1
性欲を減らしたい!性欲を減らすための具体的な方法まとめ

性欲を減らしたい!性欲を減らすための具体的な方法まとめ

39,118 views

寝ても起きても性欲が強くて困ってしまう!いつでもどこでも性欲がおさまらなくて悩んでいる!なんてあなた。性欲が強いのは悪い事ではないのですが、強すぎる性欲も困りものですね。今回はそんな人のために性欲を減らすための具体的な方法をまとめてみました。是非実践してみてください。


性欲を減らす方法(食事編)


性欲を減らす方法(食事編)

まずは性欲を減らす食事についてです。関係あるの?と思いがちですが、体に取り入れる食事は性欲と深い関わりがあるのです。性欲を減らす食べ物についてご紹介していきます。

まずは豆乳や豆腐、納豆など大豆製品です。健康にはとても良く、女性には美容効果もあります。それは大豆には女性ホルモンであるエストロゲンが多いためです。そのために男性が摂取すると性欲を減らす効果があるのです。逆に女性は増進させてしまうので注意です。他にチーズやバター、アイスなどの乳製品は、摂取しすぎる事で倦怠感が出ます。そのため性欲を減らす事ができます。揚げ物には体内の血糖値を狂わすトランス脂肪が多く含まれています。そのため人を無気力にさせるために性欲も起こらなくなります。

飲み物ではアルコールと水道水が性欲を減らす効果があります。アルコールは少量飲むと性欲が増進する事もあるのですが、たくさん飲む事で性欲さえも消してしまう効果があります。また水道水には化学薬品が含まれています。そのまま飲むと化学薬品が体に蓄積され、性欲は後退します。

性欲を減らす食べ物は摂取する事で、体に良くない事が起こって性欲を減らすという事に繋がっています。これは良いのか悪いのか。どうしても性欲が抑えられない時に使う手といえるかもしれませんね。


性欲を減らす方法(精神編)


性欲を減らす方法(精神編)

性欲は食欲、睡眠欲と同じ人間の欲求です。なかなか精神面で減らす努力をしても難しいところがあるでしょう。しかし性欲を減らすために気を紛らわせたり、気持ちを切り替えたりする事は可能です。

まずは楽しい事を見つけてそれに熱中しましょう。暇な時間があると、エッチな事ばかり考えてしまいますよね。ついつい妄想がはずんでしまいます。なので、そんな時間を自分に与えないようにするのです。スポーツで汗を流したり、友達と遊んだり、映画鑑賞をしたり、料理をしたり・・・違う事に没頭している時は性欲は抑えられるでしょう。そして疲れて寝てしまいます。何か自分が没頭できる事を見つけましょう。

他にはとことんセックスをして、飽きさせるのも方法です。恋人とでもビデオ相手に一人でも良いので性欲のままに楽しみましょう。しばらくすると性欲がそこまで起こらなくなります。毎日毎日やっていれば二週間ほどで性欲を減らす事ができるでしょう。


性欲を減らす方法(サプリ編)


実は性欲を減らすサプリが存在するのです。薬ではなく、サプリなので気軽に試しやすいのがポイントです。困った時は病院に行く前にまずはサプリから初めてみると良いかもしれません。

そのサプリとはノコギリヤスというもの。これはハーブの一種なんです。薄毛で悩んでいる人のサプリとして開発されたのですが、男性ホルモンを抑えるという事で性欲を減らす効果も期待できるのです。性欲を減らしたい男性の方には一石二鳥のサプリですね。性欲の根源でもあるジヒドロテストステロンというホルモンを作らせない効果もあるので効き目は高いといえます。


性欲を減らす方法(病院編)


病院まで行くのは、かなり重大問題です。しかしそれほど性欲があって悩んでいるという場合は一度病院へ行って相談してみましょう。恥ずかしい事ではありません。実際に性欲障害という病気で受診している人は多数いるのです。これは一概には言えませんが、明らかに精神疾患の場合は精神科での治療をしていく事となります。精神疾患ではなく、身体疾患の場合には対応する各科での治療をしていく事となります。

性障害の専門家もいます。少ないのが現状ではありますが、ネットなどで調べてみましょう。性障害の治療の多くは泌尿器科、産婦人科、精神科、心療内科です。また日本性科学会が運営している日本性科学会カウンセリング室でも相談する事ができます。

性欲を減らす方法の具体的なまとめを紹介しました。性欲は悪い事ではありません。無理に減らしすぎて、性欲がなくなってしまった!なんて事がないように気をつけてくださいね。
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る