1
1990年代で今でも抜けるAV女優10選|90年デビューの現役女優も!

1990年代で今でも抜けるAV女優10選|90年デビューの現役女優も!

127,665 views

レンタルビデオの普及でAVが急激に発展した1990年代。当時はビデオ店でレジに持っていくのが、恥ずかしかったのもいい思い出です。この頃のAVを見ていた男性たちは、現在40代~50代の立派なおっさんになった事でしょう。そこで今回は。今でもヌケる90年代のレジェンドAV女優を大特集!後半では、90年代デビューから現役の女優もご紹介。どうぞ最後までじっくりお楽しみください。


1990年代に活躍した超絶美人のAV女優10選

今回は1990年代に活躍したAV史に残る、レジェンド女優をご紹介します。

1990年代は昭和から平成に変わり、バブル経済で世の中が浮かれまくっていた時代でした。

レンタルビデオの普及でAVが身近な存在となり、AV女優が深夜のTV番組で活躍し始めたのもこの頃でしょう。

現在では放送不可能と言われる深夜のお色気番組『ギルガメッシュないと』から、数々の人気女優が誕生しました。

ファン層を拡大して一般男性にも名を知られるようになり、アイドル級の人気を持つAV女優が続々登場。

当時はまだ整形や豊胸が無かった時代、この頃のトップ女優は純粋天然の美人揃いで奇跡の美少女ばかりです。現在見ても色褪せない魅力を持った、超絶美人を厳選してご紹介していきます。


「白石ひとみ」


AV女優活動期間 1990年9月~1994年7月
生年月日 1971年12月25日(48歳)
スリーサイズ B82cm・58cm・85cm
代表作 官能姫

現在でも通用する洗練された美しさで、清楚なルックスがギャップ感で抜群のエロさを持つ白石ひとみ。

1990年9月に『官能姫』でデビューして、大ヒットするも親バレで強制的に引退してしまいます。ところが親を説得して、約半年後の1991年5月に復帰。圧倒的な人気でトップ女優となり、AV以外にもTVドラマやVシネマに数多く出演する活躍でした。

当時人気だったAV女優・星野ひかるが、高校の先輩で浅からぬ縁があります。デビューのきっかけはスカウトされた際に見たAVに、星野が出演していたからです。

そして復帰した理由が、とある事務所で星野と会ったときに小馬鹿にされ、ムカついて見返したかったからという理由でした。

大人しいお嬢様風のイメージですが、撮影現場ではプロ根性が凄かった逸話があります。伝説的なトップ女優になったのは美貌だけでなく、負けず嫌いの一面も大きかったのでしょう。

◯関連記事→
AV女優・白石ひとみの全て(若い頃のお宝画像・現在の状況・出演作品等)を大解剖【永久保存版】


「白石ひとみ」の作品を見てみる


「桜樹ルイ」


AV女優活動期間 1990年6月~1996年7月
生年月日 1969年3月8日(50歳)
スリーサイズ 86cm・59cm・86cm
代表作 突然、炎のように

90年代のAV女優で、ハズせないのは桜樹ルイでしょう。アイドル志望でNHKドラマに出演していた程の女性が、AVデビューは当時異例な事でした。まさにアイドル転身デビューの先駆け的存在です。

当時売れていたAV女優は、ギャップを売りにした清楚な女性のタイプ。そこへあか抜けた雰囲気で、アイドル的なキャラの桜樹ルイは強烈な印象でした。

2019年8月8日よりNetflixで配信された、山田孝之主演のドラマ『全裸監督』で有名な村西とおる氏に見いだされ、「桜樹ルイ」に改名してデビュー。本番アリのハードなプレイを売りにカリスマ的人気になりました。

イベントを開けば、300人を越えるファンがどこにでも集まる人気ぶり。数多くのAV賞を受賞するほどの人気でしたが、1991年にAV女優を引退します。

1996年にAV女優を短期復活。同年ストリッパーとしてデビューすると、連日超満員で変わらぬ人気を発揮しました。その後もTVや映画など幅広い活躍を遂げ、2000年12月ストリッパーの活動を最後に完全引退されています。

◯関連記事→AV女優・桜樹ルイの全て(若い頃のお宝画像・現在の状況・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

「桜樹ルイ」の作品を見てみる


「あいだもも」


AV女優活動期間 1990年12月~1996年12月
生年月日 1970年6月18日(49歳)
スリーサイズ B82cm・W55cm・H80cm
代表作 もものあいだはジュクジュク

あいだももはグラビアアイドルから、転身デビューした元祖のAV女優です。そのスタイルと美貌で大人気でしたが、引退後も何かと話題の多い方でした。

1989年に本名「丸山明代」名義で、当時の世界的人気グラビア誌「Playboy」の「プレイメイト・ジャパン」グランプリを受賞。そんなトップグラドルがAVデビューですから、日本中の男性たちから大きな注目を集めます。

その中には当時、人気絶頂だった木村拓哉さんもファンを公言していました。ところが人気絶頂の中、結婚を理由に突如引退。そのお相手が「高知東生」です。

2016年に薬物所持で逮捕された際に、「前妻」として名前が話題になりました。結婚中も井上晴美との浮気問題もあったり、何かと大変だった事でしょう。

1997年に元AV女優・荻野目慶子のプロデュースで、ストリッパーとして活動しましたが、同年に再婚して完全引退されています。

◯関連記事→高知東生の元嫁!AV女優・あいだももの全て(現在の結婚生活・画像・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

「あいだもも」の作品を見てみる


「朝岡実嶺」


AV女優活動期間 1991年6月~1993年3月
生年月日 1970年4月18日(49歳)
スリーサイズ B:83cm・W58cm・H85cm
代表作 麗しのシャブリナ

清楚な雰囲気の正統派美少女、白石ひとみとトップを争う人気だった朝岡実嶺。現在も女優・フラメンコダンサーとして活動中で、変わらぬ美しさを見せてくれています。

1991年に現役女子大生としてAVデビュー。元々一般女優を目指していたため、引退までの作品は全て疑似セックスでした。それでもトップ人気を誇っていたのは、「泣きの実嶺」と称された高い演技力でしょう。

デビューから2年後の1993年に、当時一世を風靡した人気ドラマ『高校教師』に出演。夢だった一般女優に転身して、TVドラマや映画で大活躍しました。AVデビューから最も一般女優で活躍している女性です。

◯関連記事→AV女優・朝岡実嶺の全て(現在の状況・無修正動画流出・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

「朝岡実嶺」の作品を見てみる


「飯島愛」


AV女優活動期間 1992年~1994年
生年月日 1972年10月31日
スリーサイズ B86cm・W56cm・H85cm
代表作 フラッシュパラダイス

飯島愛は元AV女優から、一般タレントとして最も成功した女性でしょう。AV女優としてもトップの人気でした。深夜のお色気番組『ギルガメッシュないと』で大ブレイクして、「Tバックの女王」と呼ばれていたのも懐かしい話です。

1992年にAVデビュー。バラエティ出演依頼が殺到したため、AV作品は1994年の引退まで、わずか4本しか発売されていません。

出演2作目『フラッシュパラダイス』はモザイクの代わりに、スポットの光でオマンコを隠す斬新な演出が印象的でした。

タレントとして活躍し始めた頃に、モザイク無しの裏ビデオが流出していました。筆者も見たのですが、思いっきり疑似セックスで逆にヌケなくなった思い出があります。

老若男女問わず愛されるタレントとして、活躍しましたが2007年に突如芸能界を引退。翌2008年12月24日、自宅マンションで亡くなっているのを、親戚の女性に発見されます。享年36歳、死因は肺炎と判断されました。

「飯島愛」の作品を見てみる


「樹まり子」


AV女優活動期間 1989年7月~1994年
生年月日 1970年2月27日(50歳)
スリーサイズ B:86cm・W60cm・H89cm
代表作 ラヴァー・エム

1989年に青木さえ子名義で、4作品同時リリースの衝撃的なデビュー。毎月新作がリリースされて、軒並み大ヒットとなった90年代初頭を代表するレジェンドAV女優です。

当時では巨乳と言われたDカップのおっぱい、肉付きのいいエロさ抜群のスタイル。生意気なSっ気強いキャラが、セックスで快楽堕ちしていく演出がウケて大ヒットしていました。

デビュー後に樹まり子に改名。翌年の活動休止まで2年に満たない期間に、出演数は50本以上という人気でした。月平均5本ペースというハイペースの出演数は、キカタン女優のルーツと言える存在でしょう。

1990年に活動休止後に、伝説的AV男優の加藤鷹と交際していた事でも有名になりました。

1992年に「樹マリ子」として再デビュー、そのギャラはなんと6本で3,000万円だったとか。バブル時代でAV業界最盛期とはいえ、当時の売れっ子ぶりが伝わるエピソードです。

◯関連記事→AV女優・樹まり子の全て(現在の状況・加藤鷹とのプライベートSEX事情・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

「樹まり子」の作品を見てみる


「城麻美」


AV女優活動期間 1995年10月~1996年8月
生年月日 1975年9月15日(44歳)
スリーサイズ B:85cm・W60cm・H88cm
代表作 素肌ジェンヌ

現在のアイドルと比べても、遜色ない透明感溢れる可愛いルックスの城麻美。有名企業のTVCMに出演するタレントが、まさかのAV転身に大興奮させられました。

きっかけは1995年に『ギルガメッシュないと』に出演して、裸エプロン姿を披露してブレイク。その後イメージビデオでヌードになり、AV解禁という流れでデビューしました。

1996年にAV女優を引退して、その後はギルガメの司会や戦隊シリーズの出演など、幅広い活躍をします。当時の噂で、K-1で有名な石井館長と付き合ってるという話もありましたね。

◯関連記事→AV女優・城麻美の全て(若い頃のお宝画像・現在の状況・出演作品等)を大解剖【永久保存版】

「城麻美」の作品を見てみる


  • 1
  • /
  • 3
  • >
この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

sex100giri001

この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします







TOPに戻る