鈴木杏の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(騎乗位・立ちバック)を解説

鈴木杏の濡れ場で20回ヌイた私がヌキどころ(騎乗位・立ちバック)を解説

13,503 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
鈴木杏さんといえば、子役でデビューし2000年に放映されたポカリスエットのCMで一躍有名となった女優さんです。そんな鈴木杏さんが2011年に公開された映画「軽蔑」では、子役時代の清純派イメージを払拭して、果敢にもストリップダンサーの役に挑みました。そこで今回は、鈴木杏さんの濡れ場シーンとヌキどころを詳しく解説します。最後にはセクシー画像もご紹介していますので、ぜひお楽しみください。


子役時代の清純なイメージが強い女優・鈴木杏




簡単なプロフィール

鈴木杏さんは1987年4月27日生まれで東京都出身、母方の祖父がアメリカ人のためクオーターとなります。本名は芸名と同じ「鈴木杏」で、本年(2019年4月)で32歳の誕生日を迎えます。愛称は「あんこ」や「ネロ」と呼ばれ親しまれていて、小学生の頃(1995年)から子役として芸能活動を開始しました。



1995年に「Missダイヤモンド」でドラマデビューを果たし、1996年に放映された「金田一少年の事件簿(第2シーズン)」で子役デビューをしました。その後1997年のドラマ「青い鳥」にて一気に知名度を上げ、2000年にはポカリスエットのCMに出演し、初々しさを見せてくれました。




その後、2000年に放映されたドラマ「六番目の小夜子」では主役、2001年に放送されたドラマ「金田一少年の事件簿(第2シーズン)」ではヒロイン役を演じ大活躍しました。そして2003年に公開された映画「青の炎」に出演し、演出家の蜷川幸雄さんと出会ったことがキッカケとなり、蜷川さん作品の舞台でも活躍し始めます。

女優にならなかったらカウンセラーか保育士になりたかった。
引用:有名人データベース PASONICA JPN


と言う鈴木杏さんは、大学で心理学を学べるところを選んだようですが、女優業があまりにも多忙になり休学しているようです。近年では2017年に舞台「欲望という名の電車」に出演してステラ役を演じ、翌2018年公開の映画「明日にかける橋 1989年の想い出」では主役を演じています。

2019年3月の現在では、2016年8月に一度幕を下ろしていた「母と惑星について、および自転する女たちの記録」の舞台上演が決定し、次女役として出演中です。また、2019年7月31日から公開の「フローズン・ビーチ」という舞台にも主演が決定しており、舞台女優の方でも大活躍しています。


鈴木杏は過去に熱愛報道なし?結婚は?

鈴木杏さんは今年(2019年)で32歳になりますが、これまでに熱愛報道はなかったようです。調べてみたところ、これまで鈴木杏さんとの熱愛で噂にあがった人物は2人いて、1人目は嵐の二宮和也さんで、2人目は俳優の松田将太さんの名前が出てきました。

二宮和也さんとは1998年に放映されたドラマ「あきまへんで」で初共演して以来、ずっと仲が良かったことから交際の噂が出ていました。当人の鈴木杏さんは、二宮和也さんについてブログにて下記のように書いています。

あ~文章にてますか?一時期はゲームニッキ読んでたけど、、最近読んでないな~。
ってこと言ったら怒られるかな?
不思議な人ですよね。不思議な人だなぁ~って思います。
兄的な存在。あ、でもやっぱ変な存在。
引用:鈴木杏オフィシャルブログ


あくまで兄弟のような仲良しのつき合いであり、熱愛関係ではないようです。

松田将太さんとは、家族ぐるみでのお付き合いをされているとのことで「付き合っているのでは?」と噂になりましたが、交際しているという可能性はなさそうでした。しかも松田将太さんは、2018年9月にモデルの秋元梢さんと結婚していますから、たとえ交際が本当だったとしても縁がなかったということになりますよね。

そして現在も、鈴木杏さんがお付き合いしている相手はいないようで、熱愛や結婚に関しての情報はまったくありませんでした。もしかしたら、お付き合いの仕方が上手くて知られていないだけで、突然電撃結婚なんてこともあるかもしれませんね。


鈴木杏の濡れ場でのヌキどころを解説

鈴木杏さんは、子役時代から長いこと清純派のイメージで活躍してきましたが、過去に出演した映画で大胆な濡れ場を演じています。魅力的なボディを惜しみなく披露したヌードシーンや激しく濃厚なラブシーンもあります。ここからは鈴木杏さんの出演作品からヌキどころを、詳しく解説しながらご紹介させていただきます。


濡れ場が見れる映画は「軽蔑)」




鈴木杏さんが、過去に多く出演してきた映画の中で初めて濡れ場を演じたのは、2011年に全国で公開された映画「軽蔑」です。鈴木杏さんのヌードシーンと、主人公を演じた高良健吾さんとの激しいセックスシーンが話題となりました。



賭博に明け暮れ欲望のままに生きる男と、彼の生きざまに惹(ひ)かれた踊り子が、命を狙われながらも愛し合う姿を描くラブストーリー。芥川賞作家・中上健次による最後の長編作品を基に、愛し合うものの引き裂かれていく純粋で不器用な男女の愛をリアルな筆致で映像化。
引用:Yahoo! JAPAN映画


あらすじを簡単に説明しますと、東京で堕落した生活を送っていたカズ(高良健吾)は、新宿の歌舞伎町で踊り子として働く真知子(鈴木杏)と出会います。二人は激しく惹かれ合い、一緒にカズの故郷へ帰り新しく暮らし始めました。しかしカズは、田舎で旧家の一人息子だったために踊り子あがりの真知子との交際を反対されてしまいます。




カズは真知子のために真面目に働き始めるものの、町中の人から好奇の目で見られ行き辛さを感じ始めます。やがて孤独と不安に耐えられなくなった真知子は、ひとり東京へ去ってしまうのでした。

カズは真知子を想い東京へ向かって、真知子を探し出し再び二人でカズの田舎へ戻ります。なんとか両親から結婚の承諾を得た二人は、晴れて夫婦になることができたものの、幸せな思いもつかの間で田舎の閉塞感が二人を苦しめることとなります。

都会にも田舎にも居場所がなくなっていく二人が、追い詰められながらもお互いを思い愛し合う、切なく不器用な愛を描いた物語です。

「軽蔑」の詳細はこちらから


問題のラブシーンを詳しく紹介

映画「軽蔑」では、キスシーンとセックスシーンの濡れ場が3回ほどあり、ヌケるシーンが多くあります。踊り子として披露するポールダンスでは、可愛いおっぱいも堪能することができますよ!



映画が始まって約20分くらいで、主人公カズを演じる高良健吾さんとラブシーンに突入します。濃厚なキスシーンから激しいセックスシーンとなり、鈴木杏さんの魅惑的な喘ぎ声や二人の息づかいに興奮します。

そして次のラブシーンはベッドの上でのセックスシーンになるのですが、こちらは騎乗位でのセックスシーンです。そして3回目の濡れ場は服を着たまま、強引に高良健吾さんから立ちバックで激しく突かれる鈴木杏さんの姿にはかなりそそられました。


次のページ
【オナニーのオカズに】ヌキどころを徹底解説
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る