんストーリーも最高。AVと違いエロいけど引き込まれるような面白さがある作品なので、女性でも見やすいのではないでしょうか。







そして意外と多かったのが、いつもとは違う相武さんの演技力を褒める声です。相武さんといえば笑顔が素敵なイメージがありますが、この「硝子の葦」では今までの印象を覆す大人な演技でした。


【番外編】過激な濡れ場が話題のエロい邦画3選


ここまでドラマ「硝子の葦」の濡れ場について検証してきましたが、まだまだ物足りない男性も多いはず!ということで最後に、エロい濡れ場が見られる邦画を3つご紹介します。


ヘルタースケルター


2017年に公開された映画「ヘルタースケルター」。沢尻エリカさん演じるりりこは全身成型したことを隠しトップモデルとなりますが、そのせいで精神を蝕まれていくというストーリーで、女性人気も高い作品です。

でも実はこの映画、とにかく過激でエロ過ぎるのもポイント!R15+指定となっているだけあって、恋人との激しいセックスから女性マネージャーとのレズシーン、さらにはマネージャーの彼氏を目の前で寝取る変態セックスまで盛りだくさん。

まるでAVのような過激さで、思わず股間が熱くなるはずです。

〇関連記事
【映画「ヘルタースケルター」の濡れ場】沢尻エリカの官能シーンでオナニーできるかを解説


私の奴隷になりなさい


性奴隷として先生と呼ばれる人物に飼われる香奈と、そんな彼女に見入ってしまった男が描かれた「私の奴隷になりなさい」。お色気たっぷりの壇蜜さんが香奈を演じたことで有名な映画です。

2012年に公開されたものの、R18+指定だけあって、オカズにするには十分すぎるエロさ。調教がテーマの作品なので、アブノーマルが好きな人にとくにオススメです。

〇関連記事
映画「私の奴隷になりなさい」の濡れ場では本当にヤッてる?壇蜜のセックスシーンを徹底検証


花宵道中




安達祐実さんが過激な濡れ場を演じたことで話題となった「花宵道中」。こちらもR15+指定がついている作品で、安達さん演じる女郎・朝霧の切ない恋心や、儚くも強く美しい生き様を描いています。

この映画では、今までの安達さんの印象を覆す濡れ場が盛りだくさん。例えば上の動画を37秒から見てみてください。本当にヤッるの?!と思うほどリアルで濃厚なセックスシーンとなっています。

もちろんほかにもエロいシーンがたっぷりとあるので必見ですよ。

〇関連記事
映画「花宵道中」の濡れ場では本当にヤッてる?安達祐実のセックスシーンを徹底検証


まとめ:「硝子の葦」のセックスシーンは臨場感満載だった!


見る人を虜にしてしまうほどの迫真の濡れ場を演じ、相武紗季さんの女優魂を感じたドラマ「硝子の葦」。残念ながら本当にヤッているわけではありませんが、本物に見えるほど過激なエロさが楽しめます。

まだ見たことがない人は、ぜひこの機会に「硝子の葦」を見て、実際に濡れ場をチェックしてみてくださいね。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
相武紗季の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(正常位・騎乗位)を解説
相武紗季の入浴シーンに反響続々!口コミや評判まとめ(画像有り)

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る