手マンとクンニで同時責めするセックステクニック|最強の組み合わせで彼女をノックアウト

手マンとクンニで同時責めするセックステクニック|最強の組み合わせで彼女をノックアウト

21,357 views

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
前戯と言えば、手マンとクンニが代表格。でも近ごろすっかり慣れっこになって、流れでこなしていませんか?

それでは女性を悦ばせられません!じつはこの手マンとクンニを活用して、イカせパワーを最大化する手っ取り早い方法があります。

というわけで今回は、手マンとクンニの同時責めするセックステクニックをご紹介。

組み合わせて同時に行なうだけで、あら不思議。手マンとクンニを別々にやるより、何倍も快感が爆上がりします!




手マンとクンニの組み合わせでパートナーをイカせまくろう!

手マン クンニ
引用:FANZA

手マンやクンニで別々に責めるより、両方を組み合わせて同時に責めるメリットには一体どのようなものがあるのでしょうか?3つのポイントで整理してみました。

◆前戯が時短で濃密に!◆
クンニをしてから手マン、手マンをしてからクンニ。そんなふうに別々にやると時間がかかりますが、同時責めなら時短でさくっと終わります。しかも女性に与える快感は何倍にも増しますから、本番開始前のひとときがすごく濃密で充実した時間になるわけです。

◆Gスポット責めがうまくなる!◆
クンニしながらの手マンでは、指の抜き差しは基本的に控えめです。支点がブレないようにするためですが、そのためGスポット責めがメインの作業に。同時責めをマスターすると、Gスポットの探し方や刺激の仕方が自然にうまくなります。

◆女性にモテるようになる!◆
手マンとクンニの同時責めは、Gスポットとクリトリスと言う女性の2大性感帯をいっぺんに刺激できます。当然イカせる確率が高まり、エッチそのものの満足度も爆上がりです。手マンとクンニの同時責めをマスターすれば、誰でもモテモテ男子になれちゃいます!

…これはマスターしない手はありませんね。組み合わせ方を学ぶだけですから、それほど手間もかかりません!


手マンとクンニの同時責めするセックステクニックのやり方

手マン クンニ
手マンとクンニをうまく組み合わせるには、体勢や順番など気をつけるべき点がいくつかあります。手マンとクンニをそれぞれ別にやる場合とは、だいぶ勝手が違うんですね。

ここではまず手マンとクンニの同時責めを行なう手順とやり方を、初心者向けにわかりやすく解説します。


①上半身をかがめ、利き手の指を膣に挿入する

寝そべった女性の下半身、その横手に座るところから始めましょう。上半身を前方にかがめて、自分の顔を女性の股間に近づけて下さい。

そうしたら今度は、利き手の指をマンコに挿入します。ただしあらかじめ、膣内が愛液で十分に濡れている必要あり。

潤いが足りない場合は、指にローションをつけてからにしましょう。

挿入する指は1本だけでOK。最初は1本にしておいて後で増やすと言うより、最後まで1本のままの方が都合がよいです。

何本も入れると膣内の広い範囲を刺激できる反面、抜き差しが不安定になりがち。クンニとの同時責めに必要なリズムが損なわれかねません。


②唇をマンコにつけてクンニしはじめる

指を挿れた後は、口をマンコにつけてクンニの準備に入ります。顔を斜め横に傾けるようにすると、手マンを邪魔せずにクンニできるはずです。

体勢がととのったら、早速クンニスタート。膣内に愛液を行き渡らせる意味でも、指より先に舌を動かしはじめましょう。

膣全体に舌を這わせてから、クリトリスをやや強めに吸引。その後は突起の側面をやさしく愛撫するように、舌先を使って一定のリズムで刺激します。

また舐めながら体勢を微調整して、本格的な手マンに備えておくとGood。

手の角度に無理がないか、クンニしやすい顔の位置か。なるべくラクな姿勢で同時責めができるよう工夫しましょう。


③舌の動きに合わせ、膣に挿入した指をピストン

性感帯を刺激する場合は、一定のリズムを守るのがポイント。クンニと手マンでリズムがちぐはぐだと、女性は快感に集中しづらくなります。

また指を抜き差しするのは、膣壁を摩擦し圧迫するのが目的。

AVの高速手マンのように激しく動かす必要はなく、淡々とじっくり責める方がはるかに効果的です。

舌による愛撫とシンクロさせつつ、決まったリズムで刺激しましょう。

ただし時には、ズコズコと卑わいな音を立てて抜き差しし興奮をあおるのも有効です。

その場合はクンニの方でも下品な音を出して、女性の官能を意図的に高めて下さい。


クンニと組み合わせたい気持ちいい手マンのやり方

クンニしながらの手マン。単独で行なうときとは、やはり多少違ったコツがあります。

クンニを邪魔せず、相乗効果を100%出しきるにはどうするのがよいか?ここでは、クンニと同時責めする場合の正しい手マンのやり方をご紹介しましょう。


Gスポット責めでは「支点」が重要

手マン クンニ
普通は手マンでクリトリスも刺激しますが、そちらは基本クンニにおまかせ。ナカをじっくり攻略するのが同時責めにおける手マンの主な役割です。

その際、ポイントになるのがGスポット。手のひらを上にして中指を入れれば、膣道から約3cmのお腹側にある急所に余裕をもって届くからです。

指を入れた後しばらくなじませてから、指先を「く」の字に軽く曲げて場所を特定します。指を手前に引いたとき、突っかかる感覚のあるところがGスポットです。

場所を特定できたら、絶対に支点を動かさないようにしましょう。同時責めゆえ手マンだけに集中するわけにもいかず、少しでも支点がぶれるとGスポットを見失いがちです。

支点をとにかく固定させておく。この意識をもって臨めば、クンニとの同時責めで気持ちいい手マンが可能になります。


Gスポットはこすらず垂直方向に刺激

Gスポットへを刺激する際、指を手前に引いてこする人がいます。Gスポットを探しているときの動きを、そのままなぞってしまうんですね。

激しく抜き差しするのは論外ですが、指で粘膜を引っ張るこの動きも好ましくありません。膣壁を傷つけかねないばかりか、Gスポットにとって気持ちよくないからです。

Gスポットを刺激するときは、指の力を水平方向にではなく垂直方向に入れて下さい。

それだと支点もブレませんし、Gスポットへの適切な圧迫が可能になります。

恥骨がある90度真上の方向か、クリのある斜め上側を押して刺激しましょう。いずれの場合も指先の位置は変えず、トントンと軽く押し込むようにするのがポイントです。

クンニをいっさい邪魔せず、同時責めがますますはかどります。


クリトリスは舌とかわりばんこに責める

手マン クンニ
ナカを刺激するだけが手マンではありません。ただクンニと同時に行なう場合は、舌と指先でそれぞれ違う場所を責める必要があります。

つまり舌でクリを吸っているときは、指はクリ以外の部分を積極的に責めるわけです。

たとえば人差し指の先をワレメに沿って縦に動かせば、クリを吸う動きとメリハリが出て女性は天にも昇る気分に。

舌で小陰唇や尿道をねぶっているときは、今度は指がクリトリスを刺激する番です。人差し指の先でクリの周りを円を描くようになでると、ゾワゾワした快感が与えられます。

またクリそのものをいじる場合は、指の腹を使って責めましょう。

皮の上から軽く押したり、皮を剥いて四方からつっついたり。わずかでも変化をもたせた方が、女性をイカせやすくなります。


手マンしながら舐める気持ちいいクンニのやり方

今度は逆に、手マンしながらのクンニのやり方を考えます。「利き手が使えない」「マンコに指が入っている」この2点が、ふだんのクンニと大きく異なるところです。

若干クンニしづらい状況で、女性を十分に気持ちよくさせるコツとは?手マンと同時責めする場合の正しいクンニのやり方をご紹介しましょう。


クリ責めではいつも以上に「吸う」を意識

手マン クンニ
Gスポットは「第2のクリトリス」と言われるほどの強力な性感帯。同時責めでは手マンでGスポットを刺激するので、クンニもややアグレッシブに攻めた方がよいでしょう。

そうは言っても、「いきなり激しく愛撫する」とかではありません。徐々に力を強めていくのは変わりませんが、「舐める」以上に「吸う」を意識してほしいんです。

クリトリスは男で言えばペニスの亀頭にあたります。フェラのとき舐めてもらうのは気持ちいいですが、バキュームしてもらえたならさらに快感でしょう。

手マンでGスポットを圧迫し、クンニでクリを吸引。この組み合わせは、ハッキリ言って最強です。

クリトリスだけでなく、大陰唇や小陰唇を吸うのももちろんアリ。チュバチュバといやらしい音を立てて吸えば、エッチな雰囲気がますます盛り上がります。


唇だけでクリの包皮を剥けるようにする

利き手は今まさに手マンの真っ最中。クリトリスの包皮を口だけで剥けるようにしておくと、手マンとの同時責めではたいへん役立ちます。

やり方はこうです。まず最初に前歯を唇の裏側に押し当て、口をすぼめた状態にします。

硬い前歯を直接使うのは危ないので、唇でガードしてからクリトリスの包皮にあてがうわけですね。

そのままクリの上の方をやさしく押し上げるようにすると、たいていムニュッとうまく剥けてくれます。

本体が姿を現したら、後は簡単です。舌で軽く吸い上げながら、上下左右から舐めて愛撫しましょう。


指が邪魔でも「会陰責め」を忘れない

手マン クンニ
クンニと言うとクリ責めばかり連想しがちですが、そこはあくまで最後の牙城。攻め上るまでにいかに他の場所を刺激できるかが、クンニが成功するかどうかを分けます。

小陰唇や尿道は責めるのに、意外と忘れがちなのが会陰(えいん)です。マンコとアナルのあいだにある、わずかなスペースですね。

大陰唇は舐め忘れてもかまいませんが、会陰を舐め忘れるのは大きなマイナス。なぜなら立派な性感帯の1つだからです。

手マンとの同時責めの場合はとくに、指がマンコに入っていると会陰は位置的に舐めにくいんですね。でも少し頑張って舐めておくと、女性の官能を大幅に高められます。

会陰から膣口へと一気に舐め上げるために、手マン中の指をいったん抜いてクリ責めに転じさせてもOK。それぐらい会陰責めは重要です。


次のページ
手マンとクンニの同時責めプレイを楽しむ人たちの声
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る