1
小西真奈美の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(濃厚キス・本気喘ぎ)を解説

小西真奈美の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(濃厚キス・本気喘ぎ)を解説

23,480 views

小西真奈美さんは、ファンの間で「こにたん」と呼ばれ親しまれている、黒目がちで可愛く魅力的な女優さんです。過去にはモデルとしての活動後、女優デビューしてからはブルーリボン賞や日本アカデミー賞など、数々の実績を獲得されています。2006年に公開された映画「天使の卵」では、ヌードでの大胆なラブシーンに挑みました。今回は、小西真奈美さんの貴重な濡れ場シーンとヌキどころを詳しくご紹介していきます。


黒目がちな可愛さが魅力の女優・小西真奈美




簡単なプロフィール

小西真奈美さんは、1978年10月27日生まれの鹿児島県川内市出身で、「小西真奈美」は芸名ではなく本名のようです。現在40歳ですが、若い頃と変わらない可愛らしい魅力を保ち続けていますよね。

1997年に大手のモデルエージェンシーが主催する「エリートモデルルック」のオーディションにてグランプリを受賞し、モデル活動を始めました。身長は168cmと意外に高いと感じていたものの、モデルさんをしていたと知って納得です。



同年1997年に「北区つかこうへい劇団」へ入団後、舞台「寝取られ宗介」に出演して女優デビューをしました。その後、「ココリコミラクルタイ」というバラエティ番組に出て注目され始め、CMやドラマ、映画出演と大活躍しています。

2017年頃からメディアにあまり姿を見せなくなった小西真奈美さんは、ネット上で「干された?」と噂されていました。しかし干されたのではなく、事務所の移籍が原因ではないかといわれています。




現在もドラマや映画出演を中心として活躍中で、最近では今年1月に全国公開された人気俳優の山田孝之さんがプロディースする話題の作品、映画「デイアンドナイト」に出演中です。


福山雅治との熱愛の噂はホント?ずっと独身?

2010年10月頃に、小西真奈美さんと福山雅治さんとの間で週刊誌「女性セブン」による熱愛報道がありました。それによると2人は2004年頃に出会い、同じ九州出身ということもあって意気投合し、結婚を前提とした真剣な交際をしているといった内容を書かれ話題を呼びました。

2人の所属事務所は結婚を全否定。小西さんは今回の「女性セブン」が発売され前の11月3日に映画「行きずりの街」のPRイベントに出席し、少し顔を赤らめながら福山さんからラジオの番組に1、2度招かれたことがあり、小西さんのスタッフの誕生会を福山さんに開いてもらったこともあるが、結婚も交際もないと話した。
引用:ライブドアニュース





しかし調べてみると、こちらは全くのデマ報道だったようです。その後、小西真奈美さんの曲でサウンドプロデュースを手がけたkrevaさんとの熱愛も噂されていましたが、こちらもただの噂だったということがわかりました。

そして、小西真奈美さんには未だ結婚したという情報もなく、どうやら2019年2月の現在も独身のようです。しかし小西真奈美さんは結婚に対して前向きに考えており、結婚情報誌「ゼクシィPremier SUMMER 2018」において、自身の結婚観を次のように語っていました。

『ありがとう』や『ごめんなさい』『愛してる』など、言葉や態度で表現できる人。言わないと分からないし、言葉で伝えることってすごく大切だと思うんですよね!
引用:ゼクシィ


現在アラフォーですが、若い頃と変わらない魅力を持ち続ける素敵な女性ですから、ぜひ素敵なパートナーを見つけて一緒に幸せを掴んで欲しいものですね。


小西真奈美の濡れ場でのヌキどころを解説

小西真奈美さんといえば、小顔で小動物のような瞳を持った可愛らしさと、スレンダーなボディが魅力的ですよね。そんな小西真奈美さんが、過去に出演してきた数々の映画の中には、濡れ場である濃厚なキスシーンやベッドシーンがあります。

ここからは、可愛らしい大人の魅力あふれる小西真奈美さんのヌキどころを、詳しく解説しながらご紹介させていただきます。


濡れ場が見れる映画①「天使の卵」




2006年10月に公開された「天使の卵」は、小西真奈美さんの他、市原隼人さんと沢尻エリカさん出演という豪華キャストによって繰り広げられる、直木賞作家の村山由佳さんが描いた美しくも切ないラブストーリーです。



あらすじを簡単に説明しますと、絵描き志望で美大には入学したものの学校へ行かずに、土木作業のバイトに明け暮れる一本槍歩太(市原隼人)は、4年前に同級生の斉藤夏姫(沢尻エリカ)と交際していました。歩太の父親は絵描きでしたが、ノイローゼになり入院してしまいます。

ある日、父親の入院する病院へ見舞いに行った帰りに、満員電車で美しい女性と出会って一目惚れしてしまい、彼女のことが忘れられなくなります。歩太は記憶を頼りに、電車内で出会った女性の絵を描き続けるのでした。

そして数日後、父親が入院する精神病院へ行くと白衣を着た主治医は、満員電車の中で一目惚れした女性、五堂春妃(小西真奈美)だったのです。しかも、話をしていくと春妃が夏姫の姉であることを知るのでした…。美しい作品ですが、涙することなくみられない悲恋の物語です。




「天使の卵」の詳細はこちらから


  • 1
  • /
  • 4
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



TOPに戻る