1
女嫌いになってしまう理由と原因 10選

女嫌いになってしまう理由と原因 10選

13,955 views

人類の歴史からみても男が女嫌いになるなんてあり得ないことですよね。もし本当にそんなことがあったら、人類の種は滅んでしまうわけで。でも実際いるんですよね、そういう男性って。彼らが女性を嫌いになった理由は、遺伝子的レベルで語られる問題ではなく、もっと別の理由やら原因があるようです。その辺りを探ってみましょう。

「女嫌い」はイケメンに多い?

理由と原因2:自分の精神的な弱さで女嫌いになる
女嫌いというと、どのような男性を想像しますか?ゲジゲジ眉毛にいかつい顔をした怖いおじさんの顔を思い浮かべたかもしれません。でも、本当の女嫌いには案外イケメンが多いんですよ。

イケメンは女性にモテるのだから、女嫌いにはならないだろうと思うかもしれませんが、そうではありません。

イケメンには、イケメンだからこその悩みがあります。女性からストーカーされたり、女性同士に取り合われるなどのトラブルに巻き込まれることによって、女性の汚い面ばかりを見てしまうということもあります。こうした出来事が重なると、イケメンは女性に失望して「女嫌い」になってしまうのです。女性に対しての強い嫌悪感を抱く場合もあります。

しかし、女嫌いになったところでイケメンですから、女性は集まってきます。そうなると「女嫌い→それでも女が集まってくる→女の嫌なところばかりが目につく→さらに女性が嫌いになる」という負のスパイラルがおこり、イケメンは女嫌いを悪化させていくのです。


「女嫌い」の男性が増加してるってホント!?その心理や特徴とは


理由と原因1:そもそも女性から無視されるから女嫌いになる
もちろんイケメン以外にも女切りはいます。しかも現在、男性の間では「女嫌い」な人が増加しているようです。そのタイプは単に「女性と話すのが嫌い」という軽度の「女嫌い」から、「女性と触れ合うのが嫌い」、「視界に入ってほしくない」などの重度な「女嫌い」まで様々です。

実際に、女性を嫌う男性心理をいくつか見てみましょう。

・女性とのセックスは好きだし、興味があるが、女性特有のねちっこい性格や生態が嫌い

・女性とのセックス自体が興味ないという絶食系男子。女性と普段一緒にいることはOKだが、女性とのエッチは嫌い。性欲がわかない(男性が好きなわけでもない。最近、若い子を中心にこういう男子も増えています)

・男性が好き(ゲイ)なので、女性に興味がない、場合によっては、嫌い。

・女性に慣れておらず、苦手意識が強い

・過去に女性関係でトラウマがある

上記にあげたように、女性全体を嫌いというよりは、「女性のこういう部分が嫌い」と部分的に嫌う男性が多いです。では、次に男性が女を嫌うようになる、具体的な理由と原因について、みていきましょう。


「女嫌い」の女とは?

男性に女嫌いがいるのはわかりますが、実は女性の中にも女嫌いがいるって知ってました?「女嫌いの女」というやつです。

これは女性同士の感情として、同性をライバル視するのとも少し違います。ライバル視であれば、競うべき場面以外では「女嫌い」ではないはずですが、こうした女性は常に「女性が嫌い」、つまり性別として「女が嫌い」なのです。

こうした女性は時に、自分の性別にも強い嫌悪感を示します。中には性同一性障害の一症状がこうした感情となって噴出している場合もあるようです。

「女嫌いの女」が、何故そのような感情を抱くのか。その詳細な理由は、いまだわかっていません。しかし、こうした女性も稀に存在するということは事実であり、「女嫌いの男」とともに謎が多く、自分もしくは周囲の人間関係に問題を抱えた存在であることには違いありません。


「女嫌い」になってしまう理由と原因

では、ここからは、男性が何故女嫌いになってしまうのか、その理由と原因を探っていきましょう。


理由と原因1:そもそも女性から無視されるから女嫌いになる


こっち(男性)から声を掛けても反応が無い、または反応が薄いことが繰り返されるとそれがトラウマとなってしまい、やがては自分の方から諦めてしまう。なんか幼い子供じみた考えですが、実はこれって一番の理由じゃないんですか?

でもそれはあなた(男)の身勝手なプライドの高さじゃないでしょうか?女性に相手にされないからといって、周囲の人に「俺は女がきらいなんだよね」と宣言してるだけでしょう。モテない自分を隠しているだけでしょう?そんなつまらないことは言うだけで損です。

理由と原因2:自分の精神的な弱さで女嫌いになる


自分で自身の感情を制御出来ない男性は女嫌いになりやすいと言えます。一種のメンタルヘルス的な面も含まれるとは思います。喜怒哀楽が他の人よりも激しいと、周りにいる女性ばかりだけではなく男性からも「なんだコイツ」と思われます。付き合い辛い、と思われたら特に女性からは嫌われるだけです。

自分に信念を持ち、いちいち動揺せず落ち着いて行動しましょう。そうしないと女性はどんどん貴方から離れてしまうことになり、貴方は女嫌いになっていくのです。

理由と原因3:女性が自分の理想とかけ離れているから女嫌いになる


男性は基本的に女性に対して過度な妄想を抱いているものです。例えば、女性はオナラはしない、とか大便をしない、はたまたいつも良い香りを身にまとっている、なんてありえないことでしょう。アニメに出てくる美少女とは違うのです。女性だって動物ですから、食べるし出すし、風呂に入らなければ臭くなるし、なんて当たり前です。

アニオタの男性はアニメの中の女性が現実であり、それを自分の理想としてしまう事が悪い結果となってしまいます。

理由と原因4:女性に裏切られたことがあるから女嫌いになる


いままでさんざん付き合ってきた女性が浮気をしてしまった。男性にとってはかなりの衝撃なことでしょう。いつまでもその事を現実な事と受け入れることが出来ず、立ち直るまで相当な時間と努力を必要とするでしょうね。男性は気持ちを簡単に切り替えることが出来ないですから。

だから、もう二度と恋なんてしない、傷つくことはいやだ、と考えてしまうから自分から女性を避けてしまうのでしょう。

理由と原因5:育った環境が悪くて女嫌いになる


例えば、母親の自分に向けられた愛情が薄かった、または全く無かった、挙句の果てには虐待されていた環境で育ったのだったら、幼年期の男性の心に根深い「女性は薄情、怖い」ものだと知らず知らずのうちに植えつけられ、大きく成長するのに比例して女性恐怖症の感情を抱いてもおかしくはありません。

また、女兄弟ばかりの環境で育った場合などは、家庭内での言動、行動を見ているため、「女はだらしない」と幻滅してしまうのかもしれませんね。


理由と原因6:自分に自信がないから女嫌いになる


自ら「女性が嫌い」と公言する男性の中には、本当は女性が嫌いなのではなく、自分自身を嫌っている人がいます。このような男性は、自分が嫌いで、自分に自信が持てないため、女性と上手くやっていけるという感覚を持つ事ができません。もし好きな人ができても、その女性に愛してもらえる自信が全く持てないのです。そのため、最初から「女性が嫌い」だと自分に思い込ませ、自己防衛するのです。

このような男性が「女嫌い」になってしまう理由は、幼い頃に親や他人から認めてもらうという経験を踏んでこなかったという事があげられます。「自分は自分で良いのだ」「自分はやればできるんだ」という意識が欠落しているため、常にアイデンティティが不安定で、自己認識が一環しません。そのため他人からの評価が下がり、それが「自信不足」や「女嫌い」をさらに促進させてしまうのです。


理由と原因7:付き合うのが面倒くさいから女嫌いになる


最近、若い男性に特に増えている「女嫌い」の特徴は、「付き合うのが面倒くさい」という考えを持っていると言うことです。彼らは、女性と言うより、「女性との付き合い」に対して面倒くさいという気持ちを抱きます。彼らの言い分を聞くと、「女性と遊んでもつまらない」、「求められることが多い」など、女性とのつきあいよりも「自分の生活」を重んじる傾向が見受けられます。

「結婚して一人前」という価値観が廃れて来た現代、女性と付き合うことにメリットを感じない男性が増えるのは当然のことかもしれません。先行きが見えない日本で「結婚」は、男性にとって、家族を養う義務が増えだけの制度になってしまったのでしょうか。だとしたら、さらに日本の行く末は暗いと言えるかもしれませんね!


理由と原因8:性的対象ではないから女嫌いになる


そもそも男性が女性に惹かれるのは、男性の性的対象が女性だからです。性的対象が女性以外であるならば、何かのきっかけで「女嫌い」になるのは仕方のないことなのかもしれません。最近はLGBT団体の活動も活発になり、ゲイやバイセクシャルの人がカミングアウトすることも珍しくなくなってきました。社会的に差別されることも、少なくなってきたように感じます。女性が性的対象ではない男性が増えることで、相対的に「女嫌い」の男性が増えてきた可能性は、十分に考えられます。

ただし、性的対象が男性である男性でも、「女嫌い」ではない人はたくさんいます。「女嫌い」と「男性が好き」という事に因果関係はありませんので、注意してください。性的嗜好は生まれつきのことが多く、「女嫌い」「男嫌い」がLGBTを生んでいるわけではありません。


理由と原因9:差別的な考えを抱いている女嫌い


女性と交際していたり、結婚している男性の中にも隠れた「女嫌い」が存在することをご存知でしょうか。「ミソジニー」と呼ばれる男性群です。彼らは表面的には「女好き」を装っていたり、女性に対しての嫌悪感を隠していたりします。しかし、その心の奥底には、女性に対する憎しみや、怒りが存在しているのです。

男性が「ミソジニー」になってしまう原因は様々ですが、幼少期のトラウマや、父親もしくは母親から差別心を受け継ぐケースが多くみられます。特に父親が女性蔑視の差別主義者であった場合、その行動が息子に受け継がれてしまうということがあります。こうした差別意識は改善が難しく、「女嫌い」の中でも最もタチが悪いタイプだと言えるでしょう。


理由と原因10:そもそも人間が嫌い


「女嫌い」の男性の中には、少数派ですが「人間そのものが嫌い」という人もいます。大人数よりも少数派、二人より一人という孤独を好む人間です。このような人は女性以前に「誰か」と暮らすことができません。一人でいるのが気楽で最も心地良いと感じているのです。

こうした人間には、コミュニケーション能力に問題がある場合が多く、周囲からは「変人」扱いされている事もよくあります。「変人」になってしまう理由は様々ですが、多くの「変人」には何か特別な「こだわり」がある場合が多く、一般的な男性における「女性へのこだわり」よりも、各人の「こだわり」に固執してしまうため、結果的に「女嫌い」になってしまうのです。


前文にも書いたように、種の保存が絶対的遺伝子の命令ですから、男性が女性を嫌いになることは決して無いのだろうと思います。ただ、これまで生きてきた経験により、多少女性に対して違和感を覚えてしまうだけなのだと思います。そのほとんどが、自分の精神的な部分を占めているのはお分かりでしょう。

「女嫌い」な男性の特徴①:女性と目をあわせない

ここまで女嫌いの男性が、何故女嫌いになったという理由と原因について探ってきましたが、ここからは女嫌いの男性の特徴そのものを見ていきましょう。彼ら自身が明言していなくても、ここに記したような特徴がある男性は、女嫌いの可能性がありますよ。

まず一つ目の特徴は、女性と目をあわせないというものです。誰しも嫌いな人とは目をあわせたくないものですよね。

それと同じで、女嫌いの男性は女性と目をあわせたくないのです。一度目を合わせれば、災厄が降りかかってくるとばかりに、うつむきがちになります。過去に女性から暴力を受けて女嫌いになったタイプなどは特にこの傾向が顕著です。


「女嫌い」な男性の特徴②:女性を褒める、おだてるのがうまい

女嫌いの男性の中には、やけに女性を褒めたり、おだてたりして、女性を得意がらせる人もいます。

こうした行動の陰には「女性が嫌いだということを知られなくない」という気持ちや、「驕りたかぶる女性を見ながら、心の中では女性を卑下したい」という天邪鬼な気持ちが存在しています。

こうした男性の中には、女に対しての根深い憎悪が眠っていたりするので、特に危険だと言えるでしょう。

恋愛感情もなさそうなのに、やけに外見や性格を褒めてくる男性がいたら、実は女嫌いかもしれません。「彼って私のこと好きなのかも?」とは、ゆめゆめ思わぬ方が得策ですよ。


「女嫌い」な男性の特徴③:女性から触れられるのを嫌がる

一概には言えませんが、男性は基本的に女性からのボディタッチが大好き。あまり好みではない女性でも、ボディタッチを頻繁にされると好きになってしまうということもあるほどです。

しかし、女嫌いの男性は違います。女性が近づいてくるのはまだ我慢できたとしても、ボディタッチは我慢できません。

あなたが男性に触れようとした時、さっと身を引くような動作をしたなら、それは女嫌いの可能性がかなり高いと言えるでしょう。


「女嫌い」な男性の特徴④:合コン・飲み会を断る

結婚もしていない、彼女もいないのに、合コンに誘っても「NO」と断られる。女性がいる飲み会も全部パス、というようなら、その男性は女嫌いの可能性があります。

彼は、とにかく女性がいる場所を避けたい、と思っているのです。特に飲み会の場は、女性との距離が近くなりがちです。隣に女性が座ったら…と思うと、それだけでドキドキして無理、という男性もいます。

合コンや女性がいる飲み会にはこないのに、男性だけの集まりには必ず来る、といようなら、女性嫌い確定といえるかもしれません。



「女嫌い」な男性の特徴⑤:「女は○○だから…」と決めつける

「女は主婦にでもなれば良いからいいよな」とか「女は頭に洋服のことしかないんだから」などと決めつける男性は、女嫌いである確率が大です。

頭ごなしに女性を否定しようとする、それらの言説にも現れている通り、彼らは女性を嫌っており、さらに見下そうとしています。

これらの男性は、過去に、女性から肉体的、もしくは精神的に責められ、痛い目にあった経験があることが多くあります。その経験から自己防衛本能が働き、「こんな目にあうのは女性が○○だからだ」という思い込みを作るのです。

こうした思い込みは当人の慰めにはなるかもしれませんが、女性からはもちろん歓迎されません。

よって女性はどんどん遠ざかり、結果的にこうした言説をする男性に女性の良い部分を示せる人がいなくなってしまいます。こうして、女嫌いの男性はさらに女嫌いをこじらせていくのです。


「女嫌い」を治す方法は?対処法とは


「女嫌い」を治す方法は、タイプによって様々ですが、自分自身に誇りが持てずに「女嫌い」になってしまったようなタイプや、過去の恋愛のトラウマで「女嫌い」になってしまったようなケースなら、女性と触れ合う機会を意図的に増やすことで徐々に改善することができます。

また、女性から優しくされたり、女性の方から告白されたりすることで克服することも可能です。

もし、好きな男性がこのようなタイプなら、あなたの方から積極的に行動して、男性の自信を回復させてあげましょう。「絶対に裏切ったりしない」ということをアピールすれば、男性はあなたに対して、徐々に心を開いてくれることでしょう。

これに対し、幼少期のトラウマで女嫌いになったタイプや、ミソジニーと呼ばれる女性への差別意識を持っている男性については、女嫌いの程度が強いため、普段の生活の延長で簡単に治すことはできません。 ですので、本気で改善を望んでいるのであれば、セラピーなどの専門機関による治療を受けることをオススメします。

いかがでしたか?女嫌いになってしまう理由と原因を、10個ご紹介しました。「男性と言えば、女の子が大好き」な印象ですが、最近は女性嫌いな方も増えているようですね。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。 【関連記事】
彼女いらない!という男性の本当の心理状態(本音)
恋愛したい男が女性への苦手意識を克服する為にすべき7つのこと

【編集後記】風俗より10倍安く、素人ギャルと本番セックスする方法とは?

ピンサロやオナクラをのぞけば、風俗に行くと安くても1万円はかかってしまいます。それにプラスして本番裏オプションにホテル代となると2~3万円はかかってしまいますよね。よほどのお金持ちでなければ、高いと感じる人がほとんどです。

そんな風俗が大好きなあなたに教えたい。実は、セックスする度に2~3万なんて高いお金払い続ける必要はないのです。

”ある方法”を使うと、風俗の10倍安く、簡単にヤリ盛りの素人ギャルとセックスが出来るんです。

筆者は、その方法を使い、月に4~5人とギャルとセックスして、相性がよければセフレにしています。金額に換算すると1人あたり1,000円もかかってないです。

実際にセフレになってくれたみちょぱ似の23歳人妻↓




あなたもこの方法で、風俗よりも10倍安くヤリ盛りの素人ギャルとセックスしませんか?



この記事の削除依頼はコチラ
紗倉まな

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
紗倉まな
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る