映画「蛇にピアス」の濡れ場では本当にヤッてる?吉高由里子のセックスシーンを徹底検証

映画「蛇にピアス」の濡れ場では本当にヤッてる?吉高由里子のセックスシーンを徹底検証

223,188 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
芥川賞を受賞した小説の映画化ということで、ご存知の方も多い「蛇にピアス」。吉高由里子が大胆な濡れ場を演じていることでも話題になった作品です。共演の2人とのセックスシーンは、危険な香りがプンプンでエロさ満点。リアルな動きと喘ぎ声が、本番をしているのではないか?と世間を賑わせました。果たして実際のところはどうなのか、各シーンを詳しく見ていき、徹底検証します。


映画「蛇にピアス」のあらすじ



吉高由里子演じるルイは、生きていく意味を見いだせない19歳。ふらりと入ったバーで、高良健吾演じるアマと出会います。アマは「スプリットタン」という蛇のような舌を持つ男でした。「身体改造してみない?」と誘われ、2人はその日のうちにセックスをし、そのままルイはアマの家で住むようになるのです。

アマの紹介でARATA演じる刺青店の男シバに出会い、ルイは舌ピアスを開けてもらいました。その後ルイが刺青を入れてもらうと、代金は「エッチ1回」と言われシバともセックスをしてしまうのです。ルイは優しいアマが大好きでしたが、刺激的なセックスをするシバにも魅力を感じていました。

シバが「俺と結婚しろ」とルイに言った夜、アマは家に帰ってきませんでした。アマは痛々しい姿で死体となって発見されました。いくつかの証拠からルイは、シバがアマを殺したのだとわかりましたが、これから生きていく意味を与えてくれたシバを見捨てられず、警察には何も言いませんでした。ルイの舌がもうすぐスプリットタンになりそうだ、というところで映画は終わります。

映画『蛇にピアス』公式サイトはコチラ


問題のセックスシーンを実況中継!

「蛇にピアス」はかなり濡れ場の多い映画で、開始5分くらいでセックスシーンがあり刺激的な映画だということが印象づけられます。それは吉高由里子と高良健吾の絡みシーンで、アマの見た目はいかついながらも優しいセックスをしています。吉高由里子が舞台挨拶で言っていた通り「足の指で男性のパンツを下ろした」シーンがあり、ルイは遊び慣れているとわかるでしょう。

ルイの本命はアマですが、セックスシーンはシバとの方が多いです。刺青を入れるごとに1回エッチするのが条件となっているので、下書きが終わったらエッチ、色づけが終わったらエッチというように何度も、吉高由里子とARATAの絡みが観られます。アマとは違い、シバは首を絞めて苦しがる姿を見ないとセックス出来ないので、刺激的なSプレイをしています。

〇関連記事
セックスシーンが印象的な名作映画70選


【徹底検証】濡れ場では、本当にヤッてるの?

生きる意味を見失っているルイの物語なので、生命の根源に関わるセックスは重要な意味を持ちます。危険なセックスがしっかりと描かれており、エロ目線でも見どころ満載です。

【映画「蛇にピアス」の濡れ場】吉高由里子の官能シーンでオナニーできるか、ズバリ解説します

ディープキスしている?

結論から言うとディープキスはしているでしょう。高良健吾とのキスシーンは、なんといってもスプリットタンの人とのディープキスは気持ち良さそうとTwitterなどで話題になりました。「わたしもスプタンの人とキスしてみたい」「俺スプタンだよ。キス上手いんだな」などという書き込みがみられます。もちろん高良健吾のスプリットタンはCGですが、動きがリアルでエロチックです。

ARATAのディープキスは、しっかり舌と舌を絡めているところを見ることができます。CG加工をする必要がないのでより自然に撮影されています。刺激的なSプレイの序章のように、静かな空気感の中でディープキスをしており、その緩急によってよりシバの凌辱が苦しくもエロく感じられるのです。


全身舐めしている?フェラチオ・クンニは?

全身舐めというほどではありませんが、高良健吾が吉高由里子の乳首を舐めるシーンや、吉高由里子がARATAの足首から股間近くまで舐めるシーンがあります。フェラチオやクンニはしていないでしょう。ARATAの股間に吉高由里子の顔が押し付けられるシーンはあるので、フェラを連想させるシーンにはなっています。

高良健吾は吉高由里子の乳首を本当に舐めているだろうかと疑問に思いますが、おそらく本当に舐めているでしょう。吉高由里子は撮影に入る前に、蜷川監督に「裸を撮る映画なのに、見ないで撮れるんですか?」と言って自ら裸を見せるほど肝がすわっています。

彼女の乳首は何度も映っていますから、乳首を舐められるくらいは演技として割り切って演じていると考えられます。「乳首を舐めるシーンは必要ないのでは?」という声もありますが、スプリットタンで舐めるということに意味があり、終始危険な香りのする映画だと感じられるのでしょう。


挿入している?

実際に挿入はしていませんが、挿入シーンの動きはかなりリアルです。ARATAの乱暴に突き上げるような動きが、吉高由里子の動きとリンクしています。「漏れる声がいい」「アホそうな声が苦手」といったように賛否両論ありますが、吉高由里子の喘ぎ声はこんな声なのだとそそられることでしょう。

また、手マンをして愛液を口の奥まで入れるシーンがありAVさながらです。股間は映らないようになっていますが、動きや喘ぎ方がたまりません。下着を脱がせるシーンでは、吉高由里子の美尻が拝めますよ。

〇関連記事
女優たちの生おっぱいが見られる映画21選


【番外編】実際に挿入しているエロい映画3選

「蛇にピアス」は実際には挿入していないようですが、本番行為をしている映画も存在します。洋画にも邦画にも濡れ場の激しい、エロい映画があるのです。


9songs

実際に挿入している映画として有名なのが「9songs」。ライブで出会ったカップルの恋愛を9つの音楽とともに描いた作品ですが8割セックスシーンと、エロを求める人にはおすすめ。「本番やってます」という宣伝をしているため信憑性はかなり高いです。映画を観てみても、ゴムはつけていますが完全に挿入しています。あれがCGなのであればものすごい技術だと感心してしまいます。


白日夢

3度も映画化されている谷崎潤一郎原作の「白日夢」は、夢が現実かわからない中、女に翻弄される男の姿を官能的に描いた作品。1981年に成人指定映画としては異例の大ヒットとなり、主演の愛染恭子は一躍有名となりました。1981年版では彼女の性器が映し出され、愛撫されている様子がわかります。挿入シーンはしっかり見ることができますが、顔が映らずその部分の接写になるため、愛染恭子と佐藤慶の絡みなのかは定かではありません。


ポワゾン

アンジェリーナ・ジョリーとアントニオ・バンデラスのセックスシーンが有名な、愛、嫉妬、怒り、エロスを描いた作品。アンジェリーナ・ジョリーの豊満な胸を観ることができ、着衣セックスが荒々しくてエロいです。服を着ているので挿入している部分は見えませんが、彼女の恍惚とした表情は本当にセックスしているかのよう。大人の激しいセックスに、身体が熱くなってしまうでしょう。

〇関連記事
【邦画】エロい女優の濡れ場シーンがある、おすすめ映画ランキングTOP30


まとめ:「蛇にピアス」のセックスシーンは臨場感満載だった!

清純派のイメージだった吉高由里子がヌードになったことも衝撃的でしたが、作品自体もセックスが多く盛り込まれ刺激的でした。彼女が身体を張った演技を見せる「蛇にピアス」をぜひ観てみてください。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
吉高由里子のセックス事情|同棲相手と裸で過ごしてやりたい時にやる本能生活を送る
吉高由里子のエロ画像30枚|動画、グラビア、オフショットなど満載!

\ この記事をシェアする /

関連キーワード


TOPに戻る