【2022年最新版】最強オナホールおすすめランキング ベスト30

【2022年最新版】最強オナホールおすすめランキング ベスト30

8,671,802 views

この記事を書いた人
オナホマイスター
小鳥遊
週8でオナニーする28歳男。バリバリの営業マン時代、唯一の楽しみだったオナホのレビュー動画を某動画サイトにアップしたところ再生数が10万回を越え、panpan編集部にライターとしてスカウトされる。王道のTENGAから変わり種の据置オナホなど、これまで50種類以上のオナホを試した経験を活かし、リアルな使用感を伝えていきます。

8位:「温泉欲情2」

 [価格] 2,719円(Amazon、税込)  [メーカー]トイズハート
総合点数

26/40点

ヒダ・イボの気持ちよさ  6 /10点
締め付けの心地良さ  7 /10点
ベタつきとニオイ  6 /10点
耐久性  7 /10点

トイズハートが2020年に発売した新作オナホ「温泉欲情2」。大ヒットとなった肉厚オナホ「温泉欲情」の第2弾グッズです。


前作と大きく変わったのが、「高山系ボテヒダ」と銘打たれた内部構造。入口に3本、中に5本のヒダが設置されており、ストロークするたびに2種類の気持ち良さが楽しめる作りです。ですが、実際に挿入した時の正直な感想は、前作とあまり変わりなし。特に、サオへの刺激に物足りなさを感じました。

また、本体重量が355gから435gに増えていますが、特に締め付け感は変わらず。唯一良かったのが、耐久性が上がったところですね。テスト評価では、前作が2,400回のピストンで割れ始めたのに対し、本商品では5,000回まで耐えていました。

良くも悪くも「温泉欲情」のプチバージョンアップ版といった印象。値段はほとんど変わらないので、前作でハマった方はこちらに乗り換えてみるのもアリですね。



9位:「ふわゆるクワトロネード」

 [価格] 2,004円(Amazon、税込) [メーカー]RIDE
総合点数

26/40点

ヒダ・イボの気持ちよさ  9 /10点
締め付けの心地良さ  7 /10点
ベタつきとニオイ  7 /10点
耐久性  3 /10点

「ヴァージンループ」シリーズでおなじみのRIDE社が販売する、「ふわゆるクワトロネード」。やわ系では安定した人気を誇るオナホールですね。


本体内部は、4本のタテヒダが螺旋状に絡みつく構造。490gと重量感があるので、細かいヒダががペニスに連続して当たるのがよく分かります。まさに、膣肉をかきわけて進む感じがしますね。

素材がもっちりとした感触なので、バキューム力はやや弱め。ペニスをソフトに握られている感じです。もっとも、ふわふわ感をコンセプトに作られているグッズなので、締め付け感は度外視しているのかもしれません。


気持ちよさだけなら上位でおすすめしたい商品ですが、大きく評価点を落としたのが「ベタつき」。写真のとおり、ティッシュにかなりの油分が付きました(匂いは少なめ)。使用する際はべビーパウダーが必須ですね。



10位:「温泉欲情」

 [価格] 2,710円(Amazon、税込)  [メーカー] トイズハート
総合点数

25/40点

ヒダ・イボの気持ちよさ  8 /10点
締め付けの心地良さ  6 /10点
ベタつきとニオイ  6 /10点
耐久性  5 /10点

言わずと知れた、トイズハートのヒット商品「温泉欲情」。包まれるような心地よさを追求した、まったり系のオナホールです。2017年発売ですが、今でも売上ランキングで見かけるロングセラー商品ですね。


内部にはトルネード状のヒダが設置されており、ストロークする度にちょうど良いゾリゾリ感を楽しめますギミックがシンプルなので刺激の単調さは否めませんが、まったりと楽しむにはピッタリですね。柔らか素材のため、握る力を変えてアクセントを付けのがおすすめです。

もっちり素材ですが油分はそれほど強くなく、強く握ると指が少しベトつく程度です。しかし、見逃せないのが強烈な匂い。プラスチック臭をバラのような香料で消しているようで、それらが混ざった匂いが鼻をつきます。これは「~2」でも同じなので、メーカーには改善してほしいポイントですが……。
〇参考記事
オナホ・温泉欲情は気持ちいい?体験レビューや口コミ評価まとめ【使用動画あり】


11位:「HON-MONO 人工皮膚」

【2022年最新版】最強オナホールおすすめランキング ベスト30
 [価格]3,740円(NLS、税込) [メーカー] G PROJECT
総合点数

25/40点

ヒダ・イボの気持ちよさ  5 /10点
締め付けの心地良さ  5 /10点
ベタつきとニオイ  10 /10点
耐久性  5 /10点

女性器を再現した肉厚系オナホ、G-PROJECT「HON-MONO」。本商品は2021年に発売された、シリーズ最新作(3作目)です。初代の構造を継承しつつ、本体の外部素材には新たに人工皮膚(アルゴン)を採用しており、正当なバージョンアップ版といえますね。

【2022年最新版】最強オナホールおすすめランキング ベスト30
(※写真は、ディルドを挿入しています)

質量409g・全長約16cmは、初代とほぼ同じサイズ。握った感触は、初代と比べるとやや硬さを感じます。また色目が人肌に近くなっているのも特徴的ですね。

初代「HON-MONO」でもベタつき・臭いが抑えられていましたが、人工皮膚で包んだ本製品ではさらに進化。ベタツキは少なめで、1分ほど握ってようやく油を感じ取れる程度。また臭いも、鼻を5〜10cmほど近づけてようやく分かるレベルです。これは革命的ですね…。

【2022年最新版】最強オナホールおすすめランキング ベスト30
内部構造も初代と同じで、段差のある肉壁で全方向からシゴく作り。ですが、ハリのある人工皮膚素材のおかげで、ギミックが当たる感触がちょうど良いですね。柔らかさも残っているので、5分ほど使っても痛くありません。

ハードすぎずソフトすぎず、それなのにギミックがしっかり主張している…バランスの取れた優等生オナホです。難を言えば素材が少し硬くなったため、耐久性が落ちたところでしょうか…。

初代が「まったり系重視」に対して、新作HON-MONOは万人が楽しめるオナホ。好みが分かれるところもありますが、スタンダードな気持ちよさを楽しみたいなら、こちらをおすすめしますよ。



次のページ
12位:「ふわぽちゃロングトロリーナ」
  • 3
  • /
  • 8
3/8 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る