ディルド初心者におすすめの選び方|形状からサイズまで「最初の1本」選びを徹底サポート

ディルド初心者におすすめの選び方|形状からサイズまで「最初の1本」選びを徹底サポート

82 views

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
膣に穴が開いている以上、何かを挿入したくなるもの!特にクリイキできるようになれば、挿入欲でアソコが疼くのは女性の本能です。

最初は指で満足していても、慣れるうちにもっと太いナニかを入れたくなるでしょう。そんな時こそ、ディルドの出番です。

しかし初めての人は、どんなディルドがあるのか分からないかもしれません。そこで今回は、ディルド初心者におすすめの選び方をご紹介!種類や使い方も伝授しちゃいましょう。




ディルド選びは最初の1本が重要!失敗しない選び方を指南

初めてアダルトグッズを買う時は、種類や大きさ、機能など知らない事だらけ!しかしどうせお金を出して買うなら、自分好みのグッズをゲットしたいですよね。

安価なディルドですが、最初の1本で失敗するとガッカリしてしまいます。そもそもアダルトグッズ初心者なら、バイブとディルドの違いすら分からないかもしれません。

ここからは初心者でも楽しめるよう、機能や種類と併せて、ディルドの失敗しない選び方を教えましょう。


まずは一般的なディルドの種類を知っておこう!


ディルドとは基本的に電動などでは動かず、自ら手や腰を動かして挿入を楽しむ代理ちんこです。日本ではかつて張型やこけしと呼ばれていましたが、その歴史は古くなんと飛鳥時代から使われていました。

また江戸時代の大奥や衆道の世界でも、張型は大活躍!やはり穴があれば何か挿入したくなるのは、今も昔も人間の本能なのです。

昔は木や陶器などで作られていた張型ですが、現代のディルドは素材も柔らかく、大きさや形もバラエティー豊かになりました。

そのため初心者にとって、目移りしてしまうほど種類が豊富です。まずはどんなものがあるのか、ディルドの種類から教えましょう。


吸盤付きディルド


オーソドックスなディルドは、吸盤付きが多いです。形もリアルなちんこ型が多く、カリ首やタマタマも付いているので、見るだけでも濡れてしまうでしょう。

しかしグロイのが苦手な初心者用に、ポップで可愛らしいタイプのディルドもあります。何れにしても吸盤付きは、壁や床などに貼り付け、騎乗位やバックでオナニーを楽しめるのが便利!

勿論手に持って、ジュボジュボピストンしてもOKです。サイズは小~超ビックまで幅広いので、経験値に合わせて選ぶ必要があります。ぶっといのが欲しくても、初心者はまず小さめのものから選びましょう。


スティックタイプ


スティックタイプのディルドは、手持ちピストン用です。持ち手がある棒状のものから、リアルなちんこ型のものもあります。

物によっては上下で形や太さが違うディルドもあるので、慣れたら太い方を使うなどの楽しみ方もOK!スティックタイプは自分の手でジュボジュボ動かせるため、どんなポーズでもオナニー出来るのが特徴です。

ピストンの早さも自在に変えられますし、騎乗位などで動くよりは疲れません。いつでもどこでも使えるので、彼に挿入してもらうのも有り!貼り付ける場所に悩む必要も無いので、即座にオナニーしたい人におすすめです。


その他ディルド


最近はディルドも多様化しているため、もはや動かないの概念も消えつつあります。形も非ペニスタイプや、人外ディルドなど豊富になりましたが、以下のディルドも増えてきました。

双頭ディルド
電動ディルド
射精機能付きディルド

双頭ディルドは上下に挿入部があり、1人でも2人でも使えます。アナニー好きなら、膣とアナルの2穴攻めしたり、彼のアナルと繋がる人や、レズプレイもOKな優れもの!

またバイブと同じように、電動で動くディルドも増えてきました。ピストンしたりスイングしたりするので、自分はあまり疲れず便利!ディルドそのものが動くタイプと、動かないディルドを装着して下から動かす装置付きもあります。

更にローションを注入して、疑似射精を楽しめるディルドも!中出しやぶっかけを味わえるので、オナニーの妄想も捗るのです。しかし初心者は挿入に慣らすため、まずは吸盤付きかスティックタイプから始めましょう。


素材は主に3種類!初心者には柔らかくてコスパの良いシリコン素材が◎

ディルド 初心者
かつては男目線で作られていたため、あまり感触の良く無かったディルド…。しかし女性視点で作られるようになってからは、女性が快適に挿入できるように、ディルドの素材や形も大きく変化してきました。

初めて指以外のものを入れるなら、やはり柔らかく痛みを感じない方がイイ!初心者におすすめなのはシリコン素材ですが、心地よく使うためにも各素材の特徴と違いを説明していきましょう。


ポリ塩化ビニール(PVC)

ディルドやバイブに多く使われているのは、ポリ塩化ビニール素材!プラスチックの1種ですが、ゴムっぽい弾力性のある感触が特徴です。

柔らかさはあるものの、素材の中では1番硬め…。また少々の臭いとベトベトした感触があります。

洗えば気になりませんが、体にあまり良くないとも言われているので、コンドームを装着しての使用をおすすめ!

しかしメジャーな分、ディルドの値段は1番安いです。ある意味で失敗しても、安い分買い直しやすいでしょう。


エラストマー(TPE・TPR)

エラストマーとはゴムの素材です。ポリ塩化ビニール素材より柔らかく、医療用ゴムとしても使われているので安全性は高め!

シリコン素材よりも安いため、最近はエラストマー素材のディルドも増えてきました。もちもち感のある柔らかさと弾力性があり、肌にも優しい素材です。

しかしエラストマーを溶かす際の可塑剤が油なので、高温多湿の場所に放置していると油分が染み出てくるのが難点…。そのため洗浄後にパウダー塗布など、お手入れに手間が掛かります。


シリコン樹脂

医療用品にも使われる素材で、ゴムアレルギーの人も安心して使えるのがシリコンです。人肌に近いほどよい硬さと柔らかさで、まるで本物のちんこを挿入している気分!

しかしシリコン素材のディルドは、無駄な凹凸やスジなどが無いものが多いので、初心者でも挿入しやすいのです。塩ビやエラストマーのような臭いも無く、口に含んでも安心!

肌ざわり滑らかで柔らかく、挿入しても異物感が少ないのでディルド初心者にはピッタリです。ただローションを使う場合は、同じシリコン系だと劣化するおそれがあるので注意しましょう。


おすすめのサイズ選び!最初は小さめのディルドを選ぼう

ディルド 初心者
初心者がディルドを買う時は、小さく細めのディルドから選びましょう。ちなみに日本人のペニスサイズは、太さが約3cmで長さは約13cm!

しかしオナニーで使うディルドは、だいたい平均ちんこよりも大きめに作られています。そのためSサイズでも、届いた時に「デカい!」と驚く女性は多いのです。

失敗したくないなら、まずはサイズをしっかりチェック!亀頭部のサイズが3cm以下でも、竿部分が3.5~4cmくらいあるものもあります。

逆に亀頭部が太いのもあるので注意!せっかくディルドを買っても、入らなければがっかりしてしまいます。

挿入が不安な人は、全体の直径が3cm以下のディルドをおすすめ!もっと詳しいサイズ選びを知りたい人は、関連記事もチェックです。

◯関連記事
ディルドのサイズ選び|用途や使用感など、おすすめ使い方を徹底解説


はじめは形も重要!先端(亀頭)が細めのほうが挿入しやすい

ディルド 初心者
サイズも重要ですが、初心者にとっては形も大事!リアル系ちんこ型の多いものの、亀頭が無いデフォルメタイプのディルドも増えています。

同じディルド初心者でも経験値によっては、普通の亀頭タイプが挿入しづらいかもしれません。ここからはスムーズに挿入しやすそうな、初心者におすすめなディルドの形も教えましょう。


亀頭直径が3cm以下のものを選ぶ

亀頭付きのリアルちんこ型のディルドがいいなら、亀頭直径が3cm以下のものをチョイス!あまり大きいと引っ掛かって、上手く挿入できません。

またカリのクビレが少なく、竿との幅に差が無い方がスムーズに挿入できるでしょう。ネット通販でも商品画像が載っているので、クビレの少なさも目で確認できますよ。


先端がツルンとしたものから試す

亀頭付きに不安があるなら、先端のツルンとしたデフォルメタイプを選びましょう。先端から竿までがストレートであれば、ちゅるんと挿入できます。

引っ掛かりがないので痛みも感じにくいので、初心者でもディルドを挿入しやすいです。勿論太さは3cm以下の、細めなディルドから試してみて下さいね。


玉状のクビレ付きで拡張するのも有り


アソコがキツメで経験値も少ないなら、玉状のクビレ付きで少しずつ膣内を拡張していくのもおすすめです。

アナル用ディルドに多いタイプですが、膣にもしっかり使えます。拡張タイプのディルドは、下にいくほど直径が太くなるので、慣れるまでは1番上の玉で慣らすもの…。

クビレが引っ掛かって止まるので、いきなり奥まで挿入しちゃう恐れも解消できます。膣トレにも使えるため、締りをよくしたい人にもおすすめ!


次のページ
初心者でも安心して使えるおすすめディルド3選
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る