フェラチオで最高に気持ちいい射精へと導く方法を解説

フェラチオで最高に気持ちいい射精へと導く方法を解説

この記事を書いた人
テクニックで愛される
ピースフルえりこ
大人の恋愛小説や映画に刺激され、実生活でもスリルと興奮を求める女子ライター。元々は小説家志望でネタ探しも兼ねて自分でいろんな恋愛やセックスを試してましたが、その経験はpanpanのコラム記事で活かされることに。最近は妄想を膨らませる一人エッチにもはまっており、女性向けラブグッズのレビュー記事も書いています。赤裸々な私の本音を届けます。
大好きな彼氏をフェラチオで気持ちよく射精させたい……。そんな女性のために、今回は元風俗嬢の筆者が男をしっかりイカせるフェラテクをご紹介!フェラチオは愛情が伝わるプレイなので、上手に射精させてあげれば彼氏をトリコにすること間違いナシです。もっと愛してもらうためにも、この記事をチェックして「フェラで満足させるオンナ」を目指しましょう!


大好きな彼をフェラチオで最高に気持ちいい射精へと導こう!




彼氏のことが大好きなら、フェラチオで気持ちよく射精させたいですよね?フェラチオは、男性が強いご奉仕感を味わえるプレイです。上手なフェラをしてあげれば、お互いの愛情が一段と深まるのはもちろん、相手に非常に喜ばれます。



また、フェラチオで射精させることができれば、エッチしたくない時に口で処理できます。セックスより負担が掛からないので、生理や体調不良、気分が乗らない時には非常に重宝します。

フェラチオが上手くなるには、とにかく経験が重要……ですが、相手が彼氏だけなら、なかなか場数は踏めません。そこで今回は、男性客を射精させまくった元ピンサロ嬢の筆者が、相手を確実に射精させるフェラテクをご紹介します!セックス経験が少ない女性読者は、特にしっかりお勉強してくださいね。


フェラチオで射精させるには、まずムード作りやそれまでの前戯が重要!


フェラチオで射精させるためには、咥え方にこだわるだけではダメ!咥えるまでのムード作りや前戯も重要です。まずは、エッチの前からフェラに至るまでのテクニックについて解説しますね。


まずは相手の服を脱がせてあげて、女性主導のムードを作る!


先ほど説明したとおり、フェラチオで男性に刺さるのは「ご奉仕感」。女性から献身的な姿勢を見せれば、相手はエモく感じます。そこで、フェラに入る前から女性主導の行動をしてみましょう。

オススメなのが、女性から積極的に相手の服を脱がすテクニック。これだけで、普段とは違う貪欲感を印象づけられます。この時に、ボタンを外すなどの仕草でゆっくり時間を掛けると、一段と効果的ですね。

また、最初からガッついてくる男性なら、優しくハグしたり頭を撫でるなど、一旦落ち着かせるのが重要。攻められっぱなしだと女性側が受け身になりやすいので、その後に余裕を持ったフェラがしづらくなります。しっかり口でイカせたいなら、女性主導の流れを作るようにしましょう。


ディープキスやバードキスを織り交ぜて、相手を翻弄……



フェラチオで射精に導くには、キスのテクニックは肝心!唇の感触で興奮させれば、相手に「この唇で咥えられたい……」と思わせられるからです。おざなりに唇を重ねるのではなく、さまざまなキスで相手の気分を盛り上げましょう。

同じ間隔でキスをするのは、単調で良くありません。普通のキスではなく、舌を絡めるディープキスや軽いタッチを繰り返すバードキスを混ぜて、相手を翻弄するぐらい強気に攻めてみましょう。

また、ムード作りと同じく、キスをする時も決して受け身にならないように注意!キスを待つのではなく、積極的に唇を近づけるのがポイントです。たとえテクが下手でも、率先して攻める姿を見せれば、相手の興奮度が違ってきます。

◯関連記事
女性主導の濃厚セックスで確実に気持ち良くなる方法やコツまとめ


唇だけではダメ!全身をリップして相手を焦らす!


舌や唇の感触が伝わるのは、キスだけではありません。首筋や耳たぶ、乳首など、普段はキスしないところを舌でリップするのも有効なテクニック!ゾワゾワとした気持ち良さに加えて、いつもとは違う非日常感を演出できるので、相手を一段と興奮させられますよ。


そのままフェラチオに移行するなら、ギリギリまで相手を焦らすのが効果的です。特に、股間付近の場所(太ももやヘソ)を重点的にリップすると、相手を「もうすぐフェラされるんだ……」という気分を盛り上げます。ペニスを掴んで咥える……と見せかけて再びヘソをペロぺロするなど、フェイントも織り交ぜましょう。


また、指をペニスに見立てて咥える「指フェラ」もオススメ。舐められる快感はもちろん、女性のフェラ顔が間近で見られるので、視覚的に男性の気分を盛り上げます。フェラと同じく指先から付け根までねっとり舐めて、相手に「早くフェラされたい!」と思わせるほど焦らしてあげましょう。


いよいよフェラチオ!彼を最高に気持ち良くさせるテクニックを解説


前戯で相手をギリギリまで焦らしたら、いよいよ本番!ここからは、効率的なフェラチオで相手を射精させるテクニックを解説します。


準備編:フェラには唾液が重要!プレイ前に水分を補給しておく!


フェラチオで射精に導くには、ペニスに大量の唾液を付けて舐めるのがマストです。フェラテクを実践する前に、まずはプレイ前に水分補給をしっかりしておきましょう。

事前に水分補給をしていても、フェラをしているうちに口の中が乾く場合があります。口が乾くとペニスの摩擦が荒くなるので、「口が乾いたな……」という時の応急処置として、ベッドの付近にペットボトル(水やお茶など)を置いておくと万全です。



また、ラブホテルの中には部屋が乾燥しているところがあります。そのまま咥えると口の中が渇きがちになるので、空調を調節したり、加湿器をレンタルできるラブホなら積極的に借りましょう。


STEP1:まずは亀頭部分をリップ!最初は舌先から……



水分補給の項で解説したとおり、フェラチオで大事なのは唾液です。いきなりストローク(口を動かす)を始めると、摩擦の刺激が強すぎて相手を気持ちよくさせることができません。

まずは舌の先端を使って、亀頭全体をチロチロと舐めましょう。最初のうちは舌を軽く当てて、「舐める」より「(唾液で)濡らす」ぐらいの感覚で軽くリップするのがコツです。

亀頭全体が濡れてきたら、舌全体を使ってねっとりリップします。最初はゆっくりと舌を這わせて、徐々に舌の動きを速くして……。亀頭は敏感な性感帯なので、刺激を少しずつ強くするのがポイントですね。


STEP2:咥えるのは亀頭部分だけ!動かさず口内でペロペロ……


亀頭が唾液まみれになるほどリップしたら、ゆっくりペニスを咥えましょう。この時に深く咥える必要はありません。亀頭の部分が口の中に隠れる程度で充分です。また、咥えるときは、必ず片手(両手でもOK)でペニスの角度を固定しましょう。

亀頭を咥えた後に、いきなり上下に動かす(ストロークする)のはNG!序盤のフェラチオは、少しずつ強い刺激を与えるのが大事です。まずは、咥えた状態のまま舌をぐるぐる回して、口の中で亀頭を舐めまわしましょう。先ほどの亀頭リップと同じですが、咥えている分だけ舌が強く当たるので、快感が一段と強くなります。


STEP3:サオを手でこすり、亀頭部分を上下にストローク!



10~20秒ほど亀頭を舐めまわしたら、頭をゆっくり上下に動かしてスロート開始!ここでポイントとなるのが、「ストロークの深さ」と「唇の当て方」です。

ストロークの深さは亀頭部分だけで充分です。ディープスロート(ペニスの根元から亀頭までしゃぶる)を好む男性もいますが、サオの部分は亀頭より鈍感なので、舌だけで気持ちよくさせるのは難しいです。また、ディープに慣れていな女性の場合、えずいたり喉奥を痛めるリスクがあります。

女性にとってやりやすいのが、片手でサオの部分をしごき、亀頭部分を上下にスロートする方法です。サオは舐めるより手で力強くしごいたほうが、男性に快感を与えられます。相手のペニスの固さが不十分なら、片手で輪っかを作ってペニスの根元を固定し、もう一方の手でしごくと安定しますよ。


STEP4:ストロークする時は、唇をカリ首に引っかける


そして、もうひとつのポイントが「唇の当て方」。亀頭の表面ばかり咥えていると、刺激が単調になります。必ず、カリ首(亀頭とペニスの段差)までしっかり咥えてストロークするようにしましょう。

カリ首は、亀頭よりさらに敏感な性感帯です。ストロークでこの部分を舐めれば、刺激にアクセントがついて一段と男性を気持ち良くさせられます。女性側から見れば段差(細→太)になっているので、柔らかい唇を引っ掛けるようにして動かすのがコツですね。


STEP5:裏スジを舐めて焦らす



後は、何度もスロートして射精させるだけ……ですが、男性によってはコレだけでイケないケースがあります。長時間しゃぶっているだけでは快感が単調になるので、射精しそうでなければ舌でのリップに切り替えましょう。

この時にオススメなのが、裏スジを舐めるテクニック。裏スジは亀頭の裏側の部分で、カリ首と同じく敏感な場所です。スロートでは当たりづらい部分なので、舌で舐めるには打ってつけの攻めポイントです。

裏スジを攻めるコツは、棒アイスを舐める感じでチロチロと舐めること。強く舐めると、刺激が強すぎて気持ち良くありません。舐める強さは一定にして、集中的に舐めたり尿道までぐるっと舐めるなど、舌を動かす距離で緩急を付けてあげましょう。


次のページ
いざ射精!イカせる瞬間の王道テクニックを解説
  • 1
  • /
  • 2
1/2 ページ目

\ この記事をシェアする /



TOPに戻る