1
お酒を飲んだ後でもビンビンに勃起して最後までセックスできる方法

お酒を飲んだ後でもビンビンに勃起して最後までセックスできる方法

158,054 views

酒の席での失敗談なら誰しも思い当たるでしょうが、飲酒のせいで勃たなかったときほどバツの悪いものはありません。アルコールが入って気分は盛り上がっているのに、ちんこがピクリとも反応しない…。こんな悲しい事ってないですよね?今回はお酒を飲んだ後でもビンビンに勃起し、最後までセックスできる方法をお届け。泥酔状態まで飲んだ場合はさすがにお手上げですが、ギリ酩酊状態までならばリカバーの方法は何種類かあります!


お酒を飲むと勃たない…苦い思いをした男性の失敗談の数々



Hの前につい飲み過ぎてしまい、いざベッドに入ったら勃たない…。そんな失敗、思い当たる男性は多いでしょう。


うーん、やっぱりおおもとの原因はアルコールでは?せっかく可愛いコとのHで勃たないとショックですよね。


ヤル気満々、気分爽快。調子に乗って、ついお酒に手が。ところが酩酊しだすと、股間の方はしょんぼり。すでに酔いが進んでいて、今さら止めるに止められず…。よくある悪循環のパターンですね。


これもよくある悲しいパターン。お酒の力を借りて陽気に口説いたまでは良かったものの、いざ本番では肝心のナニが沈黙しちゃうやつですね。

酩酊気分と勃起は絶対に両立しないのでしょうか?気持ちよ~く酔いつつ、ちんこもギンギンだったら最高です。このあとその可能性を信じて、医学的な根拠も示しつつ方法を探っていきます。


飲酒で勃起しにくくなる原因は視床下部(ししょうかぶ)のダウン



お酒を飲むと、なぜ勃起がうまく行かないのでしょうか?眠くなったりするので“何となく”ならわかるような気もしますが、その本当の理由は専門家でないと説明できません。

アルコールは、精神をリラックスさせる一方で、眠気を誘ったり、意識を朦朧とさせたりとする事が有ります。 過剰な飲酒なら尚更だと思います。
引用:新宿ライフクリニック


リラックスしていると、むしろ勃起しやすい気が。どうもアルコールが持つ「意識を朦朧とさせ」る効果の方に、何か問題がありそうです。

これは、脳などの中枢神経の精神活動に対して、 過剰な量のアルコールが、抑制的に働いている為に発生すると考えられます。
(中略)
性的な情動は、視床下部でコントロールされておりますが、過剰な飲酒によって活動が抑制され、 性機能が正常な方にも、EDを起こす事が有ります。
引用:新宿ライフクリニック


交感神経と副交感神経をともに司る視床下部(ししょうかぶ)は、体温調節や睡眠、ものを食べる行動までコントロールする脳の重要な部位。実験で視床下部を破壊されると、その動物は餌を食べる行動を一切やめてしまうほどです。

視床下部からのホルモン放出により性ホルモンの分泌を促して、性行動に向かわせると共に視床下部にある性中枢が刺激されて性行動が発動される。
引用:Wikipedia


アルコールの影響で脳の視床下部の活動が鈍ると、勃起のメカニズムにも支障が。眠くなったり判断が雑になったりするのと同じ理屈で、ちんこも勃たなくなってしまうんですね。


勃起するために抑えておきたいアルコール摂取量の目安は350mlの缶ビール3本



アルコールへの耐性に個人差があるため、“〇〇ml以上はダメ”とは一概に決めにくい部分も。ただ医学的には、それなりの目安がきちんと示されています。

それでは、EDを起こさない適度な量の飲酒とは、どのくらいなのでしょうか?
(中略)感覚的には、その個人にとってのほろ酔いレベルの飲酒であれば、 EDの発症は、比較的少ないと考えます。
引用:新宿ライフクリニック


キーワードは“ほろ酔い”。お酒に強い・弱いといった個人差は度外視して、一般的にどの程度アルコールを摂取すると“ほろ酔い”状態になるのでしょうか?これを考えるには、「血中アルコール濃度」という指標が役立ちます。

血中濃度(%)が「0.02~0.04:爽快期」「0.05~0.10:ほろ酔い期」「0.11~0.15:酩酊初期」「0.16~0.30:酩酊極期」「0.31~0.40:泥酔期」「0.41~:昏睡期」というのが血中濃度と酔いの程度の目安です。
引用:e-ヘルスネット(厚生労働省)


こうなってくると、数値が明確で非常にわかりやすいですね。どうやって血中のアルコール濃度を測るかですが、今は呼気中のアルコール濃度ならば自分でも測れます。Amazonで「アルコールチェッカー」と検索すると、1,500円~7,000円くらいの商品がずらり。血中濃度は呼気濃度の2倍なので、息で測って「0.025~0.05」の値に収まれば“ほろ酔い”だとわかります。

ただ一番のおすすめは、サントリーのホームページにある「DRINK SMART」の特設サイト。自分の体重と飲んだお酒の種類&量を入力すれば、一発で血中アルコール濃度が判定できます。体重65㎏の筆者は、ビールの350ml缶3本で血中濃度0.1%。すでに“ほろ酔い”の限度ギリギリで、あと1杯グラスワインでも頼んだらたちまち“酩酊”状態に転落です。

サントリーHP「酔いの程度を判定してみましょう|DRINK SMART」はこちらから


飲酒後に勢力回復させてビンビンに勃起するための対処法5つ



飲みの席でビールのレギュラー缶3本は、正直かなり残念な酒量ですよね。しかし飲酒後に確実に勃起させたいなら、その程度まで抑えておく必要があります。

ただお酒を飲むと気が大きくなりがち。「もう1杯くらいは良いだろう」と、つい杯を重ねる事もよくあります。注意していたのに万が一“ほろ酔い期”を越えて酩酊してしまったら、これから紹介する5つの対処法で一発逆転のチャンスを狙いましょう。


〆にラーメン

その人が酔っているかどうかは、全て血中アルコール濃度で決まります。という事はこの濃度を下げさえすれば、通常と変わらないビンビンちんこでHできるはずです。

アルコールの中枢神経への作用は血中濃度によって決まるため、酔いの程度も血中濃度と相関します。
引用:e-ヘルスネット(厚生労働省)


イメージ的には水をがぶ飲みすれば濃度が薄まりそうですが、すでに血管内に吸収されたアルコールですから水を飲んでも大幅に希釈する事はできません。

しじみの味噌汁を飲んだ後、トマトジュースをしのぐ勢いでアルコール濃度が下がります。
飲んで15分ほどでアルコール濃度が半分くらいになりました。
引用:New5


これはTBSのバラエティー「この差ってなんですか?」での実験。トマトジュース、しじみの味噌汁、牛乳の3種類を試し、アルコールが抜けやすい1位を決めようという企画です。

「15分ほどでアルコール濃度が半分」は、かなりすごい結果。酩酊極期の血中濃度は0.16~0.30%ですが、仮に0.20%まで行っていても飲酒後しじみ汁を飲めば15分で0.10%。たちまちほろよい期にまでリカバーできる計算になります。

実は、しじみの味噌汁に含まれる塩分がよかったそうです。

アルコールを飲むと、血液中の水分濃度が下がってしまいます。

しかし、しじみの味噌汁を飲むと、血液の塩分濃度がたかまり、血管内の水分を体内から血管に入れてくれます。
引用:New5


という事は、塩気のある汁物なら何でも良い事に。飲酒後たとえば味噌ラーメンで〆てからホテルに行けば、ちんこはいつも通り元気に活躍してくれる事でしょう。


前戯にやたら時間をかける

ちんこが勃ちにくいなら、それをチャンスと捉えましょう。いつもはチャチャッと済ませる前戯に、思いっきり時間をかけるんです。むろんクンニや手マンには、酔い覚ましの効果なんてありません。重要なのは“時間”です。

一般に体重60~70kgの人のアルコール処理能力は1時間に純アルコール約5gとされています。これはビールに換算して中びん約1/4本、ウイスキーならダブルで約1/4杯。つまりビール1本、 あるいはウイスキーダブル1杯、日本酒1合のアルコール処理には約4時間かかる計算になります。
引用:KIRIN


アルコールは肝臓でまずアセトアルデヒドに分解され、その後さらに酢酸に分解されます。酢酸にまで変化してしまえば、あとはおしっこや汗となって体外に排出されるのを待つだけです。

つまり飲んだあと時間が経過すればするほど、アルコールの悪影響は弱まるんですね。そうは言っても、前戯に何十分も時間をかけるのはバカバカしいと思うでしょうか?

「前戯(挿入まで)にどのくらい時間をかけてほしいですか?」
(中略)
最も多い回答が「10~19分」の45.0%である。「30分以上」の“たっぷり前戯派”も12.6%いた
引用:NEWSポストセブン


男性が考えているより、女性はたっぷり時間をかけた前戯を望んでいるもの。アルコールが分解されるまでの時間稼ぎに、自分史上最長の前戯にトライしてみてはいかがでしょうか。


あらかじめ「ウコンの力」を飲んでおく

二日酔いの原因は、アルコールが分解されてできたアセトアルデヒドがいつまでも体内に居残り続ける事。飲酒後、アルコールおよびアセトアルデヒドが速やかに分解されれば、酔いの程度そのものにもプラスの効果が期待できそうです。

ウコンに含まれるクルクミンの作用により肝機能が活性化し、アセトアルデヒドが残りにくくなるというわけです。二日酔いだけではなく、飲んでいる間の悪酔いも起こりにくくなります。
引用:Business Journal


「ウコンの力」が有名ですが、ドリンク以外に顆粒タイプの商品もあります。持ち運びにも便利ですし、飲酒前に摂取しておくと飲み過ぎ防止の心理的な戒めにもなるでしょう。


フルーツプレイでエロチックにアルコールを分解

2005年の映画「female【フィーメイル】」に、田舎の高校生カップルが裸で1つの桃を食べ合う印象的なシーンがありました。汁気たっぷりの桃にかぶりつきながら、そのままDキス→全身舐めへと展開する濡れ場で、女優の野村恵里が貧乳黒乳首を初出ししています。

●飲酒後
・果物……アルコールの代謝に必要とされるビタミンBやCを果物から補給するのは手軽。(中略)果物の糖分もアセトアルデヒドの分解を早める
引用:エキサイトニュース


前戯の小道具に果物を使う。こんな事でもアルコールの分解が促進され、果汁たっぷりの桃やブドウならエロチックな演出につながります。勃起するまで挿入はできませんから、前戯はなるだけ長い方がいいわけです。

「赤ブドウに含まれるボロンという成分は、エストロゲンとテストステロンの両ホルモン分泌を促します」と言うのは、(中略)専属食事療法士レベッカ・ルイスさん。
引用:コスモポリタン(Cosmopolitan)


ほかにも、たとえばイチジクには亜鉛とマグネシウムが豊富に含まれ、男性ホルモンであるテストステロンの分泌をアシストしてくれます。スイカは血管拡張効果のあるシトルリンが多い事で有名ですが、たくさん含まれるのはじつは皮の部分。また筆者は実際に試した事がありますが、独特の水っぽさがHの雰囲気にそぐわないと感じました(笑)。


ED治療薬の活用は使用上の注意をよく読んでから

ED/勃起不全治療薬は、アルコールとの併用は、基本的には望ましくありません。
引用:新宿ライフクリニック


専門家の見解はこうです。対処法から外す事も考えましたが、使用上の注意をよく押さえて服用する事を前提として紹介します。

アルコールには、全身の血管を拡張させる作用が有ります。
飲酒によって顔が赤くなったりした事が有るかと思われますが、 アルコールによる血管拡張作用に因ります。
引用:新宿ライフクリニック


顔が赤くなるのは、そういうメカニズムでしたか。わかりやすいですね(笑)。そう言えばちんこもギンギンに勃起したときは真っ赤です。そしてED治療薬の服用で引き起こされるのも、全く同じ血管拡張効果になります。

アルコールとバイアグラなどのED治療薬は、どちらも血管拡張効果を有します。 この血管拡張効果が相乗した場合、脳血管などに相対的血流不足が発生して、 立ちくらみ:起立性低血圧などが発生する場合がございます。
引用:新宿ライフクリニック


ダブルの効果でさらに良くなるかと思いきや、副作用が現れる事が。同クリニックの説明では、ED薬の種類によって次のような副作用(またはマイナス効果)が生じる事があります。

・バイアグラ→起立性低血圧
・レビトラ→同薬の効果減少
・シアリス→起立性低血圧

レビトラとシアリスに関しては、それぞれ「アルコールの過剰摂取」「多量の飲酒」という条件つき。「せいぜい立ちくらみでしょ」と思うかもしれませんが、転倒すれば大事故にもつながります。低血圧の人はとくに注意しましょう。


  • 1
  • /
  • 2
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします



TOPに戻る