1
男が彼女にやってもらうべきセックス時の前戯5選

男が彼女にやってもらうべきセックス時の前戯5選

33,523 views

前戯は男だけがするものだと思っている男性が多いようですが、彼女にも前戯をしてもらうことで、自分の知らなかった性感帯を知ることができ、セックスが今まで以上に深く楽しめるようになるかもしれませんよ。たまには彼女に身をゆだね、彼女の前戯に神経を集中してみましょう。


耳や首筋へのキス


耳や首筋へのキス
唇へのキスやディープキスはいち早く興奮へと導きますが、もっとゆっくり彼女の前戯を楽しみましょう。敢えて口は避けて頬や首筋、耳などへキスしてもらってください。最初は少しくすぐったい感じもしますが、その感覚をじっくり味わってみてください。

そして彼女に舌を使った愛撫もしてもらいましょう。ゆっくり舌を首筋や耳を這わせてもらうようにします。ゾクゾクした感じがたまらなくなりますよ。


腕、脇、脇腹など


腕、脇、脇腹など
腕の付け根や脇の下、脇腹などを彼女の指で優しくなぞられたり、キスをされるもの凄く気持ちいいものです。特に脇腹が感じるという男性は多いですよ。彼女に脇腹に唇を這わせてもらうと身体が自然にのけ反ってしまうかも…。感じていることを隠す必要はありません。

感じたまま、声に出してください。その方が彼女も喜びますよ。少しづつ興奮してくる女性の感覚も理解できると思います。


胸、乳首


仰向けに寝ている男の胸を、女性の繊細な手で優しく撫でられるのはうっとりするほど気持ちいいですよ。時々乳首をくるくるされたり、または舌の先で舐められたり、チュッチュッと吸われるのも最高です。乳首が感じる男性も多いのですが、もし感じないという人は試しに彼女にしてもらってください。

くすぐったいのを我慢していると、だんだん感じてきて性感帯の開発になるかも…。乳首を吸われるだけで、ペニスがビンビンになってしまう男もいます。


太ももの内側や足


足も感じる人がいます。特に太ももの内側をそっと触られるとゾクゾクします。優しくマッサージする要領でやってもらうと病みつきになるかもしれません。また足の指先や指の付け根なんかもマッサージのように触られると気持ちいいですよ。足を触られると、こんなところまで触ってくれていると思い、彼女の愛を感じます。本当に幸せな気分になりますよ


ペニス、またはその周辺


どんな男でも、やはりこの部分だけは彼女にやってもらいたいと思いますよね。でもいきなりペニスに直接愛撫されるよりも、焦らされる方がより深く感じますよ。まずはペニスに触れないで、足の付け根や睾丸への愛撫から始めてもらいましょう。早くペニスへ移ってもらいたいという欲求を我慢して、彼女に身を任せましょう。それだけでももうペニスがギンギンになってしまいます。

「ああ、もっと~!」と思わず声が出てしまいそうです。もうこれ以上はダメだと思ったら、彼女にお願いして、ペニスを愛撫してもらいましょう。いつもよりずっと早く出ちゃいそうになりますよ。それでもできるだけ我慢してください。その後の挿入が何倍にも気持ちよく感じられますよ。


いかがでしょうか?こんなセックス時の前戯を彼女がしてくれたら、最高ですね。そのためにはあなたも彼女にしっかり満足のいく前戯をしてあげることが前提になってきます。セックスはそのものズバリだけでなく、お互いに前戯も満足するものにしたいですね。以上、PanPan(パンパン)編集部からのお届けでした。

○関連記事
前戯が「上手い男」と「下手な男」の決定的な違い6選
セックス中に女性が「早く挿れて!」と懇願する最高の前戯

1ヶ月で脂肪が消える?!アメトーク芸人が愛用している、超話題のダイエット方法とは


かわいいギャルと海に行きたい!!でも、ブヨブヨお腹が気になって楽しめない・・・。

そんなデブのアナタ!

1カ月で、細マッチョになれちゃう!?

アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットって知ってます?

アメトーク筋肉芸人DCC

1日1回“あるもの”を飲むだけで、

・強制的に代謝をあげ、痩せてマッチョになる!?

・誰でも必ず筋肉がつけられる!?

方法なんです。

しかも、実質0円(タダ)で・・・!

1カ月で痩せて、細マッチョになりたいアナタは、ぜひ以下をクリックして詳細をチェックして!

⇒ 1ヶ月で細マッチョ!?アメトーク筋肉芸人の『デブ菌』ダイエットが凄すぎ

※実質0円で、試せるのは上記リンクからだけ(先着300名のみ)


この記事の削除依頼はコチラ

\  SNSでシェアしよう!  /

この記事にいいね!する
↓↓↓
この記事の削除依頼はコチラ

関連キーワード

\  SNSでシェアしよう!  /


この記事が気に入ったらいいね!しよう

panpanの最新記事をお届けします











TOPに戻る