ヴァージンループシリーズの全10種比較!最も気持ちいいオナホが決定

ヴァージンループシリーズの全10種比較!最も気持ちいいオナホが決定

12,411 views

この記事を書いた人
オナホマイスター
小鳥遊
週8でオナニーする28歳男。バリバリの営業マン時代、唯一の楽しみだったオナホのレビュー動画を某動画サイトにアップしたところ再生数が10万回を越え、panpan編集部にライターとしてスカウトされる。王道のTENGAから変わり種の据置オナホなど、これまで50種類以上のオナホを試した経験を活かし、リアルな使用感を伝えていきます。
Amazonなどのオナホランキングでも常に上位にいるのが、RIDE JAPANが誇るヴァージンループシリーズです。2013年に発売が開始されてから現在まで、多くの男性のチンポを気持ち良くしてきました。今回は今まで発売されたシリーズ全10種を紹介・比較しながら、ヴァージンループNo.1を決定します。ヴァージンループの気持ち良さを知らないと損なので、まだ未体験の方は次に買うオナホの参考にしてくださいね!





RIDEJAPANのオナホ人気シリーズ「ヴァージンループ」とは?

ヴァージンループは2013年にRIDE JAPANから発売されたオナホです。今では日本を代表するレベルのオナホにまで成長しました。特に人気が跳ね上がったのが2017年。あるTV番組で千原ジュニアさんがヴァージンループについて語ったのがきっかけと言われています。






「人を超えた」とまで言わしめるその実力。それを可能にしたのがヴァージンループの特徴である縦ヒダのゾリゾリ感です。最近は似たような構造のオナホも他社から販売されていますが、オリジナルを超えることはまだできていません。



使用した人たちも大絶賛のヴァージンループは、2019年10月現在で10種類がリリースされています。価格もお手頃なので気持ち良さを考えるとコスパも抜群。お釣りがくると言ってもいいくらいの国民的人気オナホです。



オナホファンの間では略して「ヴァージル」と呼ばれることもあるので、ぜひこの呼び名も覚えておいてくださいね。





「ヴァージンループ」全10種類のオナホ早見表

商品名 NSL価格 / 定価 一言ポイント
ヴァージンループ 1,280円 / 2,420円 初代にして完成度が高い!
ヴァージンループハード 1,280円 / 2,420円 ハード系人気No.1!
エイトロング 1,580円 / 2,860円 秘密は「8」にある!
ダブルモーション 2,380円 / 4,290円 ダブルの刺激で絶頂!
エイトロングハード 1,580円 / 2,860円 強制搾精されるオナホ!
ダリンセブン 1,580円 / 2,860円 ちょうどいいオナホ!
ダブルモーション
ロングハード
1,580円 / 2,860円 金玉が空になる恐れあり!
ダリンセブンハード 1,600円 / 2,860円 亀頭責めで悶絶!
ストロングピッチ 1,680円 / 3,080円 ヴァージル初のゆる系!
ふわひだストロングピッチ 1,680円 / 3,080円 長時間オナニーを満喫!
※商品名が長いので3つ目からは「ヴァージンループ」を省略しています



2019年10月の段階では上記の10種類が販売されています。発売中止になったものがないことからも、その気持ち良さと人気は明らかですね。ここからはヴァージンループ全10種類について1つずつ詳しく紹介していきます。



口コミや筆者が実際に使った感想、気持ち良く使うためのコツなどもお伝えしていきます。ぜひ今後のオナホ選びの参考にしてください。評価は「使いやすさ・気持ち良さ・コスパの良さ」の3項目で採点しています。



順番は発売日順になっているので、ヴァージンループの進化も感じていただけるのではないかと思います。





①ヴァージンループ


価格 1,280円(NLS価格)/ 定価2,420円
使いやすさ ★★★★☆(4)
気持ち良さ ★★★★☆(4)
コスパの良さ ★★★★★(5)
一言ポイント 初代にして完成度が高い!





まずは2013年に発売された初代の「ヴァージンループ」です。発売当初はあまり有名でなかったのですが、今ではRIDEの看板商品に昇り詰めています。それまでのオナホとは一線を画したヴァージンループ。その特徴を見ていきましょう。





ヴァージンループのここがスゴイ!

「ヴァージンループ」の魅力や特徴について口コミを交えながら解説していきます。ここから先は、使いやすさ・気持ち良さ・コスパの良さの順に口コミをご紹介。それぞれのオナホの特徴を簡潔にまとめていますので参考にしてください。



初心者向けと聞き、初めて購入したのがこのオナホールでした。



何個かこの後オナホールを購入しましたが、このオナホールは本当に扱いやすくて初心者向けだったなあと思います。

(中略)

この商品は洗浄もしやすく耐久性もかなり良いので、初心者の方は結構ここから始めると思います。

引用:NLS



初心者の人でもすぐに使えてちゃんとイクことができます。オナニー時に使用しやすいのは当然ですが、使った後の洗浄もしやすいので賢者タイムも苦になりません。長さは14.5cm、重さは266gで持ちやすさもちょうどいいサイズになっています。



クローバー螺旋という今までにない形状のホールで、ホール自体は、ゆる系であまり締めつけは強くないのですが、この形状のせいか、それで刺激が弱すぎるということもなく文句なくイクことができます。

引用:NLS



気持ち良さを実現したのが四重の螺旋構造をした内部。縦と横のヒダが絶妙に配置してあり、締め付けではなく擦れるときの気持ち良さでイケます。入口はキツめになっているので、処女のまんこに挿入する感覚を毎回味わえます。



素材が柔らかいために、ゆっくりストロークすればまったり派(生粋を除く)にも対応可能な汎用性の高いホールだと思います。使用感、コスパともに優秀な一品と言えるでしょう。

引用:NLS



良心的な価格もさることながら、丁寧に扱えば耐久性も高い「ヴァージンループ」。さらに使い方によって短時間からまったり長時間まで楽しめるので、オナニーの幅が広がるという点でもコスパは最高クラスだと言えます。



ただの穴だったオナホに革命を起こした「ヴァージンループ」は、初代にしてかなりの完成度を誇るオナホです。初版から6年以上経過した現在でも、初代ヴァージンループを愛して止まない人たちがいるのも納得できますね。





筆者はこれで風俗に行かなくなりました!

実は今回紹介する10種類のヴァージンループシリーズは、全て筆者も使用したことがあります。その結果、この初代ヴァージンループが発売されてからは、風俗に行く回数が激減しております。



なぜなら本物のまんこより気持ちいいから。非貫通オナホなので空気を抜けば強力なバキューム力を発揮しますし、内部のヒダはシンプルでありながらチンポに絡み付いてきます。こんなまんこを手に入れたら病みつきになってしまうのも当然ですね。



「ヴァージンループ」のおすすめの使い方はゆっくりシゴくこと。高刺激系のオナホは短期決戦向きですが、この気持ち良さを一瞬で終わらせるのはもったいないです。ゆっくりシゴくことでヒダがまとわりついてくる感覚が味わえます。



筆者はこのゆっくりオナニーで腰が引けるという感覚を覚えました。イク直前まではスローペース、イク寸前に猛烈にシゴきあげると最高の射精ができますよ。まさに快感の螺旋がチンポを襲ってきます。



〇関連記事

オナホ「ヴァージンループ」の魅力・口コミ・評価まとめ【使用動画あり】





②ヴァージンループハード


価格 1,280円(NLS価格)/ 定価2,420円
使いやすさ ★★★★★(5)
気持ち良さ ★★★★★(5)
コスパの良さ ★★★★★(5)
一言ポイント ハード系人気No.1!





続いては初代ヴァージンループのハードタイプである「ヴァージンループハード」を紹介します。こちらは2014年に発売されました。ヴァージンループシリーズのハード系にはRIDEオリジナルのハードタッチエアーという半透明素材が使われています。





ヴァージンループハードのここがスゴイ!

「ヴァージンループハード」の内部構造は初代とほぼ一緒ですが、奥に子宮口が新たに追加されました。他のメーカーでもハード系オナホは販売されていますが、このヴァージンループハードの成功によって確立されたと言ってもいいでしょう。



ちゃんとしたオナホは初体験でしたのでローションも持っていませんでしたが、本体に付属していて助かりました。

(中略)

初めて使うにはちょっと刺激が強すぎた感じはしますが大満足です。使用後にしっかり洗ったので長く使えました!

引用:NLS



ローションが付属しているので、パッケージを開封すればすぐ使えます。ハード系なので初代よりは洗いにくいかもしれませんが、中が透けて見えるので洗い残しの心配はありません。使いやすさゆえ、ついオナニーしすぎてしまうというのが唯一の欠点でしょう。



これはやばいーいぃぃ!!

初めて入れた時、調子こいて上下しまくった結果、1分も持たずに発射しました…。
あの裏筋に当たるのがやみつきですね。

引用:NLS



「ヴァージンループハード」に初めて挿入したら、大体の人はこのようになります。これまで経験したことのない気持ち良さが、チンポを伝って脳天まで駆け巡る感覚。普段はすぐイカない人でも数回の上下運動でイッてしまうレベルの気持ち良さです。



性能としてもいいですが、耐久性もかなりいいし、構造も単純なので非常に洗いやすい。

しかも値段も割と安い。そういった意味では長く使える、非常にコスパのいい製品だなと思います。

引用:NLS



やはり気に入ったオナホには愛着が湧くので、できれば長く使いたいものですよね。このオナホなら素材もハードな分、愛情を持って使用すれば長持ちします。洗浄後にきちんと乾かすために2個持ちするのも長く使っていく方法の1つです。



初代ヴァージンループとは構造が同じでも、よりイキやすくなったオナホだと言えます。巷では"絶対ヌケるオナホ"と呼ばれている実力を、ぜひ自身のチンポで確かめてください。ただしこれでオナニーしすぎると、膣内射精障害になる恐れもありますのでご注意を。





筆者が発見した最高の使い方はこれ!

「ヴァージンループハード」を初めて使ってからしばらくは、挿入してすぐイクことを繰り返していました。初代のようにゆっくりオナニーしてもなかなか長持ちしません。そこで発想を変えました。「もっと早くイッやろう」と。



こちらのツイートで予想されている回転系の刺激、これをプラスしてオナニーしてみることにしました。するとどうでしょう、ただでさえ気持ちいい「ヴァージンループハード」がさらにチンポを刺激してきます。



訳も分からず上下+回転の刺激をチンポに与え続けていると、あっという間に昇天してしまいました。これを経験してしまうと上下のピストンだけでは物足りなさを感じてしまうほど。時には抜かずの2連射をするときもありました。



このように「ヴァージンループハード」は回転を加えることでさらに強力になります。おすすめの使い方は上下+回転+バキュームの3段活用。これに慣れてしまうと絶対にまんこではイケなくなるので、特別な日にやることを提案したいと思います。



〇関連記事

オナホ・ヴァージンループハードの魅力/口コミ評価/使用動画まとめ

【ハマりすぎ注意!】マンコ以上の未知なる快感「ヴァージンループハード」で即発射した話





次のページ
③ヴァージンループエイトロング
  • 1
  • /
  • 4
1/4 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る