セックス体位「屈曲位」とは|グリグリとチンポを押し付けるような圧迫感でパートナーを絶頂へ

セックス体位「屈曲位」とは|グリグリとチンポを押し付けるような圧迫感でパートナーを絶頂へ

940 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
セックスにはいろんな体位がありますが、「屈曲位」と聞いて形が思い浮かぶでしょうか?

四十八手の「深山」、いやもしかしたら「種付けプレス」の方がイメージしやすいかもしれません!

というわけで今回は、セックス体位「屈曲位」について詳しく解説します。

仰向けの女性が足を上げ、男性の肩にのせちゃうアクロバティックな体位です。

やり方も気持ち良さも、この記事を読めば丸わかり。

「今度、早速やってみよう」となるはずです!




アクロバティック見た目に興奮!「屈曲位」とは

屈曲位 体位
引用:FANZA

「屈曲」とは折れ曲がるの意味。体位の屈曲位でいったい何が折れ曲がるのかと言うと、女性のカラダです。

導入部分は正常位に似ていますが、寝そべった女性が両足を高く上げ、男性の肩にのせるところが大きく違います。

足を抱え込むようにカラダを曲げるので、秘部がぐいっと前に押し出されるのが特徴。

そこへ男性が覆いかぶさる密着度の高い体位です。見た目もとてもアクロバティック!

マンコもアナルも丸見えで、女性は羞恥心をあおられ、男性はますます興奮。

膣が上向くのでチンコが奥まで深く挿入でき、Gスポットやポルチオが刺激できます!


「屈曲位」の魅力を3つのポイントで解説

ほかの体位とは異なる屈曲位の魅力とはどのようなものでしょうか?

見た目・スキンシップ・快感の3つの点から、屈曲位の良い点をまとめてみました。


◆エッチな部分が丸出し!◆
仰向けに寝た女性が、両足を高々とかかげます。お尻がぐっと上がり、まるで浣腸するときみたいな無防備なかっこうになるわけです。

パンティもはいてない全裸の状態ですから、アソコもアナルも丸見え。

これから挿入と言うときに、女性は恥ずかしさで濡れ、男性は興奮していきり勃ちます!


◆正常位より密着度が高い!◆
女性の両足は男性のカラダを挟む形で肩の上へ。

男性が女性に上から覆いかぶさる形となるので、カラダの重みも加わって、正常位のときより密着感がぐっとアップします。

下腹部同士もそうなら、ふくらはぎと肩、太ももとお腹など、あちこちぴたっとくっつく体位。

一体感が大事なエッチにとって、屈曲位の密着感はたいへん貴重です。


◆Gスポット&ポルチオを刺激!◆
膣が上向き、男性が斜め上から挿入する形となるので、ペニスが奥深くまで届きます。

正常位では刺激しにくいGスポットやポルチオが刺激しやすいのがメリット。


ぐりぐり押しつける圧迫刺激は、女性を絶頂させるのに最適です。

また恥骨が密着するので、膣内に振動が伝わりやすいのも快感を高めます。


おすすめしたい屈曲位の体位3つ

屈曲位が基本となったもので、仲間と言えそうな体位がいくつかあります。

今は屈曲位よりも有名になっている体位すらあって、そちらから入って原点である屈曲位の理解を深めるのもアリでしょう。

それでは早速、おすすめしたい屈曲位の体位をご紹介します!


①深山(みやま)

屈曲位 体位
四十八手の1つである「深山」は、屈曲位の代表的な体位。

古くから親しまれている体位の1つで、「深山本手」の名でも知られます。

深い山と書きますが、これは連なる山々のさらに奥にある山の意味。

女性のアソコを峰がつらなる山脈にたとえ、ヒダの奥深くまで届く体位と言うわけですね!

見た目はアクロバティックですが、実践するのは非常に簡単です。

それでいて気持ち良さはバツグンですから、昔から人気なのもうなずけます。

ピストンのしやすさ、密着度の高さ、挿入の深さ…などなど。

屈曲位の気持ち良さを感じたければ、まずは深山から試すのをおすすめします!


②種付けプレス

屈曲位 体位
めちゃくちゃアグレッシブな屈曲位。それが種付けプレスです。

肩にのった女性の足をわしづかみ、上からのしかかる形で通常の屈曲位以上にカラダの自由を奪います。

身動きの取れない状態なのを悪用して、生中出しを強行!

…つまりコレ、現実にはヤッちゃいけない体位になりますね(笑)。

ただAVではかなり浸透している体位なので、屈曲位のバリエーションの1つとして紹介しました。

もちろんコンドームをつけて合意の上で行なうなら、ワイルドかつ最高に気持ちいいエッチになるはずです!

上半身までグイグイくっつければ、相当な密着感が味わえます。

女性が重みで苦しくなりすぎないよう、そこはくれぐれも気をつけましょう!


③まんぐり返し

屈曲位 体位
まんぐり返しも屈曲位の仲間。

女性がお尻を天井に向け、アナルがむき出しになる姿がエロいです。

挿入メインと言うより、じっくり前戯を楽しむ体位ですね。

マンコをじっと見つめたり、恥ずかしがる女性の顔をのぞき込んだり。

体勢が奇抜なので、羞恥心をあおるいろんなイタズラができちゃいます!

またオマタやアナルと顔を同時に見れるのも、まんぐり返しの良いところ。

四つん這いでも秘部は丸見えですが、見られて恥ずかしがる女性の表情までは見えません。

そこを解消したのがまんぐり返し。Sっ気のある男性なら最高に楽しめるはずです!


代表的な屈曲位「深山(みやま)」の具体的なやり方・コツ

屈曲位の代表と言えば、やっぱり四十八手の深山です。

古くから伝えられ、形がしっかりでき上がっている体位になります。

いきなり種付けプレスに挑戦しようとするのはあまりに無謀。

まずはオーソドックスな屈曲位を、深山の実践で身につけましょう。

それでは以下に、手順を紹介していきます。


①まずは正常位でふつうにエッチ

ちょっと意外に感じるかもしれませんが、いきなり深山ってあまりないです。

正常位でハメていて、その途中から移行する方がスムーズだしうまく行きます。

仰向けの女性が足を上げ、男性の肩の上にのせます。いきなりやっても良さそうに思えますが、それだと挿入がぎこちなくなるんですね。

両足を肩に置けば足と足の幅が狭まり、マンコも自然に締まるからです。

濡れてもいないマンコがきゅっと締まったら、硬いペニスも挿入に悪戦苦闘。

それよりかは正常位でしばらくピストンし、滑らかな動きになってから深山に移行する方がイイんです!


②女性の両足を男性の肩の上に

①で軽くふれましたが、正常位の体勢から女性の肩をよっこらせと男性の肩の上にのせましょう。

このとき男性はひざ立ちになり、自然にカラダが少し起きます。女性の上に覆いかぶさる形となり、それにより挿入に角度が生まれるわけです。

ひざ立ちになったとき、肩にのった両足の重みをやや負担に感じたなら、女性自身に手で足を支えてもらうのもアリです。

腰を動かしやすいバランスになるよう、上半身・下半身ともに体勢をととのえましょう。


③女性の腰の位置を調整

女性の腰の位置も調整しましょう。

足を上げているのでそれだけで十分とも言えますが、腰をさらに高くしてもらえると、深山の名にふさわしい深~い挿入が可能になります。

膣の締まりもさらに良くなり、入っていくときの快感がアップ。

男性も女性も気持ち良くなれる工夫なので、ピストンし始める前に腰の位置を決めておきましょう。

高い位置でキープするのがつらそうなら、下に枕やクッションをしく手もあります!


④腰を回転させるように動かす

挿入に角度ができ、膣がすっかり上向くので、無理せず奥深くまで挿入できます。

締まりも良くなり、奥まで届くので、激しい出し入れはかえって向きません。

ピストンの仕方も屈曲位にあわせて変えてみましょう。

前後に動かすと言うより、挿入したまま腰を回転させるように動かします。

そうすると膣内の気持ちいい部分がいろいろと刺激され、女性がすごく喜ぶはずです。

むろん多少は前後に動かしますが、グラインドする動きを取り入れ、膣壁のあちこちをグリグリ圧迫するイメージで行なうのが良いです。

ふだんより膣が締まっているので、ペニスもそれだけでかなり気持ち良くなれます。


⑤最深部は小刻みに刺激する

子宮の入り口とつながる部分にポルチオがあります。

通常の正常位では届きにくい場所ですが、深山など屈曲位では十分に届く可能性のある場所です。

せっかく深山のエッチをする以上は、ポルチオを意識した動かし方をしましょう。

すっかり奥まで挿入できたら、腰を震わせて奥の方を小刻みに刺激します。

ふだんの正常位ではやらない動きなので、最初は慣れが必要です。

ただポルチオをうまく刺激できなくても、きつく入り込んだペニスの動きは確実に女性を気持ち良くさせます。

挿入の深さを意識した腰振りを心がけると、深山の快感がアップ!

カラダの動きとしても無理がないので、長い時間、屈曲位を楽しめます!


「屈曲位」に魅了された女性たちの感想

「屈曲位」される側の女性の意見も聞かないと不公平ですね。SNSで感想を拾ってみると、屈曲位にすっかり魅力されちゃった女性がたくさん見つかりました!


激しい腰振りが一番と思いがちですが、どうやらちょっと違うようです。奥深くまで挿入されて、グッグッと圧迫刺激。女性がめっちゃ感じるのは、じつはそういう刺激の仕方!


変則的な正常位ととらえてしまっている人もいるんですね。でも屈曲位はちゃんとした体位の1つです。気持ち良さを体験すれば、違いがわかるはず!


奥まで入りさえすれば、無理にズコズコ出し入れしなくても良いみたいですね!屈曲位なら、チン長に左右されずに深いところまで挿入できるでしょう。


屈曲位をする際の注意点

屈曲位はメリットの多い体位ですが、実践する際はいくつか注意も必要です。

アクロバティックな体位で、やり方そのものはやさしいですが、女性のカラダへの負担にはつねに気をつけたいところ。

屈曲位をする際の注意点についてまとめてみました。


奥までの挿入で女性を痛がらせない

膣の奥深くまで挿入できるのは、屈曲位の大きなメリット。

でも中には、奥まで届きすぎて「痛い」と感じる女性もいます。

ポルチオへの刺激なども、慣れない女性にとってはただ苦痛でしかないケースもあるほどです。

さいわい屈曲位はパートナーの表情がよくわかる体位。少しでも痛そうな表情に気づいたら、「痛がらせてるかな?」と考えて腰の動きを加減しましょう。

男性が覆いかぶさるほど、また女性が腰を高くかかげるほど、屈曲位の挿入角度は鋭くなります。

痛がらせないためには、体勢をほどほどにして、角度を浅めに調整するのも大切です。


男性の体重&圧迫感に注意!

男性が女性の上にのっている点では、正常位も屈曲位も変わりません。

ただ屈曲位では角度がつく分、男性の体重がいっそう重くのしかかるときがあります。

負荷そのものは同じでも、角度があるため圧迫感が増すケースも考えられます。

いずれにせよ、重みや圧迫感が女性に負担になっていないかにはいつも注意しましょう。

上体を少し上げてみるだけでも、圧迫感の解消につながるケースがあります。


男女を問わずカラダの負担が大きい!

屈曲位では男性はひざ立ちになり、女性の足を肩にかかえます。

その姿勢で女性に覆いかぶさり、腰をクイクイ動かすわけです。

一方女性も、仰向けの状態から足を高くかかげ、腰の位置すら多少なりと持ち上げます。

アクロバティックな体位と言いましたが、要するにカラダへの負担が大きいわけです。

夢中になってエッチするうち、背中や足がつるかもしれません。

変にひねったり、よけいな力が入ったりして、腰を痛めるかもしれません。

エビのようにカラダを丸める女性は、首や背中にもストレスがかかります。

屈曲位はたしかに気持ちいいですが、カラダを酷使する面がある!

時々冷静になって、アツくなりすぎてカラダに負担がかかっていないか、確認しましょう。


激しく動きすぎてひざがすれる!

あまりの気持ち良さに思わずのめり込み、夢中で腰を振っていたら…。

屈曲位のときの男性はひざ立ちの姿勢なので、シーツでこすれて後で見たらひざ小僧が真っ赤なんてケースも。

シーツですれるぐらい別に…とナメていると、これが意外と痛いんです。

地味な痛さですが、決して気分のいいものじゃありません。

ひざの摩擦がトラウマになって、屈曲位そのものが嫌いになってはもったいない!

体勢を安定させる意味でも、やわらかいタオルを敷くなどして、気になる人はひと工夫しましょう。


女性は予想以上にカラダが硬い!

カラダのやわらかさに男女差なんて本来はないはず。

でも筆者の経験から言っても、何となく女性の方がカラダが硬い気がします。

肌やおっぱいのやわらかさではなく、前屈したり反らせたり、ラジオ体操的な動かし方での硬さですね。

屈曲位でカラダを丸めるのさえ、中には相当キツく感じる女性がけっこういます。

ひざや太ももの裏をピンと伸ばした状態ですら、ふだんあまりやらない体勢なので意外とツラいものなんです。

考えてみましょう。女性は正常位なら寝てるだけ。バックだと四つん這い、騎乗位でさえまたがるだけ。

セックスのときの女性の体位って、だいたい楽な姿勢なんです。

にもかかわらず、屈曲位はかなり無理な姿勢が求められるます。そのあたり男性は気をつけて、うまくサポートしてあげるようにしましょう。


次のページ
体位「屈曲位」の参考にしたいエロ動画おすすめ3選
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る