映画「さよなら渓谷」の濡れ場では本当にヤッてる?真木よう子のセックスシーンを徹底検証

映画「さよなら渓谷」の濡れ場では本当にヤッてる?真木よう子のセックスシーンを徹底検証

92,691 views

この記事を書いた人
元パパラッチ集団
マチクサ編集チーム
芸能系を主に執筆しているマチクサ(34歳)編集チームです。昔からテレビやエンタメが好きで、7年間、某週刊誌で芸能と裏社会の記者をしていました。しかし、30歳に政治部へ異動となり悶々としている中、panpan編集部にスカウトされ転職。現在はみんながあっと驚く情報を発信しようと、記者時代に研ぎ澄まされたアンテナを張り巡らして、昼夜ネタ探しに奔走中。
30代を過ぎてもなお美しい真木よう子。多くのドラマや映画に出演している人気女優ですが、実は濃厚な濡れ場のシーンにも積極的に挑戦しているんです。しかも、真木よう子のセックスシーンは、あまりにも濃厚でリアルすぎるため、実は本当にヤッてるんじゃないかと噂になるほどです。そこで、今回は真木よう子が濃厚なセックスシーンに挑戦した映画、『さよなら渓谷』の濡れ場シーンは本当にヤッてるのかどうかを徹底検証します!


映画「さよなら渓谷」のあらすじ


まずは「さよなら渓谷」の予告動画をご覧ください!



予告動画の冒頭から真木よう子と大西信満が布団の上で過激に絡み合うセックスシーンが流れましたね。真木よう子の喘ぎ声も興奮させられました。このシーンを見ると、普通の愛し合う夫婦として暮らしているように見えた2人ですが、実は入籍しておらず、それどころか“普通”と呼べる関係でさえありません。

2人は東京の外れにある自然豊かな渓谷の古びた団地で人目を忍んで暮らしていましたが、偶然隣人が起こした犯罪事件の参考人として警察や記者から調査を受けるうち、二人の奇妙な関係があきらかになっていきます。

実は、真木よう子が演じていた“尾崎かなこ”は15年前に起きた集団レイプ事件の被害者。そして、大西信満演じる“尾崎俊介”は、その時かなこをレイプした主犯格の一人だったのです。

“普通”であれば共に暮らすことなどできるわけない2人がなぜ生活を共にしているのか?というストーリーの謎も気になるところですが、映画の中で必要以上に過剰に互いの肉体を求め合う、真木よう子と大西信満のセクシーで淫靡なセックスシーンは必見です!

映画「さよなら渓谷」公式サイトはこちらから

※女優の「全身ヌード」が見られる映画はこちらからも確認できます!↓↓
濡れ場シーンで女優の「全身ヌード」が見られる映画15選【動画あり】

問題のセックスシーンを実況中継!


「さよなら渓谷」でのセックスシーンは全部で3回あります。



1回目は夏の昼下がり、畳に敷いた布団の上で真木よう子が大西信満の上に覆いかぶさって激しいキスをすると、大西信満もそれに応じて真木よう子を押し倒して押さえつけ、白いワンピースの上から背中中をキスで愛撫。

そして、テレビの音も気にならないほど2人は互いをむさぼり合います。正常位から対面騎乗位へと体位を変え、上下に激しく揺すぶられた真木よう子は激しく喘ぎ声を漏らします。お互いを抱きしめ合いながら濃厚なキスを繰り返す激しいシーンです。




2回目は夜。タオル一枚をまとった真木よう子が「しない?」と密やかに誘い、男の上に 跨って濃厚なキスを繰り返し交わします。腰にはタオルが捲かれていますが、あらわになった背中がとても艶めかしくセクシー

大西信満は真木よう子の首筋から背中を順に優しく愛撫します。腰に手をまわし、タオルを解くと白のショーツがアップに。足で真木よう子の股の間を愛撫すると、真木よう子は腰をくねらせながら吐息を漏らします。

そして、真木よう子が自分から足の動きだけでせわしなくショーツを脱ぎ、きつく抱きしめあって挿入しながら激しいキスを繰り返します。団地の薄暗い一室というシチュエーションが非常にエロティックです。




3回目は15年前のレイプ時の回想です。つらいシーンのためか、4人の男に囲まれた真木よう子は生足しか見えず、叫び声が響くだけの演出。映像では3人の男に笑いながら抑えられ、1人に挿入されますが、その後全員に廻されたと想像できるシーンです。

※真木よう子のセックス事情はこちらで確認↓↓
真木よう子のセックス事情|男優からの人気絶大の絶倫Gカップ

【徹底検証】濡れ場では、本当にヤッてるの?


「さよなら渓谷」では真木よう子と大西信満の過激なセックスシーンが冒頭から何度も映ります。真木よう子はとても艶めかしく喘ぎ声も激しく、大西信満もセクシーな身体なので、ムードは最高!本当にヤッているのではないかと思ってしまうほどです。

「AVじゃないんだから本当にやっているはずないじゃないか」と思われるかもしれませんが、実は本当にヤッている映画も、それを公言している映画もあるので、「さよなら渓谷」も可能性は十分にあります!

そこで、「さよなら渓谷」も本当にヤッているのかどうか徹底検証してみました!まずは、監督や共演者の意見を見てみましょう。

ごく普通の夫婦の日常として、ふたりの生々しい夫婦の営みも描かれる。そのラブシーンは不可欠だったと語る大森監督。「汚い部屋で、暑くて悶々としているなか、裸でいる、みたいな描写は原作にもあり、そういう匂いや熱みたいなものを感じたんです。どんな言葉を使うよりも、それを描くことで、ふたりの関係性が一番見えると思いました」。
引用:真木よう子&大森立嗣監督「本当に心を動かされないとできない表現」とは?


「さよなら渓谷」のラブシーンについて、大森監督のインタビューでの言葉です。2人の関係性を描写するには、汚い部屋でのあの生生しいセックスシーンはなくてはならないものだったんですね。つまり、この映画は、セックスシーンにも非常に重きをおいた作品であるといえるでしょう。撮影も慎重に行ったり、納得いくまでリテイクを繰り返している可能性もありそうですね。

誰にも祝福されない互いの存在とか、永遠に光が射さない未来とか。ただひたすらに絶望の闇の中を彷徨う日々の中で。

そんなふたりが互いの孤独を埋めたくて人のぬくもりを求めたとしたなら、そこは理屈で説明できなくてもいいんじゃないか、と思いました
引用:StereoSoundONLINE


こちらは夫役を演じた大西信満のインタビューでの言葉です。レイプの被害者と加害者がなぜ15年経って肉体関係を持つようになったのか語られています。ここで語られているように、レイプ被害者も加害者も自身の孤独を埋めるために互いを求め合ったとすれば、あの獣のような生々しい激しいセックスシーンも納得できます。

冒頭のシーンは、二人の今の(すがるように求め合う、離れられない)関係を伝える最も重要なシーンだと思って臨みました。かなこは、肌が触れることに関しても複雑だったんです。
引用:シネマトゥデイ


こちらは真木よう子のインタビューでの発言。2人の関係については、大西信満と同様の解釈をされているようですね。冒頭のセックスシーンを最も重要なシーンだと考えていたということは、真木よう子も本気で役作りをして撮影に臨んだことがうかがえます。その積極的で体当たりの姿勢で撮影に挑んだことで、より色気のある艶めかしい最高のセックスシーンとなったのでしょうか。

真木さんとは撮影前に少しお会いしただけでしたが、すぐに彼女がこの作品に懸ける思いや覚悟が伝わってきたし、同じ目標に向かう同じ体温を持った同志として、かけがえのない存在となりました。(中略)撮影が始まる時点で、迷いなく“俊介は自分だ”と言える状態じゃないと、それが全部カメラに映ってしまう。
引用:StereoSoundONLINE


こちらも大西信満の役作りについてのコメントです。撮影が始まったときにはすでに役に本当に入り込んでいるのですね。大西信満という役者ではなく、“俊介”という架空の男になりきる。まさに本物の役者。真木よう子の役作りも同様でしょう。これだけ作品に本気で打ち込むスタッフや役者がそろったら、リアリティの追求のために本当にヤッてしっているかもしれません。

吉田先生がこの映画を観て、“まるでドキュメントを観ているようだった”というコメントをくださったんです。それは僕たちにとって、ものすごい褒め言葉でした。芝居というよりは、夏から秋にかけて、ふたりともその役の人生を“生きた”。それがフィルムに焼き付いて、体温が宿った。これはそういう映画だと思っている
引用:StereoSoundONLINE


こちらも大西信満のコメント。吉田先生とは、映画監督の吉田大八監督でしょうか。いずれにせよ、キャリアのある映画関係者でしょう。本当にドキュメンタリーのようなリアルさがある作品です。これだけのリアルな空気感を演技だけで出せるのでしょうか?

一方で、視聴者の口コミでは、やはりヤッてはいないのではないかというものもありました。



確かに、今回の『さよなら渓谷』では真木よう子のヌード姿は背中からのショットだけです。腰回りにタオルを巻いていることも多く、騎乗位の際も部屋が薄暗いので真木よう子の裸はよく確認できません。団地の薄暗い一室でのセックスというシチュエーションがたまらなくエロいのですが、本当にヤッていたとしたら、脱ぎ惜しまないでもっとサービスシーンがあってもよかったかもしれませんね。




こちらの視聴者の方の感想は結構辛口なコメントです。「匂い立つ感じがない」というのはリアルな艶めかしさがスクリーンからは感じられなかったということでしょう。濡れ場がセックスシーンには見えないとまで言われてしまうと、この方には陳腐な演技に感じられたのでしょうね。


ディープキスしている?


「さよなら渓谷」ではセックスシーンでのキスが非常に多いです。真木よう子が濃厚なキスで相手を誘い、挿入中も激しく唇をからめ、キスしています。あれだけ激しくしていれば、当然ディープキスも幾度となくしているでしょう。

真木よう子はノーメイクにワンピースと、控えめで目立たない印象の強い役柄ですが、そんな彼女が大胆に自分から攻めるのだからたまりません。モードな印象のショートの髪も大人っぽくて素敵です。人妻らしい色気がでています。


全身舐めしている?フェラチオ・クンニは?


2人とも激しいキスや体をいやらしく触り合うシーンはありましたが、舌を使ってのフェラチオやクンニの描写はありませんでした。15年前の事件のこともあり、互いに気持ちよくなるセックスよりもお互いを慰めることだけが目的の動物のようなセックスをしているのだと思われます。

真木よう子はほかの出演作品でも、ヌードにはなってもフェラチオやクンニはしていないようです。しかし、2008年に東京テレビ系列で放送されていた真木よう子の連続主演ドラマ『週刊真木よう子』第1話「ねぎぼうず」では、正常位で挿入されながら無理矢理に指を口に突っ込まれる指フェラのシーンがあります。フェラを彷彿とさせるとてもエロいシーンで、実際のフェラよりもエロいと大絶賛なので必見の価値ありです。



上記で紹介した真木よう子の指フェラシーンのある作品を見た方の感想です。やはりとても最高のようですね。『さよなら渓谷』でもぜひやってほしかった。


挿入している?


「さよなら渓谷」では3回のセックスシーンがありますが、3回とも愛撫だけではなく、濃厚なキスシーンから、挿入描写まで途中でカットされることなく描写されます。挿入しながらのディープなキスや、体位の変更もあり、とてもエロティックな作品となっています。

挿入後の真木よう子の喘ぎ声も、こぼれる吐息や、抑えきれない声など、真にせまった本当に気持ちよさそうなものなので、ぜひ期待してください!挿入後のより色っぽい顔もたまりません。見ていると興奮を抑えきれなくなってしまうほどの最高のシーンとなっています。

しかし、やはり真木よう子の露出が少ないことや、身体のきわどい場所は写さないように撮影されていることから考えても、残念ながら撮影中は実際の挿入はなかったと言えるでしょう。

ただし、スタッフも出演者もこの作品におけるセックスは重要なものだと捉え、真っ向から本気で撮影に臨んでいます。疑似セックスではありますが、その空気感は本当にそそられるので一見の価値ありです。


ラブシーンについての視聴者の口コミや評判


辛口の評価もありましたが、真木よう子と大西信満が本気で体を張ったセックスシーンは視聴者からどのように受け入れられたのでしょうか?口コミをまとめてみました。




こちらは女性の方のツイートですが、とっても細かいところまで見てらっしゃいますね。この方のおっしゃる通り、『さよなら渓谷』は細部にまでこだわったリアル感がよりエロさを引き立たせている作品だと思います。映画でここまで生々しいエロを描いた作品はなかなかないのではないでしょうか。

次のページ
【番外編】濡れ場が激しいと話題のエロい邦画3選
  • 1
  • /
  • 3
1/3 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る