TOP利用規約

利用規約

第1条(総則) この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、panpan運営事務局(以下「当局」といいます。)がpanpanのサービス名称で提供するすべてのウェブサイト、ソフトウェア、アプリケーション、プロダクト、ドキュメントその他一切の製品およびサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を、本サービスを利用するすべてのお客様(以下「ユーザー」といいます。)と当局との間で定めるものです。ユーザーは、本規約の定めに従って本サービスを利用するものとします。ユーザーは、本サービスを利用した場合、本規約に同意したものとみなされます。 第2条(本規約の言葉の定義) 本規約において使用する用語の定義は、以下の通りとします。
  1.  「当局」 panpan
  2.  「本規約」 この利用規約
  3.  「本サービス」 panpanのサービス名称で提供するすべてのウェブサイト、ソフトウェア、アプリケーション、プロダクト、ドキュメントその他一切の製品およびサービス
  4.  「コンテンツ」 当局が本サービスに公開する著作物などを含む全ての情報およびその内容(映像、意匠、ロゴなど)
  5.  「ユーザー」 当局が提供する本サービスを利用する全ての者(個人、グループ、団体、法人など)
  6.  「公開著作データ」 ユーザーにより本サービスにアップロードされる映像・画像・音楽・音・文書などの著作物またはデータなどの全ての情報
第3条(規約の変更)
  1.  当局は、ユーザーの了解を得ることなく、また予告することなく、本規約に変更を加えることができるものとします。その場合に、当局は変更後の本規約を本サービスに掲載します。
  2.  変更後の本規約は、当局が別途定める場合を除き、本サービス上に掲載表示された時点より効力を生じるものとし、その時点より、本サービスの利用条件は変更後の本規約によるものとします。
  3.  当局が、変更後の本規約を掲載後も継続して本サービスを利用する場合、ユーザーは当局の本規約の変更に合意したものとみなします。
第4条(サービスの内容)
  1. 本サービス上の機能を利用するために、必要な機材(PC、携帯電話)や、またインターネットへの接続にかかる費用(パケット通信費用)などに関しては、ユーザーが自己負担で用意するものとします。
  2.  当局は以下の事由により、ユーザーの承諾を得ることなく、本サービスの内容を変更することがあるものとします。この場合、当局はこの変更にともなう何らの補償をおこなうものではないことに、ユーザーは同意するものとします。
1.  安定したサービスの提供に必要であると当局が判断した場合 2.  ユーザーの利便性が向上すると当局が判断した場合 3.  社会的に正当な事由がある場合 4.  本サービスの内容を変更する必要があると当局が判断した場合 5.  本サービス上で提供される情報などの解釈については、ユーザーが自ら判断し、その信頼性などについては、ユーザーが自己の責任において利用することに同意するものとします。 第5条(本サービス利用の取消) 当局は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、当局の判断により、事前に通知または催告することなく、本サービスの利用を一時的に停止し、またはユーザーの利用資格を取り消して、以後一切の利用をお断りすることができるものとします。 1.  ユーザーが本規約に違反した場合 2.  過去に利用資格の取消処分を受けた者である場合 3.  ユーザーが本サービスの運営を妨害した場合 4.  当局または他のユーザーおよび第三者に損害を生じさせ、または損害を生じさせるおそれのある目的などで本サービスを利用した、あるいは利用しようとした場合 5.  その他、当局がユーザーとしてふさわしくないと判断した場合 第6条(ユーザーの責任)
  1.  本サービスにおいて、ユーザーが開示した公開著作データなどすべての情報に関する責任は、当該ユーザー自身にあります。従って、ユーザーが開示した情報が原因となって、他のユーザーまたは第三者などからの問い合わせ、クレームや苦情などを受けた場合には、当該ユーザー自身の自己の責任と費用において解決するものとし、当局は一切の責任を負いません。
  2.  ユーザーが本サービスの利用にあたり、本規約に違反した場合、他のユーザーや第三者の名誉などを毀損した場合、プライバシー権や人権を侵害した場合、著作権法その他の法律に違反する侵害行為を行った場合などにより、本サービスの他のユーザーや第三者との紛争が生じた場合、当該ユーザーはただちに当局にその旨通知するとともに、当該ユーザー自身の責任と費用によって、生じた紛争要因の除去など問題の解決をしなければならず、当局は一切の責任を負いません。尚、この場合、当局からの要請にもとづき、当該ユーザーは随時その進捗状況およびその結果を当局に報告するものとします。また、万が一当該ユーザーの行為により、他のユーザーまたは第三者から当局が損害賠償請求などを受けた場合、または当局に社会的損害、経済的損害などが生じた場合は、当該ユーザーは当局に対して、当局に生じた損害および費用(合理的範囲内の弁護士費用などを含む)を補償するものとします。
  3.  本サービスでは、文字、画像、診断によるコミュニケーションの促進という目的から、ユーザーがアップロードした公開著作データを、当局の所有権や管理の及ばない第三者の管理下にある一部のウェブサイト、ウェブアプリなどへの書き出しなどが可能としています。そのため、当局の管理の及ばないところで、著作データは公開されます。ユーザーや第三者が不快、不適切または侮蔑的と感じるような書き込みや言動などがなされる可能性があります。そのような侵害行為などにより、ユーザーが被った損害または損失につき、当局は一切の責任を負わないものとし、ユーザーからの申出に基づくクレーム、苦情処理の仲介なども当局は一切関与せず、また一切の責任も負いません。ユーザーは、本サービスの利用にあたって自身の公開著作データを公開された段階で、それらの処理の責任をユーザー自身ですべて負うことに同意したものと見なします。
第7条(所有権と知的財産権)
  1.  ユーザーは、本サービスを通して当局が提供するコンテンツや情報(映像、音声、文章、写真、ソフトウエア、デザイン、意匠などを含む)が、著作権・商標権・特許権・意匠権およびその他の知的財産権、およびその他の法律に保護されていることを認め、それに同意していただきます。
  2.  ユーザーが、本サービス上に公開した公開著作データにかかる著作権はユーザーが保有するものとします。ユーザーは、自身が公開する公開著作データに第三者の保有する著作権などの権利が含まれるなどの場合を含め、本サービスの公開著作データの使用、利用につき、著作権・商標権・特許権・意匠権およびその他の知的財産権などの適法かつ有効な使用権を有していることを保証していただきます。尚、公開著作データに、第三者の保有する著作権などの権利が含まれる場合、その使用権に関して、当局から当該第三者に確認させていただく場合や公開事前の第三者による使用許諾に関する証明を当該ユーザーに求めることがあります。
  3.  ユーザーは、本サービス上に公開した公開著作データに関して、当局が国内外で当該公開著作データを本サービスおよび当局が運営する他サービスの運営、広報、告知などの目的で、無償で非独占的に使用(販売、複製、公開、公衆送信、展示、頒布、貸与、翻訳、翻案、改変その他の利用を含む)する権利を許諾したものと見なします。また、当局は上記と同様の権利を、当局が指定する者に対して、再許諾ができるものとします。ユーザーは、当該利用に関して、当局および再許諾先による利用に対して、著作者人格権の行使をしないものとします。
  4.  ユーザーが、本サービス上に公開した公開著作データに関する著作権・商標権・意匠権およびその他の知的財産権を、第三者に譲渡する場合は、当該第三者に対して本規約の内容を承諾させるものとし、当該第三者が承諾しない場合は、当該公開著作データに関する著作権・商標権・意匠権およびその他の知的財産権を譲渡できないものとします。
  5.  本条は、当局とユーザーとの間の本契約が終了した後も、対象となる公開著作データあるいはそれらを利用し既に公開されている、あるいは公開の予定にある二次著作物などの利用・使用につき、有効に存続するものとします。
第8条(ユーザーの禁止事項) 本サービスのユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。
  1.  以下に例示するような表現を公開する行為
1.  わいせつな画像、表現、児童ポルノや児童虐待にあたる表現 2.  過激な性描写、残酷な表現、売春など法令や公序良俗に反する性的表現 3.  第三者の著作権やプライバシー権、その他の権利を侵害する情報や表現 4.  本サービスの運営者、関係者への嫌がらせと目的としてアップロードされたと当局が判断した表現 5.  その他、当局が本サービスに公開が相応しくないと判断した表現
  1.  本規約に違反する行為
  2.  法律、条令、規則など法令に違反する行為
  3.  名誉毀損、侮辱行為や他者への業務妨害となる行為
  4.  不快感や精神的苦痛などを他者に与える行為
  5.  詐欺など、他者に不当な経済的損害を与える行為
  6.  無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘・運営する行為
  7.  当局が許諾していない商用目的・広告的行為
  8.  過度な、あるいは不適切と当局が判断した宣伝・広報・勧誘行為
10.犯罪予告、犯罪の指南など犯罪を引き起こすおそれのある行為 11.「不正アクセス行為の防止等に関する法律」に違反する行為、「電子計算機損壊等業務妨害罪」(刑法第234条の2)に該当する行為など、当局および他者のコンピュータや設備に対して不正な操作を行う行為 12.人種、民族、心情、性別、社会的身分、居住場所、身体的特徴、病歴、教育、財産および収入などを根拠にする差別的表現行為 13.倫理的に問題がある残虐、低俗、有害、下品な行為など、他者に嫌悪感を与える情報やポルノ、売春、風俗営業などに関連する内容の情報を開示する行為 14.誹謗中傷、嫌がらせ、迷惑行為など正当な権利なく、他者に精神的・経済的被害を与える行為 15.自分以外の個人や法人、団体などの名義を名乗ったり、権限なくそれらを使用したり、また架空の個人や法人、団体を名乗ったり、それらと事実が存在しないのに業務提携や協力関係が存在するなどを偽る行為 16.他者になりすまして、本サービスを利用し、または改竄する行為 17.他者の個人情報(『個人情報の保護に関する法律』第2条第1項に定める個人情報を言う)を、収集・蓄積・盗用・変更・改竄・利用する行為や自分の個人情報を不正に操作し、変更する行為 18.本サービスで当局が標準的に表示しているヘッダ、フッタ、広告および著作権表示などを、当局の事前の書面による許諾なく非公開などにする行為 19.当局の事前承諾なく、本サービスを転用・売却・再販などをする行為 20.本サービスのコンテンツや他のユーザーの公開著作データなどに、第三者の著作権・プライバシー権やその他の権利を侵害する情報を掲載する行為 21.当局あるいは第三者の所有する著作権・商標権・意匠権などの知的財産権、その他の財産権、プライバシー権、肖像権、その他の権利を侵害し、または侵害のおそれのある行為 22.当局が本サービスにおいて、必要な範囲で複製・改変などの行為が、本サービスの他のユーザーや第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーに関する権利、名誉、その他の権利または利益の侵害に該当することとなる公開著作データや情報を開示する行為 23.ウイルスなどの有害なプログラムを含む情報を送信する行為 24.意図的に、公開著作データなどの内容と異なるカテゴリを編集するなどの行為 25.本サービスに関する利用情報などを改竄する行為 26.当局が定めるデータ容量を超える容量のデータを、本サービスを通じて送信する行為 27.ウェブ情報のチェック担当者および関係者に対する嫌がらせを目的として作成された公開著作データなどをアップロードする行為 28.本サービスの運営を妨害するおそれのある行為 29.本サービスの管理者の要請・命令・強制的措置などに従わない行為 30.公序良俗に反する、または社会的に不適切な行動と当局が判断する行為 31.その他、当局が本サービスに相応しくないと判断した行為 第9条(公開の一時停止)
  1.  ユーザーが、第8条に違反した場合および違反している可能性があるとの合理的事由に基づき当局が判断する場合に、当局は当該事由が解消し、もしくは第8条に違反する可能性が消滅したと判断できるようになる時点まで、当該ユーザーの承諾なしに当該ユーザーの公開著作データを一時的に公開停止することができるものとし、ユーザーはこれに対して異議を述べないものとします。
  2.  本条1項の場合、当局は当該ユーザーに対して、通知を持って当局の裁量に基づき定めた一定の期間内に、当該ユーザー自身において、第8条に違反もしくは違反する可能性がある事由を解消するか、あるいは当該違反の可能性を回避するために自発的に公開著作データを改変し、あるいは削除する責任を負うことを求め、ユーザーはこれに同意するものとします。
  3.  本条2項に求めた当該ユーザーの行為により、違反もしくは違反する可能性が消滅したと当局が判断しえず、あるいは当該ユーザーが自発的に公開著作データを改変あるいは削除しない場合は、当局は、当該ユーザーへの通知とともに、当該ユーザーの公開著作データを違反もしくは違反する可能性のない状態に改変あるいは削除することができるものとし、ユーザーはこれに対し、異議を述べないものとします。
第10条(当局の権限と責任)
  1.  当局は、当局が必要と判断した場合に、いつでもユーザーの公開著作データの内容を閲覧し、あるいは本規約に従い、事前に公開を差し止め、また公開後、公開著作データの改変あるいは削除する権利を有するものとします。尚、当局はユーザーの公開著作データの内容を監視する義務を負うものではありませんし、また、その内容を保証する義務を負うものでもありません。
  2.  本サービス上に公開されるユーザーの公開著作データは、当該ユーザー自身により適切に管理するものとし、当局はその管理義務を負わず、あるいはそのような措置を講じることもいたしません。従って、ユーザーと閲覧している他のユーザーとの間でなんらかの問題が発生した場合には、ユーザー自身と他のユーザーとの間でこれを解決するものとし、当局は一切関与しないものとします。
  3.  ユーザーが本サービスに登録された公開著作データの消失に関して、当局はいかなる責任も負いません。大切なオリジナルデータはユーザー自身で万全の保全措置を取られることをお勧めします。
第11条(リンク)
  1.  本サービスのリンク先のサイトや情報などは、当局の管轄下にはありません。そのため、リンク先の外部サイトの利用可能性について、当局が責任を負うことはありません。また、リンク先にあるコンテンツ・広告・製品などのいかなる内容に関しても、当局は責任を持つことはできません。
  2.  リンク先のサイトなど、もしくはそれを通じての商品やサービス、情報などを利用し、信用したことから引き起こされるいかなる損害に対しても、当局は直接的にも間接的にも責任を負うものではありません。
  3.  リンク先のサイトは、独自のプライバシーポリシーなどを持っており、ユーザーがそのサイトを利用する場合の権利と義務は、当該リンク先のサイトの規定に依拠します。必ず、ご確認の上、ご利用ください。
第12条(本サービスの一時的な中断)
  1.  当局は、次のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。
1.  本サービス用の設備の保守や工事を行うなど、やむをえない場合 2.  本サービス用の設備などに障害が起こり、やむをえない場合 3.  停電、火災、事故、天災地変など不可抗力により、本サービスの提供ができなくなった場合 4.  電気通信事業者などの提供する電気通信サービスの利用が不能になった場合 5.  当局が本サービスの運用上または技術上、一時中断が必要であると判断した場合
  1.  本条1項各号の事由によって発生した本サービスの遅延または中断により、ユーザーまたは第三者に生じた損害については、当局はその責任を負わないものとします。
第13条(当局の免責)
  1.  当局は、本サービスの利用に際して、ユーザーが被った損害または損失などについて、一切の責任を負わないものとします。
  2.  当局は、ユーザーが本サービスの利用によって、他の第三者に対して損害を与えた場合、その一切の責任を負わないものとします。
  3.  当局は、本サービスの利用に際して、本サービスに関し、第3条(規約の変更)、第9条(公開の一時停止)、第12条(本サービスの一時的な中断)および第14条(本サービスの終了)の事由があった場合も含め、ユーザーが被った損害または損失に対して、一切の責任を負わないものとします。
  4.  当局は、ユーザーが本サービスを利用することで取得した情報について、その真偽、合法性、適格性、正確性、有用性などいかなる保証を行わないものとします。
  5.  当局は、本サービスの利用にあたり、ユーザーが使用するいかなる機器、ソフトウエアなどについても、その動作保証を行わないものとします。
  6.  当局は、ユーザーが登録した公開著作データの管理につき、品質の劣化、破損、登録の失敗などを含め、一切の責任を負わないのもとします。ユーザーは、公開著作データの保存・管理を、自らの責任と負担において行うものとします。
  7.  当局は、本サービスにおいて開示された公開著作データのリンク先が提供するサービスなどの、その真偽、合法性、適格性、正確性、有用性などいかなる保証も行わないものとします。また、当局はそれらのリンク先が現存してるか否かについても責任を負わないものとします。
第14条(本サービスの終了) 当局は、本サービスの終了を決定した場合、すみやかにユーザーに通知いたしますが、やむを得ざる事由により、事前の予告なく、本サービスを終了することができるものとします。 第15条(損害賠償の請求) 当局は、ユーザーが本規約に反した行為、または違法もしくは不正に本サービスを利用することにより、当局に損害を与えた場合、当局は当該ユーザーに対して、当局に生じた損害および費用(合理的範囲内の弁護士費用を含む)につき、損害賠償の請求を行う場合があります。 第16条(準拠法および専属的合意管轄) 本規約に関する準拠法は、日本法とします。当局とユーザーとの間に、本サービスに関して紛争などが生じ、訴訟を提起する場合は、その訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。   2015年6月1日制定


TOPに戻る