喜多嶋舞の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(乳首丸出しの拘束SEXなど)を解説

喜多嶋舞の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(乳首丸出しの拘束SEXなど)を解説

55,092 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
喜多嶋舞さんは映画やテレビドラマなど多方面で活躍した元女優です。映画やテレビドラマのベッドシーンやキスシーンなどでエロい濡れ場を披露しました。40代後半の喜多嶋舞世代はもちろんですが、往年の人気女優の濡れ場を見たくない人はいないでしょう。そこで今回は、映画で披露した貴重な喜多嶋舞さんの乳首まる出しの過激な濡れ場シーンをご紹介します。是非ご覧ください!


バブル期に一気にブレイクした清純派でセクシーな元女優・喜多嶋舞




 


簡単なプロフィール


喜多嶋舞(きたじま まい)さんは元女優です。1972年8月11日生まれの現在46歳です。出身地は神奈川県茅ヶ崎市です。身長は164cmで、血液型はAB型です。




喜多嶋舞さんが2歳の時に、両親とともに米国へ移住して、カリフォルニア州で育ちました。母親は女優の内藤洋子さん、父親は音楽プロデューサーの喜多嶋修さんです。




1986年から2015年にかけて映画・テレビドラマなどに出演して芸能界で活躍しました。映画「釣りバカ日誌」「八つ墓村」やテレビドラマ「春日局」「学校へ行こう!」などの人気作品に出演しました。




2015年に家庭の事情で、「公私のけじめ」をつけたいという理由をもって芸能界を引退しました。


喜多嶋舞さんは1986年~2015年まで芸能界で大活躍した人気女優でした!





1988年に父親の修さんがプロデュースしたシングル「Whisper」で歌手デビューしました。
同シングルが挿入歌となったフジテレビ系ドラマ「ときめきざかり」で初主演して女優活動を開始しました。




2013年には東映ビデオ製作の映画「おもちゃ」に出演しました。深作欣二さんが監督で、共演は宮本真希さん、富司純子さん、南果歩さん、津川雅彦さんなどです。

次のページ
喜多嶋舞の濡れ場ごとにヌキどころを解説
  • 1
  • /
  • 5
1/5 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る