正常位で彼に「かわいい」と思わせる表情・仕草・神テクニックまとめ

正常位で彼に「かわいい」と思わせる表情・仕草・神テクニックまとめ

2,758 views

この記事を書いた人
性の遊牧民
えりゅ
魔女裁判とリョナがオカズになる、精神的S肉体的Mな変態娘。現在は乳首イキの成功率を上げるため自己開発しつつ、イククルでAF開発&二穴責めしてくれるご主人様を捜索中。目下の悩みは足ピンオナニーがなかなかやめられないこと。
彼とのセックスでする1番多い体位といえば、やはり正常位です。そんな正常位中に「かわいい」と思って貰えれば、間違いなく彼はあなたの虜。今回は彼をメロメロにすべく、正常位中にかわいい表情を作るコツをマスターしちゃいましょう。またぜひとも実践してみて欲しいかわいく見える仕草や、いつも以上に興奮し感じる神テクニックも要チェック!する機会の多い正常位だからこそ、他の女性と差をつけましょう!


正常位で「かわいい」と思わせれば、大好きな彼をメロメロにできる!


「キスしながらできるから愛を感じる・密着感があるから安心する」などの理由から、多くの人に好まれる正常位。でもそんな正常位中に、自分がどんな表情をしているか意識していますか?残念ながら仰向けになった顔って、自分が思っている以上にブスなんですよ。


「仰向けは人類の99パーセントがブスに写る角度」、そう言われるように、多くの女性が正常位中の表情に不安を持っています。




「いっそ紙袋をかぶせて欲しい・しがみつくかキスしちゃう・よくこれで興奮できるな」、こんなこと思っていては、せっかくの彼とのセックスなのにこれっぽっちも集中できませんよね。

しかし「正常位中はブスになってもしょうがない状態」、なんて諦めることはありません。ほんの少しのコツを覚えるだけで、ブスになりがちな正常位でもかわいい表情は作れるのです。

頻繁にする体位だからこそ、正常位で彼に「かわいい」と思ってもらいましょう。かわいいと思って貰えれば、彼も興奮していつも以上に激しいセックスが楽しめます。いつも以上に気持ちいいのに今まで以上に愛される、そんな最高の結果を手に入れるためにも、これからご紹介する情報をしっかりチェックしてみてくださいね。


なぜ正常位中は顔がブサイクになりやすいか?顔の角度とイキ顔が大きな原因


なぜ正常位中は顔がブサイクになりやすいのか、まずはこの原因を知っていきましょう。ブサイクになる要因は3つ考えられます。自分がどれに1番当てはまるのか、これを知るには1度鏡で見てみましょう。すると自分がブス顔になる角度がわかるので、対策も練りやすくなりますよ。


顔の角度が下から覗く形になるので、老けた表情になりやすい

少し離れた場所から見るのなら、伏し目がちで色気のある表情かもしれません。しかし正常位中はかなり近距離で見られます。この下からの角度は、とにかくブサイクになりがちなのです。それがよくわかるのが、こちらの動画です。



いかがですか?正面から見れば美人でも、下から覗くとかなりのブサイクですよね。

・鼻の穴が大きく強調される
・頬肉に邪魔され目が細く見える
・顎肉が強調されデブに見える

これらの理由から、下からの表情は老けやすくなってしまいます。特にヒドく見えるのは、彼の視線と鼻の穴が直線になった時です。彼の視線の先に鼻の穴がこないようにするだけでも、この被害は抑えられます。


重力のせいで顔周りの肉が横に垂れるので、のっぺりとした顔になりやすい

若いうちならまだしも、30代目前にもなればどうしても肌のハリは失われていきます。すると重力に負けて、お肉が横に流れやすくなってしまうのです。これはお肉が余りがちな、ぽっちゃりフェイスの方にも当てはまります。

・頬の肉が流れてのっぺりとした表情になる
・顎の肉がだれて幅広な顔になる
・こめかみが伸びて腫れぼったい目になりやすい

こんな状態で「かわいい表情」になるわけがありません。よく「重力に負けておっぱいが垂れる」なんて言いますが、正常位中は特にこの重力が天敵になります。先ほどの「下からの角度は老けやすい」のも、この重力のせいなのです。


イキ顔だとかわいい表情を作れないから、ブサイクになりやすい

「感じている」くらいなら、まだ余裕があって表情も作れるかもしれません。しかしイク寸前にもなってくれば、顔を作る余裕などありません。結果ブサイクになりやすくなってしまいます。

とはいえイキ顔にまで気を使っていれば、快感に集中できず不完全燃焼になってしまうでしょう。そのため「もうすぐイキそう・表情を作る余裕がなくなってきた」そう感じたのであれば、その少し前から作っておく必要があります。


次のページ
正常位で「かわいい」表情を作るためのコツ
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る