元AV男優が教えるバイブの使い方まとめ|確実にイク方法、教えます

元AV男優が教えるバイブの使い方まとめ|確実にイク方法、教えます

11,274 views

この記事を書いた人
セクシーな人生を。
panpan編集部
メンズ総合情報サイトpanpan[パンパン]のメイン編集デスクです。2015年にコンパ仲間とともに立ち上げ、読者にとって本当に価値のある情報提供を心がけて執筆を続けてきました。他のサイトではちょっと見られない、PanPanならではの使える恋愛ネタやテクニックを発信していきます。応援よろしくお願いいたします。
上手に使えば女性を気持ち良くイカせられるアダルトグッズ「バイブ」。しかし、攻めるポイントや使い方を間違えると、女性を痛がらせてしまうことも……。バイブを使いこなすには経験も必要とあって、今でも悪戦苦闘している男性も多いのでは?そこで今回は、元AV男優の筆者が、自分の経験をもとにバイブで女性をイカせるコツやテクニックをこっそり教えちゃいます。


AVでのマストアイテムがバイブ!元AV男優の私は現場でテクを教わりました

かつては、某AV会社で男優として働いていた筆者(倒産しましたが……)。セックスのテクニックが未熟だった私に、最初に先輩男優から教え込まれた技術が、女優に対するバイブの正しい攻め方でした。


先輩AV男優から「バイブの使い方を知るのがAV業界で出世するコツだ」と教わる

15年ほど前にエキストラ役にバイト出演したことがきっかけで、もっと稼ぐためにAV男優の仕事を始めました。とは言っても、プライベートでヤリチンだったわけではなく、どちらかと言うとセックス経験は少なかった方です。

そんな経歴の私ですので、AV現場では悪戦苦闘。なにしろ、相手が百戦錬磨のセクシー女優とあって、時には中折れして撮影中止になったことも……。すっかり弱気になっていた私に、優しく声を掛けてくれたのが先輩のAV男優(兼監督)でした。

「バイブで女優をイカせられたら、この業界で簡単に出世できるんや!」……という先輩の言葉は、AV男優を辞めた今でもよく覚えていますね。そんな私が、撮影現場で教え込まれたプロならではのバイブの使い方をご紹介していきます。


テクニックをマスターするとAV女優がガチで感じているのが分かってきた

「奥まで突けば気持ちが良い」「とにかく、早く出し入れする」……普段からパートナーにバイブで攻めている男性の中には、このように考えている方も多いでしょう。かつての自分も、そんな男のひとりでした。

撮影現場では女優さんはヨガってくれますが、もちろんそれは演技。実際に気持ち良い訳ではありません。特に企画女優のような演技経験が少ない相手の場合、喘ぎ方が不自然すぎるので、そのたびに気まずい思いをしたものです。

そんな私でしたが、先輩に教えてもらったテクを実践することで、相手をガチでイカせられる男優へと成長。カラダをガクガクさせて絶頂する女優を見る度に、不思議と男優としての自信が付いてくるようになりました。時には盛り上がりすぎてしまい、女優さんが失神してしまったことも……今となっては良い思い出ですね。


バイブでイカせると大量の潮吹きを可能にする!

AV作品でも根強い人気の潮吹きモノ作品。この記事をご覧の男性の中には「女性を潮吹きさせたい!」と意気込んでいる方も多いでしょう。しかし、潮吹きには体質なども影響しますので、AVのように綺麗に潮を吹かせるのは至難のワザです。

ですが、ご安心を!バイブテクが上達すれば、相手をイカせることはもちろん、ど派手に潮を吹かせることだって可能です。もちろん、確実に潮を吹かせるには練習する必要がありますが、攻め方や攻めるポイントをちょっと変えてあげるだけでも、潮吹きのハードルはグッと下がります。

また、女性との相性もありますので、バイブグッズの種類を変えてあげるだけでも、潮吹きできる可能性はぐっと高くなります。この記事の最後に、攻める場所に応じたバイブ商品を「女性の潮吹き体験コメント」と合わせてご紹介しますので、ぜひともご一読してみてください。


確実に女性をイカせるバイブの使い方まとめ

ここからは、筆者がAV男優時代に実践した「女性をイカせるバイブの使い方」を紹介していきます。ちょっとしたコツで気持ち良くなれる方法もありますので、バイブ未経験の方もぜひともチェックしてみてください。


まずはバイブ選びから!バイブの基本的な機能を勉強しておこう


使い方を知る前に、まず大事なのが「バイブの選び方」です。さまざまなタイプのバイブグッズが販売されていますが、アソコのどの部分を刺激したいのか、どんなオナニーやプレイをしたいのかによっても、最適なバイブは変わってきます。


バイブグッズは、大まかに「ポルチオ攻め」「Gスポット攻め」「クリ攻め」の3種類に分かれます(兼用するグッズもあり)。また、振動の種類も「スイング」や「ピストン」などがあり、さらには複数の振動パターン(強→弱の繰り返し)が搭載されているものもあります。


見た目の点で言えば、極限まで男性器に似せたバイブもあります。カタチはもちろん、血管の浮き具合まで完全再現しているものもありますので、疑似セックスの気分でオナニーを楽しみたい女性から高い人気を得ています。

中には高額なバイブグッズもありますので、適当に買ってしまうと痛い出費になることも……。女性がバイブを選ぶ場合は、「バイブでどう楽しみたいか?」の優先順位を付けて買うことをオススメします。また、男性がひとりで買うと失敗するケースが多いので、必ずパートナーと一緒に選ぶようにしましょう。


バイブを使う前にじっくり前戯し、マンコを十分に濡らす



バイブの失敗談で多いのが、「痛すぎて、気持ち良くならない!」というケース。おマンコが濡れていないと、摩擦の痛みで気持ち良さが感じられないこともあります。

女性がひとりで使う場合はもちろん、男性が使う場合でも、充分におマンコを刺激してあげて、ナカを充分に湿らせておく必要があります。いきなりバイブを使うとおマンコを痛めてしまうこともあるので、まずは指などで準備運動をしてあげてください。


もっとも、濡れやすいかどうかは女性の体質によっても違ってきます。濡れにくい女性の場合なら、潤滑ローションを併用してバイブの刺激やキツさをマイルドにしてあげるとスムーズに楽しめます。


クリトリスを攻める時のコツは「バイブを当てる強さに変化をつける」

バイブ攻めに慣れていない男性はもちろん、意外とよく分かっていない女性も多い、クリトリスの攻め方。中には、バイブをクリに強く押しつけているだけの人も多いのではないでしょうか?

バイブでクリトリスを攻める時に重要なのは、刺激に変化をつけてあげることです。当てる強さを変えるだけでも刺激は大分変わってきますし、時にはクリの周辺に当てて焦らしてあげるのも効果的です。

また、クリトリスは目に見える部分だけが性感帯ではありません。包皮をしっかり剥いてあげて、クリの横側(根元)も刺激してあげると、感じ方の度合いも変わってきます。


Gスポットは、優しく揉みほぐすように刺激しよう!


まずはおさらいから。Gスポットは膣の入口付近のお腹側に位置する性感帯です。「クリトリスを裏側から刺激する」と言い換えれば、攻め方のイメージもつきやすくなるかと思います。

次のページ
バイブでポルチオを開発してみよう
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る