側位のエロいやり方|セックスのアクセントに最適な横向き体位を伝授

側位のエロいやり方|セックスのアクセントに最適な横向き体位を伝授

1,236 views

この記事を書いた人
愛のあるヤリチン
時雨
小中高時代は義理チョコしかもらったことない非モテ男でしたが、大学デビューして遊び人の友達とストナンしまくるように。19歳で童貞卒業と遅咲きながら、28歳の今では遂に3桁突破!非モテだったからこそ女性に尽くしたいと努力した結果、女性を喜ばせるセックステクニックやデート交渉術には自信があります。皆さんに勇気を与えられるようなノウハウ伝授を心がけます。
セックスの体位をたくさん知ることは、セックスの上達につながりますね。体位を使い分ける男性は、女性をいつまでも魅了できますし、関係も長く続けられるでしょう。

そこで今回は、数ある体位のひとつ「側位(そくい)」をレクチャーします!

前からでも後ろからでもなく、横向きになりながら挿入する体位です。側位を身につけると、セックスのバリエーションは格段に広がります。彼女や奥さんを夢中にさせたい方はぜひチェック!




セックスにバリエーションをもたらす!「側位」の魅力とは

側位 エロ
引用:FANZA

今回は「側位」特集になります。測位や即位など誤変換もされがちですが、「横面」を表す「側」が正しい表記です。

側位の主な形は「男女ともに横向きに寝た状態で挿入」です。正面や背面の他、座りでのやり方など、側位の中でもいくつか種類がありますね。詳しくは後述します。

まずセックスの体位は正常位・バック・騎乗位が一般的なので、側位はどちらかといえば二軍に入ります。若い男女や、経験の浅いカップルだと、認知すらされていないようです。側位を知らなくても、ある程度の気持ちいいセックスは難なくこなせますからね。

ですが、いつも同じ体位ばかりしていると、やっぱり互いに飽きてくるもの。そのうちセフレは疎遠に、カップルや夫婦はセックスレスになっちゃうのです。

そんなエッチのマンネリ打破にも、側位は役立ちます。また魅力もたっぷりあり、やり方も簡単なので、身につけない手はありません!


側位のエロいポイント3つ

側位は特徴的な体位なので、マスターすると色々な得がありますね。ここでは特に大きな3つのポイントをまとめました。

◆ピストンが楽チン◆
側位は寝たまま行うのが一般的なので、ピストンするのが楽です。というより姿勢そのものが楽チンですね。他の体位で体力を消耗していたり、今日は疲れ気味だななんて時にも、意外と役立ちます。

◆密着感が高い◆
側位は基本的に抱きしめながらする体位なので、密着感が魅力です。対面座位や種付けプレスのように、肌をぴったりくっつけて互いの温度や感触を味わえます。挿入部分だけでなく、全身で快感を楽しむのです。

◆全身くまなく愛撫できる◆
密着感に加えて、愛撫ができるのも魅力。互いにほぼ両手も口も空いているので、身体の気持ちいいところをさわり合えますね。側位は挿入とピストンだけでなく、男女の五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)で楽しむ体位なのです。

上記の3つをまとめると「ピストンよりも愛撫と密着感重視の体位」だとわかりますね。バックや正常位は体力勝負なところもありますが、側位は2人のイチャラブなムードも楽しめます。エッチにメリハリをつけたい方にもおすすめですね!


側位の基本的なやり方5つ

まずは側位のやり方を学んでいきましょう!

今は女性でもAVを観る時代ですから、どんな方でも正常位やバックは自然と身につけていますよね。しかし側位となると、少しだけ手順やコツを確認しておく必要はあります。

ここでは、5種類の側位のやり方をまとめました。側位の魅力でもある「挿入の深さ」に加え、ピストンや愛撫のしやすさなども独自に評価しています。プレイする際の参考にどうぞ!


①背面側位

側位 エロ
挿入の深さ ★★★★★
ピストン運動のしやすさ ★★★★☆
愛撫のやりやすさ ★★★★★

こちらが基本的な「側位」になりますね。いくつか解釈がありますが、正式には「背面側位」のことを側位と呼ぶようですよ。

まずは手順をまとめました。やり方自体は簡単です。

・女性が横向きに寝て、男性はその後ろで重なるように
・後ろから挿入する
・腰だけを動かす要領でピストン

形は、男性が後ろから女性を抱きしめます。挿入する際は、太ももの方から突き上げる感覚ですれば、スムーズに入ります。女性がややお尻を突き出してあげると親切ですね。

ピストンはスロー気味でやる方がおすすめです。体勢としての安定感はないので、速く動かすと簡単に抜けちゃいます。手で腰を支えたり、女性も手を添えたりできますし、2人でやりやすい形を模索していくといいですね。


②対面側位

側位 エロ
挿入の深さ ★★★★★
ピストン運動のしやすさ ★★★★☆
愛撫のやりやすさ ★★★★☆

背面側位に対し、正面から抱き合いながらするのが「対面側位」になります。「前側位」とも呼びますね。

・女性が横向きに寝て、男性は正面から向き合うように
・前から挿入する
・抱き合いながらピストン

体位としてはイチャラブ感が最高ですが、背面側位よりも挿入にもピストンにも手間取ると思います。

挿入は特に大変で、手でペニスを持って、上手く導いてやるとスムーズにできます。女性もややオマンコを突き出すような感じで。

互いの手は自由なので、しっかり抱き合って身体を支え合いましょう。愛撫やキスに没頭していると、ヌルンと抜けちゃったりします。ピストンもスローがおすすめです。

側位の中でも難易度はやや高めです。イチャイチャするのには最高の体位なので、挿入だけしてまったり過ごすのでもいいでしょうね。


③片足上げ側位

側位 エロ
挿入の深さ ★★★★★
ピストン運動のしやすさ ★★★★☆
愛撫のやりやすさ ★★★★☆

側位の派生型の体位が「片足上げ側位」です。挿入やピストンを試行錯誤するうち、自然とこの体位になるケースも多いですね。

・女性が横向きに寝て、男性は正面(または背面)で横向きに寝る
・片足を上げながら挿入
・片足を抱えたままピストン

今回は「片足上げ側位」としてひとまとめに紹介していますが、対面と背面どちらでも同様にできます

片足を抱えてやることで、通常の側位よりも挿入もピストンも少し楽です。特にピストンはやりやすく、カップルによってはフィニッシュも可能でしょう。しっかり支え合って、密着感も大事に。

また背面からの方が、挿入とピストンはさらに簡単です。対面片足上げ側位は、イチャイチャしたいカップル向けですね。用途に応じて使い分けると、毎晩のセックスも楽しく演出できるでしょう。


④座り側位

側位 エロ
挿入の深さ ★★★★★
ピストン運動のしやすさ ★★★★★
愛撫のやりやすさ ★★★★☆

側位と聞いてこの形を思い浮かべる人も多いと思います。背面側位がオーソドックスな側位なのに対し、男性だけが座りの体勢で行う側位を「座り側位」と呼びます。

・女性が横向きに寝る
・男性は正座の姿勢から挿入
・身体を支えながらピストン

形としては正常位に近く、女性が横向きになっているだけです。男性が座っているので、手をつなぎやすかったりして、挿入からピストンまでバランスよくこなせるのは利点ですね。

ちなみに座り側位は、女性の片足を持ち上げて抱えれば「松葉崩し」の形と同じになります。松葉崩しは正常位をやや斜めにした形ですが、側位の形から男性が座りになればほぼ同じですよね。

側位の醍醐味である密着感は薄れますが、使い勝手のいい体位です。


⑤窓の月

側位 エロ
挿入の深さ
挿入の深さ ★★★★★
ピストン運動のしやすさ ★★★★☆
愛撫のやりやすさ ★★★★★

「窓の月」は、江戸時代から伝わる「四十八手」のひとつです。カテゴリ別だと側位にあたりますね。芸術性の高い体位になります。

・女性が横向きに寝て、男性はその後ろで重なるように
・脚を絡めながら挿入する
・後ろからピストン

背面側位とほぼ同じ体勢ですが、違いは「脚を絡めること」ですね。女性の股間から脚を滑り込ませる形です。背面側位でイチャイチャパコパコするうち、勝手に窓の月の形になることもあるでしょうね。

脚を絡めてある分、ピストン時のバランスも良くなるので、両手を愛撫に使えるのが利点です。男性は両足で女性の片足をギュッと挟めば、より安定します。慣れてきたらおっぱいをもみもみしながらピストンできますよ。


側位がさらにエロくなるテクニック5つ

側位の種類とやり方を学んだところで、次はさらに側位をエロく楽しむためのテクをご紹介!

体位は、ただ形を作るだけじゃ半分も楽しめていないですね。体位ごとに組み合わせる愛撫やちょっとした工夫するポイントがあり、もちろん側位に関してもぜひ盛り込みたいテクはたくさんあります。ここではより効果的な5つのテクをまとめました!


1.顔を引き寄せて淫らなキス

AVなどで側位のシーンを観ると、ほぼ確実に男優と女優はキスをしています。側位自体がぴったりくっついて美しい見栄えの体位なので、キスとの相性が良いんですね。

特にやりたいのは背面側位でのキスです。後ろから抱きしめる形になり、挿入もし終わったところで、男性は女性の顔を振り向かせてあげましょう。女性からしても「首を振り向かせてのキス」は燃えるシチュエーションで、ドラマや映画のようにロマンチックな気分を味わえます。

キスはあっさりとしたフレンチキスでも、ねっとり楽しむディープキスでもOK。もし対面側位をするなら、目をつむって情熱的なキスをしましょう。女性はむしろピストンよりもキスに萌えます。

感じてきたら、性器から愛液もたくさん出ますし、セックスもよりスムーズになりますよ。


2.乳房を揉んだり乳首をコリコリ

キスだけでなく、積極的に組み合わせたいのは「おっぱいへの愛撫」ですね。女性は乳首が強い性感帯で、乳首だけで絶頂する子もいますし、愛撫を続けることで感度もより上がっていくのです。

おっぱいへの愛撫は、背面側位が特にやりやすいです。対面側位の場合は、身体を離したり手を曲げないとさわれないので、あまり効果的じゃありません。

感じ方は人によりますが、選択肢としては「揉む」「つまむ」「指で転がす(または弾く)」の3つですね。乳房を手のひらでもみもみしたり、乳首をつまんだり指で転がす動作は効果的。

敏感な部位なので、女性の反応だけでもどこがツボなのかわかるはずです。ごくたまに「揉まれる方が興奮する」という子もいますし。おっぱいを愛でてあげるのは、より気持ちいいセックスへの大事なステップです。


3.背中に指を這わせてゾクゾク

側位の時は、手の使い方だけじゃなく指の運びも大事になりますね。

多くの男性は、興奮するとともについ力の入った愛撫(揉みしだくような動き)になりがちです。エッチの上手い男性は、激しいピストンをする時でも、繊細な指の動作で女性を感じさせてあげています。

乳首やクリトリスを攻める時にも指は使えますが、おすすめしたいのは「背中に指を這わせる愛撫」ですね。「女性は全身が性感帯」といわれますが、背中が性感帯な方も多く、手でさすられたりポンポン叩かれるだけでも感じちゃうという方はたくさんいるのです。

使いどころは対面側位ですね。前から抱きしめると同時に、背筋に指を這わせてゾクゾクと感じさせてあげましょう。同時にキスもできたら、もう相手はあなたにメロメロです。


4.じっと見つめ合う

手や指の愛撫に加え、上級テクといわれるのが「視線」ですね。

男女に限らず、人は視覚から大半の情報をキャッチしています。顔が可愛いとか、胸や肌が綺麗というだけで、興奮はどんどん高まりますよね。もちろん匂いや雰囲気なども大事ですが、見た目から得る情報は大きいのです。

側位でイチャイチャ楽しんでいる時、女性の目をじっと見つめてみましょう。視線が合い、言葉もなく見つめ合えたら、2人の心は間違いなくつながっています。

それからキスやハグにつなげて、ピストンを続ければ、女性はそのうっとりとしたムードに酔いしれながらイクことも可能でしょうね。慣れないうちは意外と恥ずかしいですが「見つめ合い」はエッチ全般において重要ですよ。


5.女の子の名前を呼んであげる

手や指での愛撫、さらに視線に続いて大事なのは「言葉」ですね。

AVを観ているだけでは、中々気づきにくいテクです。特に女性は言葉に弱い方が多く、セックスをしながら声をかけられるだけでも快感が高まるといわれます。

淫語や言葉攻めなどのテクも効果はあるでしょうが、特に大事にしたいのは「名前を呼ぶこと」。側位でピストンしたり、ハグや愛撫をこなしながら名前を呼ぶだけで、気持ちよさは倍増するでしょう。

「愛してる」とか「気持ちいい?」という言葉もいいですが、シンプルに名前を呼ばれるだけで、女性からすれば大事にされている感覚を覚えます。密着感の高い側位セックスの場面では、特に効果的ですよ。


エロい側位をする際の注意点

続いて、側位をよりエロく楽しむための「注意点」を学びます。

先ほどは快感をアップさせるためのテクニック解説でしたが、ここでは快感を損なわないためのポイント解説になります。側位を極めたつもりでも、思わぬ落とし穴はあるものです。上記のテクと併せて、ぜひ確認しておきましょう!


挿入の快感よりも密着感が大事!

「側位の魅力は何よりも密着感」と前述しましたが、プレイ中も忘れずに密着を意識してほしいですね。特にオーソドックスな背面側位や対面側位をする時は、しっかり身体をくっつけましょう。

「女性は全身が性感帯」といわれます。セックスが終わった後もイチャイチャしたいという女性は多いですが、とにかく全身でエッチを味わいたいと思うのですね。男性は射精後には賢者タイムに入りますし、セックス中もピストンにばかり集中する方は多いです。

愛撫とは少し違い「肌をどれくらいの面積くっつけているかが大事」ですね。イメージはマットプレイです。手の指先から胸、お腹、足の指先まで、まんべんなく身体をふれ合わせましょう。

ピストンに自信がない男性でも、密着感を大事にするだけで女性をイカせられます。側位習得をきっかけに、温もりのあるセックスを覚えると今後役立ちますよ。


激しいピストンよりもスローピストン!

密着感に加えて、ピストンもちょっとしたコツがあります。

昨今はAVの普及のせいで、激しいピストンで女性をイカせようとする男性は多いといわれます。実際に一般の男女がセックスをする時、AV男優みたいに汗だくになりながらバコバコする必要は全くないのです。あれは作品としての演出も含まれますからね。

側位をする時、意識したいのは「スローピストン」です。AV男優のしみけんさんや、セックスセラピストのアダム徳永さんなどは「本当に感じるのはゆっくりと深いピストン」だと提唱しています。

側位はそもそも、挿入もピストンもやりにくい体位ですから、どうせやるなら徹底的にスローピストンを追求するのがおすすめ。上記した密着感を維持しつつ、ゆっくり確実なピストンで、膣全体を刺激していきましょう。


側位での挿入の向きを知っておく

セックスにおいて女性をイカせたい時、狙うべきは「Gスポット」といわれますね。

女性の膣内すぐの上側にあり、特に感じやすいところです。Gスポットの裏側には膀胱があり、尿意のようなゾクゾク感が合わさるから余計にイキやすくなるともいわれます。

ただGスポットを狙いやすいのは、正常位とバックです。男性側が主導して、なおかつ挿入の向きを調節しやすいからですね。

側位はそもそも膣に対して横向きに入れていくので、極度な横曲がりチンチンでもない限り、側位でGスポットを狙うのは至難の業です。よってGスポットへのピストンからの中イキは望めません。

ただ側位には強い密着感があり、側位でされるのが好きな女性もたくさんいます。正常位やバックでは味わえない感触と快感を意識すれば、側位をする意味が生まれるのですね。


イカせたい時は一定のリズムで!

側位はスローピストンで行うべきと書きましたが、それでも絶頂するまでやりたいと思うカップルもいるでしょう。

側位に限らずですが、スローセックスで女性をイカせるコツは「一定リズムのピストン」です。速くも激しくもないピストンでも、同じリズムで確実に抜き差しするだけで、女性も男性も絶頂に到達できるとわかっています。

男性側の感覚でとらえるとわかりやすいですね。例えば女性から手コキをされている時、急に速くしたり遅くしたりと不安定な動きだと、射精できないですよね。フェラも同じです。

側位で女性を中イキやハメ潮(※挿入したまま潮吹き)させたいなら、ピストンのリズムを安定させましょう。萎える間を作らず、じっくり確実に高めるイメージで。スローでの絶頂は、1度味わうとやみつきになりますよ。


他の体位との合間に使うと効果的!

ここまでの解説がひっくり返りそうな内容ですが、大事なことです。

実際のセックスでは、側位をフィニッシュに使うケースはほぼありません。女性がイクシーンは結構あり、男性も射精できなくはないですが。横になったままイクと、起き上がるまでに精子が出ちゃうので、あまり用いられないといわれますね。

側位の用途としては、他の体位の合間に使うのが最適です。正常位からバックに変えたい時、ぐるりと180度回る動作でモタつく時はありますよね。そんな時に側位を挟めば、セックスにおいて1番萎えるといわれる「体位変換中の変な間」を埋められるのです。

本当に気持ちいいセックスとは、様々な体位を効果的に組み込んだ行為のこと。側位はテクのひとつとして覚えると、あなたとパートナーにとって最高のセックスができあがるでしょう。


次のページ
エロい側位の参考になるおすすめエロ動画3選
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る